六期会ゴルフ 2016年 6月 定例月例 期待のTomまっちゃんの結果は


定例会

ゴルフ場: 東城カントリー倶楽部
競技方法: アンダーハンディー
使用コース: Out、In
参加者:  8名
天候: 晴れ後曇り 真夏日
PIC_0085

PIC_0086

本日のラウンド成績

蒸し暑くて、皆さん、へとへとの感じ。 グリーンは砂が入っていて最悪のコンディション。 その上、グリーンが速いと来ていて3パット、4パットなど、パットで苦しんでました。 このコースは短い分グリーンが難しくしてありますので、ある面仕方ないのですが。。

順位 プレヤー Out In Gross HDCP Net
 1  トミヤン  41  42  83  8  75
 2  照○さん  54  46  100  19  81
 3  岩○さん  53  49  102  21  81
 4  上○さん  51  61  112  31  81
 5  葛○さん  47  47  94  12  82
 6  竹○さん  50  59  109  25  84
 7  まっちゃん  59  62  121  36  85
 8  井○さん  54  51  105 19  86

期待のTomまっちゃんのスコア

残念ながら、 Out 59、In 62の 121でした。

原因は、東城陽の速いトリッキーなグリーンが最後まで掴めなかった為です。 5パット一回、4パット3~4回、3パット沢山。でも、後半は4パット一回くらいで、3パットも少なくなり、タッチが合って来ました。

ショットは素晴らしく良くなりました。 ドライバーの飛距離が出て、アイアンのダフリやとトップも殆どなくなり、偶にミスショットが出る以外は、グリーンまでは良いゴルフでした。 つい半年前までは、ドライバーは打てず、アイアンはダフリまくりでしたから、素晴らしい成長です。 正直、短期間にここまで上手くなるとは想像もしてませんでした。

私も、ドライバーを2回程ミスして、あわやOBと言うのがありました。 何十年もゴルフをやっていて、河原ではパープレイをする私でも、ミスショットはしますし、3パットもしました。 自慢をしている訳ではありません。

ゴルフはそういうゲームだと言う事を言いたいのです。 何時でも、パープレイが出来ると思いながら、ラウンドしていますが、時々、力みや、手打ちが出てミスをします。 体も疲れてくると動いてくれませんね。 そうなると、手打ちになります。 大事なのは、ミスをした時そこで大叩きをしない事ですね。

9番では、2打目を6番アイアンで良いリズムでスィング出来たのに、僅かにフェードが速く、池ポチャに。。でも、寄せワンで、ボギーでした。 ここで、ダボにしないのが、ロースコアーで回る要因ですね。 これがなければ、30台で回れるチャンスがあったのに。。

まっちゃんの偶のミスショットの原因ははっきりしてます。 ミスショットの時は必ず、スウィングが手打ちになってました。 やはり、スィングを続ける事が大事ですね。初心者としては、これで、十分でしょう。

ドライバーの飛距離も、仲間で一番飛ぶ、葛○さんとそれ程変わらない時もあります。 後は、もう少し安定させる事。 即ち、スィングを安定させる事。 動画のスウィング分析で出て来た問題を、練習で改善して行けば良いのです。 インパクトで、左手首を折る癖は直すべきですがね。。

後は、ショートゲームの二大要素のパットとアプローチをそれなりにすれば、安定した90台のゴルフは間違いないです。 今の努力を続ければ、80台のゴルフもそう遠くないと思います。 以前から、パットが下手で何時もの”ノーカン”の感じですが、後半はタッチが出て来ましたので、もう少し慣れが必要かと思います。 ノーカン等と大変失礼致しました。経験不足でした。

この人が、いつか80台のゴルフが出来る日が来るのが私の夢です。

頑張れ  まっちゃん!!

まっちゃんパター分析

スタート前、パタの練習を見て、動画を撮りました。その内編集をしてYoutubeにアップしたいと思いますが、今の彼の抱えるパタの問題は:

  • インパクトが緩む
  • インパクトでパンチが入る
  • パターフェイスが、目標を向いていない。左を向いている場合が多い
  • 引っかけが多い
  • グリーンの傾斜が読めていない。。これが、4パット、3パットの最大の要因です
  • 後は、1mのパットの入る確率が低い。

 

これらの現象の原因は、パットの基本的なストロークに問題があると思います。 直す事はそんなに難しい事ではありませんが、本人の努力が必要ですね。パットは、メンタルの要素と、その人の感性、そしてその人の心の強さが必要な技術です。

だから、私などは、何時まで経ってもパタが上手くなりません。 でも、感性がなくてもある程度努力をすれば、必ず上手くなります。

前回、パタでダブルヒットをする醜聞をさらしましたが、今日は練習をした甲斐があり、3パットを2回しただけで、まずまずの出来でした。 前回から取り組んでいる、クロスハンドのグリップが大分なじんで来ました。

PIC_0088このパットおかしくないですか? 誰が見てもこれって変ですよね。テークバックしているのに、クラブシャフトが立ってます。 何これ? この人何か誤解してますね。 これが、パットが緩んだり、転がりが悪い原因でしょうね。 一つの

PIC_0090これも変ですね。フォローがここまで大きいのにパターフェイスがまだターゲットを見ている。 多分、外に押し出すスウィングをしているのでしょう。 フォローでパターヘッドがターゲットラインの外に出ていると思います。
PIC_0087

アドレスの写真です。それ程、変なアドレスではありませんが、ボールはもう少し、体の近くへおいた方が良いでしょう。(目の下へ)。 それと、右手首は真っ直ぐで、左手首が少し折れてます。 これだと、手首を使ったストロークになり易くなります。

このアドレスの写真を何故出したかと言うと、このアドレスの肩と両腕で出来た三角形を崩さずに、ストロースをすべきだからです。 そうすれば、もっと安定した緩みのないパットが出来るようになります。

一番上の写真では、この三角形が崩れてますね。 だって、クラブヘッドと手が並行に動いてますよね。 手を横へ動かすのはありえません。

肩は、ローテーションではなく。 ギッコンバッタンのヤジロべーの動きをします。 左肩で、テークバックをして、左肩で引っ張って、ダウンスウィングをします。 これだけで、全く違ったパターフォームになるでしょう。

家で、壁を使ってパタの素振りの練習をしましょう。 壁に頭を付けて肩を上げ下げさせます。 壁にクラブヘッドが当たらない様に、テークバックで、少し、インに、インパクトでスクエアー、フォローで、少しインサイドに。 この方法のメリット。①頭が動かない。 ②ストロークが狂いが分かりやすい ③ ヘッドの位置が目の下に来る 脇を締め、肩のギッコンバッタンでストロークします。 肩で打つ事。 デメリットは一つだけ。。壁との摩擦で、髪が薄くなるかも????


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です