ゴルフ漬けの日々 今日も開眼 ゴルフスウィング自撮り分析


松山選手がアメリカのPGAゴルフで頑張ってますね。 今週も、15位で最終戦への進出がほぼ確定的です。 アメリカのゴルフもあと3試合程度でしょうか。 優勝するとボーナスが10億円程貰えます。 アメリカは賞金をベースにしたポイント制で、年間のポイント1位に与えられるボーナスです。
image13
こちらアマチュアは、1銭のお金にもならないのに、暑い中、熱中症になりそうになりながらのゴルフの練習です。 昨日は、1バーディー、1ボギーのパープレイでした。最近はこんなもので、河原のゴルフ場では、ほぼハンディーが要らないレベルになって来ました。

話は変わりますが、毎日曜日、BSで『ゴルフ侍』と言う番組をやってます。 この番組で良く分かるのですが、プロとアマのゴルフは、その違いがゴルフスウィングに如実に表れます。 プロのスウィングはやはり綺麗です。。この番組は、クラブチャンピオンになったアマチュアが、シニアプロに9Hのチャレンジをすると言う番組で。。。ここに応募しているトップアマチュア達のスウィングは、全く、プロのスウィングとは違います。

これくらいのアマチュアになると、少なくともそのクラブでは一番上手い人達で、ハンディーは、5下とかゼロ(スクラッチプレ―ヤー)位の人も沢山います。

何故、その差があって、プロのスウィングは綺麗なのか良く分かりませんが、少なくとも、アマチュアでも上手い人のスウィングは綺麗で、ゆっくり打っているようでも、正確で、そして飛距離の出るボールを打ちます。

と言う事で、今回は自分のスウィングの撮影をして、分析して見ました。 目立つのは欠点ばかりですが、毎日惰性的に練習をするよりも、自分を客観的に見た方が、更なる上達への近道のような気がします。 自分の醜態をネットにさらすのは恥ずかしいですが、Youtubeにアップしました。

ゴルフの練習に日々挑戦されている方々、一度自分のスウィングを動画に撮って下さい。 ゴルフ開眼のヒントがそこにありますよ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です