今日も秋晴れ ゴルフデー


cimg3184
秋の早朝の青空

日々寒さが増しているようで、朝一は半袖では少々寒くなって来ました。 今日の朝の空は、強風のため綺麗に澄んだ青空でした。

今日も朝から、ゴルフの練習へ。 最近はゴルフの調子もいま一つで、スウィングに相当に迷いがあります。

ダウンスウィングの切り替えし、ヒップターンからなのか、右足のヒールダウンなのか。。なにか、上半身の力が強くなりすぎているようです。

又、パットも、右へ押し出す悪い癖が出始めています。 と言うことで、100球ほど打って、パットの練習を2時間ほど。パットは方向感が大分戻って来ました。 パットの目線が狂って錯覚に陥っているのですが、これがなかなか厄介です。

話は変わりますが、プロゴルファーの松山選手がマレーシアで行われたアメリカPGAの大会で、見事2位になりました。 四日間競技で20アンダーパーです。 惜しいな。。パットがもう少し、入れば優勝はそこなのに。。。2位で賞金はなんと75万ドル ざっくりで、8000万円弱。。。怪我から復帰した石川遼は9アンダーの10位グループ。。。復活の兆しが。。石川でも、15万ドル(約1600万円)の賞金です。。やはり、アメリカは凄い。。

日本国内の男子ツアー ブリジストンオープンでは、高槻出身の山下プロが健闘しましたが、例によって、最終日のパットで苦しんで5Tでした。 男子プロの放映を見ていても、本当に魅力がありません。 なにかわくわくするものがありません。。アメリカのPGAや、アメフトなどを見てると単にゲームを放映しているだけではなく、ゲームが解説者やメディアによって盛り上げられています。最近のゴルフの低迷は、単にゴルファーだけの問題ではないかも知れません。ちなみに、この大会の優勝賞金は3000万円です。 これでもアメリカの四分の一にしかなりません。 やはり、アメリカには、世界の一流プレーヤーが集まるはずです。桁が違う。

女子プロは、相変わらずイ・ボミが賞金レースのトップを走り、今週の大会では、笠りつこや鈴木愛が優勝争いをしたんですが、結局は、韓国の全美貞に優勝を持って行かれました。 男子も女子も、昨年は賞金王を韓国勢にもって行かれて、イ・ボミに至ってはなんと年間賞金獲得金額は3億円です。

アメリカのPGAやLPGAで通用するのは松山だけで、一時の宮里も精彩を欠いています。 アメリカの女子のLPGAは、トップの選手はほとんどが韓国人です。。この違いがどこから来るのか。。噂では、韓国は国の施設で、有望な若手を育成しているとか。。やはり、他のスポーツと同じ様に、スポーツ選手の育成が為には、個人から、組織でのサポート体制が必要なのかも知れません。

明日からは、10月最後の一週間、時間の経つのが早いこと。 もうそこに冬将軍が。。つい先日まで。。暑い暑いと言っていたのに。。又年を取ってしまう。

季節の変わり目、健康に気をつけてくださいね。 明日は、寒いけど早朝ゴルフに行こうかな?

それでは(*^-^*)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です