陶芸鋳込み タンブラーの削り仕上げと装飾。染付絵付け 


タンブラーの鋳込みについて掲載して来ました。

鋳込みの技術はこんな簡単な形状で、一体型の石膏型であれば、泥漿の作り方を間違わなければ、そんなに難しくありません。
 鋳込みついて一点。 左の写真が鋳込みで作ったもの、鋳込みの作品も削りが必要です。内側は削る必要はありませんが、外側の石膏に触れている部分は軽く一皮剥く感じで削りをします。 磁器土ですから、硬めに乾燥した状態で超硬カンナで削り仕上げます。
高台周りなども仕上げてやります。 又、口縁も竹べらで余分な土を切り落としてますが、口当たりの部分ですので、削り仕上げをします。

タンブラーの装飾 染付

鋳込みの技術は何と言っても、同じ作品が沢山出来る事。 この作品は、本焼きの完了の状態で、150mm以上の大きさになりますので、これを轆轤で挽くのは轆轤の相当の技術がないと、この直線的な作品を作るのは難しいでしょう。 これが鋳込みの良さですね。 質の良い原形であれば質の良い作品がいくらでもできます。 でも、それで、終わりではありません。どう仕上げるか。 装飾、そして、釉掛けと言う次のステップが待ってます。

今度のものは、染付の仕上げをして見ました。 植物画と蝶の絵付け、そしてアクセント的に轆轤線を入れて見ました。

呉須を使った染め付けの方法については、私の別のビデオを見て貰って基本を理解して練習をしていただければ、だれでもある程度は描けるようになります。

上の写真の葉脈を見て下さい。まだまだプロの域には達しませんが、この線は面相筆で描いてます。ここまで、細く、ある程度揃った線が描けるようになれば、どんな絵でも描けます。

蝶を沢山描いてますが、所詮、線と線との組み合わせですから、集中力と根気があれば、この程度の絵付けは誰でも描けます。

絵付師さんから教わっている中でもっとも大事なことは、線の濃さを出来るだけ均一化させることだそうです。 薄い線描きや、濃淡に斑があると迫力のある絵付けにはなりません。

日本伝統の小紋 ”麻の葉”の絵付け YouTube

日本にはいろいろな伝統の文様があります。小紋と言います。 これらの文様は、着物などに多く用いられたものですが、陶芸にも多く使われてます。 例えば:

  • 七宝、りんず、麻の葉
  • 青海波、網目等
  • 動物 鶴、亀、鳥、馬、鹿、猪
  • そして、良く用いられる植物。桜、梅、紅葉、菊、松、竹等々

これらの文様の描き方はポイントを押さえれば、それほど難しくはありません。このタンブラーなどにこの様な絵を配することで、あなたの作品のレベルがぐっと高まります。

 これが麻の葉。基本的には、沢山の直線の組み合わせだけです。6本の直線の組み合わせですが、これだけの麻の葉を描くには相当の集中力と持続力が要求されます。

本焼きが仕上がると、線が抜けていることに気付いたりして、この作品も線が一本抜けてます。 さてどこでしょう? 探して見て下さい。今気づいたんですが、2本ですね。鉛筆での下書きをしてますので、鉛筆の線に惑わされて抜けが出ます。

YouTubeのアクセスはこちらから


陶芸鋳込みの技法 原型作りから鋳込みまで


陶芸の技法っていろんなものがあるもんですね。手回し轆轤での紐作り、たたら作り、型作り、電動轆轤つくり、そして鋳込みなど。

今日はその鋳込みです。長い間、鋳込みをやって見たかった。あの石膏型に文字通りのドロドロの泥を流し込んで。

でも、それには又又、多くの技術が必要なんです。それを一から習得していくのもこれ大変。又、チャレンジの始まり。 これはとても、一人ではできない。 これが私の鋳込みの初体験です。

取り敢えず触りの部分から、鋳込みは何ぞや当たりが分かっていただければいいかな!

自分で鋳込みで作ったタンブラーを家で使っているんですが、水一杯を飲んでも、本当に旨い。 それを紹介します。

鋳込み型と原形

左の写真が鋳込み型の型を作るための粘土原形です。

粘土原形は乾燥させずに半乾きになったら削り仕上げをして、そこで石膏を流して、型を取ります。

そして、窯の近くに放置して乾燥させると原形は乾燥でちぢみ、石膏型は逆に膨張するため、逆さまにすると、粘土の原形がころりと出て来ます。。。。なるほど!

”やったー!”と思わず心の中で呟く。 まるで子供が欲しかった玩具が手に入った時のような喜び。。。

この原形はお役目ごめんで廃棄。 もう一度型の原形に使えないのかなと思っても使えないそうです。その理由は良く分かりませんが、多分に石膏が付着しているのと、粘土がカチカチに乾燥しているからだと思います。
そして出来上がったのがこの原形。石膏型の取り方に興味がある人は多いでしょうが、それ程難しくはありません。石膏袋の説明を見れば出来ます。

この型は一体型ですので、轆轤面に伏せて、3cm程の間隔を空けて塩ビ―シートで囲います。そして、石膏を流します。又、いつか動画でも作ります。

泥漿作り

これで、鋳込みが出来るぞと思いながらも、まだ作業が残っていた。 泥漿を作らねば。 泥漿と言うのは、磁器土を水に溶かしたものに、珪酸ソーダを足したもので、どろどろの、釉薬の濃ゆいもの見たいな液体の土です。

泥漿の作り方には二つの方法があります。①生の磁器土、②磁器土の乾粉を使う方法。 今回は②の方法です。

先月から、磁器土の削りカスと失敗作の粘土を貯めていましたので、これを原料に使います。余談ですが、磁器土、再生が効きませんので、廃棄するのは勿体ない。 では手順を。

  • 削りカスと塊を分ける。何故かと言うとカスと失敗作品では、水の含有量が違うからです。 泥漿をつくるには、水の量を計算してつくります。
  • 乾燥した粉を、篩(ふるい)に掛けます。 60番程度の篩は相当目が細かいので、砂粒程度のものが溜まります。 その粉を天日に当てて乾燥。
  • 粉を計測して。 ちょうど3kgありました。
  • 水に加える。 水の量は、粉が溶けた時に一番上が、水の上にくる程度に。 固めにします。
  • 今回は、1500ccの水に対して、粉を入れました。 水をバケツに入れて、上から降りかけるように。 ドバっと投入するとだまになってしまいます。そしてゆっくりと沈殿させ、全てを入れ終わったら、軽く上から押さえてやって、水を含ませてやります。
    手で攪拌。乾燥した粉がないように、且つ、だまは潰して行きます。 今回は、もう一度、60番の篩を通してやりました。 これで、土の準備完了。

泥漿作り 珪酸ソーダ―(水ガラス)

上の作業で、質の良い泥漿が出来ました。このままで石膏型に流し込んでも、短時間では鋳込みは出来ません。珪酸ソーダ、俗にいう水ガラスを加えます。

珪酸ソーダ―の量は、土の5%程度が基本です。この場合は乾粉3kgに水を1500cc加えてますので、0.3%程度にします。厳密には、土の水分含有量などを計算した上で設定しますが、今回は、熟練した職人さんの感も生かし、この値です。

3000グラム X 0.03=9グラム。 9グラムと言えば、小さじ3杯ほどの量です。

少し硬めだった泥漿に、僅か三杯の量の珪酸ソーダ―を加えて掻きまわすと、トロトロとした感じになります。このとろとろの具合を見て、珪酸ソーダの適切な量を決めています。

そして、もう一度、別のバケツに篩にかけて、移し替えます。この理由は二つあって、だまを取る。 そして、空気を取ると言う事だそうです。 どちらも、型に流し込んだ際、不具合の原因になります。

鋳込み作業

 

あとは鋳込むだけ。 ここまで出来たら鋳込みの準備は完了。石膏型は乾燥させておきます。

鋳込みのやり方は、YouTubeにビデオをアップしましたので見て下さい。

主な手順は以下の通り。

  1. 泥漿の攪拌: 泥漿を良く攪拌。流し込み用の容器に篩を通して泥漿を移します。
  2. 泥漿の空気抜き:容器を揺らして、泥漿の空気を抜きます。
  3. 泥漿を流し込み:中央に流し込むようにして、上までいっぱい。表面張力している泥漿に強く息を吹きかけ、型に泥漿がはみ出す程度に。型の肉厚は30mmありますので、外へ流れることはありません。
  4. タイマーセット: 事前にキッチンタイマーで、時間をセット。 今回は10分ほど。泥漿の水分が石膏型に吸い込まれて硬化して行きます。 ですから、この硬化したものが、作品の肉厚になります。 時間が短ければ、薄く。長ければ厚い作品になります。
  5. 泥漿流し出しの準備: バケツにたたら板2本を載せ、余分な泥漿をバケツに戻す準備をします。
  6. 泥漿流し出し: 10分経ちました。 型を胸の辺りに両手で持って、バケツの上で逆さまにして、泥漿を流します。 そして、たたら板の上に暫く放置して、余分な泥漿を流し出してやると共に、硬化した泥漿をさらに乾燥させます。 時間にして10~15分程度。
  7. 鋳込みの取り出し: タイマーのブザーが10分で鳴りました。、型と硬化した泥漿の間に僅かの隙間が、 型をげんこつでコツコツとたいたいてやり隙間を少し大きくします。

そして、トチを載せ、型を反転。 ゆっくりと型を外してやります。非常に柔らかいですから、慎重な作業が必要です。

”何と言う事でしょう” そこに、綺麗な原形通りの作品が滑り出して来ました。

思わず拍手をしてしましました。 これって感動もの。 だって、夢の鋳込み第一号です。

これを乾燥させて、後は削りです。

PS:トチと言うのは皆さんご存じないかも知れませんが、写真の下に見える、磁器製のもので、トップが少し傾斜したもので、お茶碗などの焼成に使ったりします。 これを使う事により、均一に歪みなく乾燥して縮んでくれます。

YouTube

百聞一見にしかず。 ビデオを見て下さい。

 


陶芸 ここが違うプロ絵付けの技 網目で鍛える染付


陶芸の楽しみで、是非やって見たい染付。 でも難しいと感じているあなた。絵心がないなんて言ってませんか。 でも、いい呉須と、道具があれば、後は練習でだれでもできるようになります。

道具と言っても、質の良い面相筆。言葉で、質を説明は難しいけど、陶芸の専門店の少し高めのものを選べば間違いないでしょう。

私がいつも買うのは京都の陶芸共同組合が販売している800円の面相筆。 プロの職人さんが使う道具です。

今日紹介する網目文様は”弘法さんも筆を選ぶ”で、骨書きが上手く描けないのは道具の性かも?

プロの網目絵付け

こちらは茶碗に現役の絵付け師が網目を染付したもの。 すごかないですか? 線の太さや網目の大きさが一定している。そして、網目の線の太さ、又、一本一本の線が生きていてのびやか。
職人さんは失敗作品だと言ってましたが、どこが失敗なんだろう。中央の放射線の線が3本ほど、少し濃くなっている部分かな?

職人さんの描き方

手回し轆轤と鉛筆を準備します。鉛筆は少し柔らかなものHB程度。 人によっては柔らかい鉛筆は油を含んでいるので、釉薬をはじくと言いますが、硬い鉛筆を使うと、硬い粉が残って、呉須で描くときの邪魔になります。
左の作品が描き始めですが、その前に、その外に描かれた鉛筆線が見えますか。轆轤線で描いたものと、縦に16分割した線が見えるでしょう。これが一つのポイント。
描き始めは、中央から、16分割に更に2本の線を入れて3等分。これで、48等分になりまね。


48等分になるとかなり細かくなりますので、12等分からスタートしても良いでしょう。それであれば、36等分。

最初の線は、直線、そして2段目は直線を閉じる感じで、三角形に。次は3段目。徐々に間隔が広がって行きます。この作品のように頂点から、直線で三角形の辺を描いて行ってもいいですが、間隔が広くなった5段目位からは少し丸味を付けても良いでしょう。

面相筆と言えども、連続で丸い線を描くのは非常に難しい技術です。特に筆の毛先が鋭角に曲がるものは特に熟練しないと難しい。

ですから、直線を繋ぐ形で描いて行きます。

網目の練習

上手くなるための秘訣。それは、沢山描いてみる事。描く度に何か新たな気付きがあります。兎に角描いてみる事。下の作品は、私の練習作品です。墨汁で紙の上で練習することも大事ですが、やはり、素焼きに描きたい。

少し、フラットなものが良いです。いきなり茶碗や湯呑は難しい。これは、蓋物の予備の蓋があったので、網の染付をやって見ました。

一番左が48分割。中央が36分割だったと思います。網目の線の太さや網目の大きさにバラツキがあります。 まだまだですね。(^^)

でも、そんなに簡単に上手くなったら面白くない。言い訳か。。この練習は、ごまかしも兼ねて、だみや、口縁部に他の文様を入れて絵付けの練習をしてます。中央のものは薄だみの練習。我ながら、濃さが均一で、筆跡がほとんど残ってません。

均一な染付のヒント 是非これだけは押さえておきたい。

昨日も、絵付師さんに指導を受けていたんですが、良い絵付けは、骨書きをしっかりすることがもっと大事だと言ってました。

骨書きが一定していれば、絵がしまってくる。だそうです。それに、少し、私の知識を加えれば、染付(骨書き)の成功の秘訣は以下の通りです。

  • いい呉須を使う。 ペースト状のものを使いましょう。私の窯元では呉須をボールミルにいれて一ヵ月連続で擦ってます。それほど、細かな質のいいものが必要です。
  • 骨書き用呉須 必ず、素焼き片で試し描きをします。下地が見えない事。下地が見えると白っぽくなります。そして、たっぷりと茶碗等に入れます。 高価なものですから、少し作りがちですが、これでは、筆に十分な呉須を含ませられないし、水分が蒸発して、濃く成ったり乾いてしまいます。
  • 筆のしごき方 たっぷりの呉須を筆でしっかりと下から攪拌します。そして、茶碗の縁で、しごいて余分な呉須を落とします。ここで大事な事。 しごきの回数ややり方を一定にします。そして、描く量も一定に。 例えば、網目であれば、線を10本描いたら、呉須を筆に付けるとか。 そうしないと、濃さに斑が出ます。
  • 筆の動かし方 筆の方向は、人によって好みが違います。上から下、左から右、右から左、左下から右上への斜め線など。自分の描きやすい書き方を見つけましょう。これに応じて作品を持つことです。 長い線を引くときは腕を動かし描きます。短い線であれば、指先でも描けますが、筆圧が変わらないように注意します。

練習作品の本焼き

こんな風に本焼きが上がりました。結構集中して描いたものですが、いい感じです。

この網目の技術がある程度マスターすれば、あなたの染付の技術が驚くような出来になるでしょう。
今回の本焼きでは、青海波のものも入れてますが、青海波の形が悪い事と、ダミの濃さが一定してません。これは、上に書いた注意点が自分自身で守られていないためですね。

即ち、青海波を幾つ描いたら、呉須を筆に付けると言うような事を決めずに描いているのが原因ですね。
青海波の形は円を半分描くようなものが描きやすいし、安定して見えます。

YouTube動画にも染付のヒントが沢山あります。時間があればアクセスしてください。


Yokko-san 陶芸ギャラリー


墨吹き装飾 雲皿

この吹き墨の技法は雲皿の上に紅葉の葉をふわりと置いて、幅の広めの歯ブラシに呉須を含ませて網の上で擦り、呉須を飛ばすだけです。網は陶芸用の網ですが台所にある網でも出来ますね。

そうすると飛んだ呉須の粒子が一定の大きさではなくランダムな粒子になるのが、趣があって良いそうです。 とても簡単に出来て楽しい技法です。

みんな同じ型紙なのでスタッキング。小さな雲皿の縁は、イッチンで白化粧と黒化粧のドットで装飾。

2019年度 練り込み お雛様

赤土と白土のたたらさえ作成すればとても簡単に作陶できます。 型紙も必要ありません。
長方形のストライプ模様の練り込みを作ります。 適当に練り込んでます。 その中から一番よい部分を男雛の束帯(本体)にもってきます。女雛の着物の打ち合わせの部分はそれらしく見える部分を使用します
男雛と女雛の足(底部)の部分は束帯の部分を横向きに使ってます。 あまり神経質にならずに残ったたたらを組み合わせればいいと思います。
頭部は黒化粧です。

 

 


角銘々皿 & 多用花鉢 染付作品ギャラリー


陶芸の醍醐味。”染付” 日本古来の絵付けの技法で、元々は、中国、韓国から渡来した技法ですね。 昔は、下絵付けで、綺麗に発色する色絵具がなかったので、この青い色の絵付けが主流だったんです。

でも、自然の良質の呉須の原料が手に入らない事。そして、化学技術の発達で、合成された呉須も沢山の種類があり、そして、色呉須も沢山の色が開発されてます。

今日の呉須は、古代呉須と言われるもので、自然の呉須の色を作ったものと思います。

左の写真は、今回の作品の下絵を描いたものです。 生地は磁器土、鋳込み成型のお皿です。 何となく色が悪いし、どんな色に仕上がるのか不安。。

角銘々皿 染め付け作品 本焼き

こんな感じで仕上がりました。 ギャラリー形式で表示してあります。

お皿が真っ白で、4辺の縁が波打った形になってますので、写真撮影時の照明が映り込んでしまいます。 実物は、気品の高い高級感のある銘々皿です。

如何でしょう。 磁器の真っ白な肌に、呉須が綺麗に発色しました。 写真をクリックすると個別に拡大表示されますので、拡大して見て下さい。

呉須の染付皿は、骨描き、濃いだみ、薄だみで描いてます。同じ呉須の濃淡で表現する技法です。

上の梅の絵付けは、古代呉須での骨描き(線描き)と色下絵具(色呉須)を併用しています。 色絵具は淡く、余りけばけばしくならないように着色してあります。 クリックしてください。

花形多用鉢 染付  本焼き

こちらが、花形多用鉢です。縁のところに切れ込みを入れて、花弁の形を作ります。
結構深い作品ですが、分かり難いですね。 最後の裏から撮影した写真を見て頂ければ大体の形状が掴めますね。
こちらの作品も、古代呉須を使いました。 少し、呉須の濃度にバラツキがあります。この点は改善しないといけないでしょう。 そして、最大の課題は轆轤線です。内側の轆轤線が二重になっているところもあります。 もう少し、真っ直ぐ、3周程引きたい。 手振れや力の入れ方で、面相筆の位置が変わってしまいます。


最後の裏側の写真の絵付けは菊水と言われます。 風流を好むに日本人らしい絵柄です。細い清流が蛇行して流れ、それに菊の花が流れたり、浮かんだりするイメージの絵柄です。

菊の替わりに、桜などを描いても良いですよ。

裏側の轆轤線は良く描けてます。 内側もこの程度描ければ、高級な品物になります。
たとへばスープ皿として使った場合、スープを飲み終える頃に椿の絵付けが見えて、ちょっとしたプラスアルファーな雰囲気が醸し出せたら最高。

作品形状とスタッキング

下の写真をご覧ください。 積み重ねた写真ですが、今回の作品はこれが出来ます。一年間陶芸スクールで技術を磨いて来ましが、究極の目的はこれでしょう。 単に積み重ねれると言うことではありません。
作った作品が全て同じ形状であり、同じ寸法に仕上がっていると言う事です。これは熟練された技術を持ったものが出来る技です。一品を綺麗に自分の思う形に仕上げるのは難しい技術ではありません。 これを重ねるとなると、全ての作業で均一な作品が出来ないと、積めません。

私が通うスクールでも、これが出来る人はほぼ皆無です。当然職人さんは出来ますけど。長期にこのスクールに通う人も沢山いますが、その先輩達の多くは共通して、”職人でもないのに同じ作品をつくる必要はない”見たいな事を云う人も多いです。

でも、その人たちを良く観察していると、やる必要がないではなく。出来ないと最初から諦めている人達が多いと思います。 正直、一年もやって来た私も出来ません。 でも、やろうと言う強い思いを持っていないと、この後、何十年たっても多分出来ないでしょう。

ちなみに今回の作品は型物なんですね。 轆轤を極めるか型作りを身に付けるしかない。


来期の目標課題はズバリ、これです。 磁器制作でこれを目指して行きます。