楽寿荘 陶芸教室作品 本焼き 飛びカンナ花器、フルーツボール Youtube


スライドショー+動画バージョンをアップしました。 作品の雰囲気がこの方が良く伝わりそうです。
一部誤字がありますが、このままで行きたいと思います(やほり(誤)→やはり(正))

明るさや、コントラストが自動補正されてますので、この方が作品が見易いと思います。手振れは補正してません。

楽寿荘陶芸教室での作品の本焼きがあがりました。 花瓶、フルーツボール、たたら作りの小物お皿5点の7点です。
この中で気に入っている作品は花瓶と、フルーツボールです。
cimg2963青の化粧土に飛びカンナを掛けた作品ですが、素焼きでは明るいブルーでしたが、3号透明を掛けて本焼きの後は紺色の少し暗い青に仕上がってます。 飛びカンナの文様もとっても綺麗です。 鶴首のところに少し、よじれた跡が見えます。 作陶の時にこの鶴首の部分で苦労しましたので、その名残があります。 重量 720グラム 高さ200mm

画像

以前に失敗したフルーツボールの再チャレンジです。 形状は、6辺の花弁のお皿に仕上がってます。 失敗作品は角が6箇所ありました。 基本的には同じ作法が作品ですが、角は邪魔になり、少々派手な感じになりmすので、張り合わせて角なしです。 釉薬は飴釉。 この種の作品によく似合う釉薬です。 明るい茶色で、しかもしたの印花の文様もしっかり出してくれてとっても透明感のある作品に仕上がります。
cimg2969
織部の作品もそれなりにいいのですが、織部が少しくすみました。 この陶芸教室の織部は以前のものは少し明るい基調でよかったのですが、今回の釉薬は少々暗い感じで好きではありません。 下地の黒化粧の印花には余り合わないようです。 やはり、織部には白化粧土の方がよさそうです。

作品をスライドショーにして、Youtubeにアップしました。 このスライドショーでは作品のよさが余り伝わらないようで後ほど動画のバージョンも作って見ます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です