陶芸 長皿、扇皿、角皿 本焼き


和風料理に合う、お皿

陶芸作品で奥様方にもっとも人気があるのがお皿です。 小さな、豆皿から、さんまの載る様な長皿まで。 お皿は、百円ショップでも、大量生産の品物が沢山売られているのですが、大量生産品は味がないと言うか、やはり安ものにしか見えませんね。

最近、色々な所に和風料理や、創作料理を出すお店が沢山ありますが、そう言うお店の器はその料理にあったものが使われています。 当たり前と言えば、当たり前なんですが、家庭でも料理に合わせて器を変えると、雰囲気も新鮮になりますね。

近所の奥さん達に頼まれてお皿を作って見ました。 もちろん無償奉仕です。。

今日は、お皿の本焼き品を紹介します。

長皿

このお皿も、3mmのたたらの作品です。 惣菜入れのプラスチック容器を石膏で型取りし、たたら板を載せて成形して見ました。
口縁には、鬼板で、”皮クジラ”の縁取りをして、アクセントを付けてみました。

内側に、呉須と鬼板で下絵付けをして見ました。 呉須の葉っぱにもう少し勢いがありませんが、全体的には良い雰囲気で仕上がりました。 それにしても、素焼きの肌に絵付けをするのはやはり難しい。。でも、面白いです。
各お皿、500gの粘土を使い”たたら作り”の作品です。 陶芸の技法としては最も簡単ですが、土の分量からして、3mmのたたらとしました。 この厚みとなると軽くなるのですが、薄過ぎてすぐに壊れそうです。 黒化粧の装飾がもう一つ上手く行ってませんが、使いやすいお皿でしょう。

お皿は、少々重くても厚みを持たせた方が良いのかも。。たたらではどうしても焼成で歪みが出ますが、これも景色として使って戴ければと思います。 刷毛目ありと無しを作って見ましたが、刷毛目は余計かも。。それか、刷毛目の勢いのある化粧でも良かったですかね。。。
CIMG2318

寸 法:270mm x 140mm x 3mm
重 さ: 340 g
粘 土: 半磁土
釉 薬: 織部(吹き掛け)、石灰透明 装 飾: 黒化粧土
上は、吹き付けで、石灰透明秞を軽く掛けました。 絵付けの下の地面を部分は、織部を軽く。 もう少し濃い方が良かったですね。 裏側は無秞で仕上げました。
CIMG2319

寸 法:260mm x 130mm x 3mm 重 さ: 3700 g
粘 土: 半磁土
釉 薬: 織部(吹き掛け)、石灰透明 装 飾: 黒化粧土

扇皿

CIMG2320
寸 法(mm): 220 x 120 x 3
重 さ(G): 213 g
粘 土: 半磁土
釉 薬: 織部(吹き掛け)、石灰透明 装 飾: 黒化粧土

角皿

今回の作品で、もっとも良い出来の作品です。 この作品も、四角の惣菜入れ用のプラスチックケースを石膏で型どりをしました。写真では見えにくいですが、しのぎの文様が綺麗に出てます。

底には、足がついてますので、作品としてもバランスの取れた良い出来です。。絵付けをもっと下絵を描いて綺麗に仕上げるべきでした。 でも、口縁の”皮クジラ”の雰囲気も良い作品です。 これくらいの出来であれば、商売が出来るかも。。。
CIMG2321
寸 法(mm): 120 x 120 x 40
重 さ(G): 200
粘 土: 半磁土
釉 薬: 織部(吹き掛け)、石灰透明 装 飾: 黒化粧土

本日のお皿群

こんな感じです。 どんな料理に合うのでしょうか。 お料理が載って写真を提供して貰う事を条件にさしあげようかな。。
CIMG2323


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です