ゴルフ ルール  間違い易い、勘違いし易いルール


ゴルフの競技会に出ると、よくルールについて競技者間でもめることがあります。 そお原因は、①ルールそのものを知らない。②ルールが変わる ③勘違い ④記憶間違い 等の原因によるものですが、常にゴルフのルールは最新のルールブックで確認したり審判員に確認裁定をしてもらう事が必要です。

ゴルフを始めたころには、キャディーバッグには必ずルールブックを入れておくように言われてました。 最近は、ジュニアでも持ってない子が多いですね。 やはり、マナーで常に携帯をしておきたいですね。

ゴルフ規則の本質と精神について

数あるスポーツの中でゴルフ競技の大きな特徴の 1 つは、通常、審判員が立ち会わないということです。このことは、ゴルフがフェアプレーを重んじるスポーツであって、「ゴルファーはみな誠実であり、故意に不正をおかす者はいない」という基本的な考え方を表しています。

またゴルフ規則書に規定されている罰則は、ゴルフ規則を知らなかったり過失によってその処置を誤ったプレーヤーに対して、競技全体の公平さをはかる観点から決められています。つまり、ゴルファーの 1 人ひとりには、ゴルフ規則を正しく理解し、自主的に規則を守ることが求められているのです。

ゴルフ規則書の記述
ゴルフ発祥の時代から変わらねルール

球はあるがままにプレーせよ
コースはあるがままにプレーせよ
それができないときは、最もフェアと思う処置をとる
最もフェアと思う処置をとるためには
ゴルフ規則を知る必要がある

競技会などでの、私の経験等で経験した事例を記載して行きます。

ティーの規定 (紐で繋いだティーは違反?)

先日の競技会で、複数のティーを紐でつないだティーの使用は認められるかとの質問に対して調べてみました。 数年前程にルールの変更があり、今のルールは以下の様になってます。
結論: 以下のルールからして厳密にはルール違反ではないことになります。 ただし、その使い方によっては、方向を指し示すことになり、失格になります。 従って正式な競技会では、使用はやめた方が良いかと思われます。

ティーが飛ばないようになのか、ティーや、グリーンフォークなどを両方刺す人がいますね。これってややこしい。 下手すると失格ですね。 ティーなんかなくなっても何てことないのに。。
{JGA ゴルフルール コーラムより}
ティーインググラウンドから第1打をプレーする場合や、規則に基づいてティーインググラウンドから球をプレーすることを要求される場合、球をティーアップすることができます。球をティーアップするために使用されるティーについて定義では次の規定を設けています。
① ティーは球を地面から高く置くためにデザインされたものでなければならない。
② ティーの長さは4インチ(101.6ミリメートル)以下でなければならない。
③ ティーはプレーの線を示したり、球の動きに影響を与えかねないデザインや作りであってはならない。

上記の規定に違反するティーを使用した場合は規則11-1に違反し競技失格となります。

ティーがゴルフ規則に適合かどうかはR&Aの用具審査によって裁定されます。R&Aの裁定を受けていないティーの適否について競技で紛議が生じた場合、その競技を管理する委員会が上記定義の規定に基づいて、その競技における裁定を行なうことになります。

なお、複数のティーや、グリーンフォークを紐で繋げたティーを使用すること自体はゴルフ規則に違反しませんが、そのような紐やティーでプレーの線を示してストロークをした場合は規則8-2に違反しますので、そのようなティーを使用する場合には疑義がもたれないよう注意すべきです。

マーカーは審判員ではない

ラウンド中にルールでもめた時にマーカーに確認して貰えば良いと言いますが、ルールブックではマーカーは審判員ではないと明確に書かれています。

マーカーは、指定された人のスコアーを記録するのがマーカーであり、審判員ではありません。 と言ってもクラブ競技会などで審判員を必要都度呼ぶことは不可能で、考えられる方法で、二つのボールでプレイをしてホールアウト後、スコアーを提出する前に審判員に裁定して貰います。 あいまいにして、スコアーカードを提出してしまうと失格の可能性も出てきます。

ニアレストポイントの設定

動かせない障害物などの為、球をドロップする規定が良く間違います。 ルールブックには、次のように書かれてます。

救済のニヤレストポイントとは、動かせない障害物【R.24-2】や、異常なグラウンド状態【R.25-1】、目的外のグリーン【R.25-3】による障害から罰なしに救済を受ける場合の起点となる点をいいます。救済のニヤレストポイントは、次の条件を満たす所で、球の止まっている箇所に最も近いコース上の一点です。
(i) ホールに近づかず、しかも(ii) そこに球を置けば、ストロークする時に救済を受けようとしている状態による障害がなくなる所
注 : 救 済 の ニ ヤレストポ イントを 正 確 に決めるためには、その物や状態がなかったら使ってい た は ず のクラブを持ってアドレスポジションをとり、スイングしてみて決めるべきです。【D.35】
上の赤文字が良く間違うポイントです。 障害物から完全に救済を受けること。 また、クラブは、本来使うべきクラブが基準です。 ニアレストポイントが決まったら、ダライバーでドロップの範囲を決めても大丈夫です。 ワンクラブ内ですよ。

ドロップしたボールが着地したポイントから、2クラブレングス内であれば、Okay。 当然ホールに近づいたらダメです。 その時は、再ドロップ。

アンプレイヤブル

アンプレヤブルとみなした場合は、プレーヤーは 1 打の罰のもとに、以下のいずれかを選択し、処置しなければなりません。【R.28】
a. プレーヤーが初めの球を最後にプレーした所のできるだけ近くで、球をプレー
b. ホールと、球があった箇所を結んだ線上で、その箇所よりも後方(いくらさがってもよい)に、球をドロップ
c. その球があった箇所から2クラブレングス以内で、しかもホールに近づかない所に、球をドロップ。
なお、球がウォーターハザード内にある場合はアンプレヤブルを選択することはできません。
※【R.28】に基づいて処置する場合、 球は拾い上げてふくことができます。

2クラブレングスはドライバーでもOkayです。 でも、アンプレのボールの位置からです。 お間違いなく。 よく救済を受けたところからする人がいます。 球から、2クラブレングスでまだスウィング出来ないのであれば、他の選択をするしかありません。

誤球

誤球をすると2ペナルティーです。 必ず、誤球が起きたところに戻り、正球をプレイします。 ストロークではプレイのやり直しをしないで次のホールでティーショットした時点で、競技失格となります。 マッチプレイでは、そのホール負けになります。18番ホールでは、そのホールをホールアウトした時に、その旨の申告をすること。

もう一つ大事なポイントは、ボールには自分独自のマークを必ず入れるようにします。 そうでないと、同伴者との誤球が起きる可能性があります。 また、同伴者と同じボールの使用をしていないか、スタート前に必ず、確認します。

アドバイス

これもよくもめるルールですが、規定は次の様になってます。
「アドバイス」とは、プレーヤーの(a)プレー上の決断や、(b)クラブの選択、(c)ストロークの方法に影響を与えるような助言や示唆をいう。 規則や、距離、周知のこと(例えばハザードの位置や、パッティンググリーン上の旗竿の位置など)についての情報は、アドバイスではない。
この規定からすると、間違ったティー(例: 白と青を間違える等)からのティーショットに対する注意はアドバイスに当たらないでしょう。今でも、アドバイスに当たるとして、知ってても言わない人が居ますね。

OB杭は動かせない障害物

プロでも間違うルールです。 白のOBの杭は動かせない障害物です。 他の色の杭は、動かせる障害物扱いです。 でもローカルルールでルールが変わる可能性もありますので確認しておきます。

OBライン

OB杭の内側(OBではない方)のラインに少しでもボールが引っかかっていればセーフ。 反対にOB側のラインであれば、OBとなります。

OBの可能性がある場合には、必ず暫定球の宣言をして、最初の球と違う球を打ちます。 その時も、何番から何番と宣言して打ちましょう。 暫定球と言う言葉がないと、最初の球は放棄されたものとなり、OB確定です。

2度打ちペナルティー

ワンペナルティーです。 正規のストロークプラス ワンで2ストロークです。

誤球のペナルティー

そのホールで何度、誤球を打ってツーぺナです。 ただし、正球でプレイをし直さないと競技失格です。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です