陶芸作品ギャラリー動画 Youtube  レース文様 黒化粧転写を失敗しないヒント


ブログ上では、作品は良く見ていただいていると思いますが、やはり動画のほうが分かり易いと思います。

このブログや、Youtubeのファンの方から、レース文様の化粧土が上手く行かなかったとの連絡がありました。 以下の回答皆さんも参考になるかもしれませんので掲載しますね。

細部まで綺麗
細部まで綺麗

黒化粧土の文様が出なかったのには、次の様な原因があると思います。

レースの下に黒化粧土が入り込んだのなら、
①化粧土が緩る過ぎたか、
②化粧土を塗る時、刷毛でレースが動いたか
③レースと化粧土の密着が足りなかったのか、

のどれかではないですか。。たたらを作って、軽く麺棒で押さえてやります。(ビデオでは、ゴムベラで押さえてますけど) そして、化粧土(マヨネーズくらいの硬さ)を刷毛で上から置いていくように塗ります。横に動かしたら、だめです。

しばらく置いて、表面の水分がなくなって光沢が見えなくなったら、隅の方から、レースを外し、蚊帳目が見えるか見て もし、蚊帳目(レース目)が綺麗に出てなかったら、剥がしてはだめです。 雲皿を作ってみたらどうですか、お皿を成型してから、蚊帳目をつけようとすると、なれないと難しいかも。。。

ノーマンさん おはようございます

失敗の原因が分かりました。黒化粧が薄いというかユルかったみたいです。マヨネーズ状ぐらいが必要なんですね。 ノーマンさんのヒントの通りにやってみます♪

やはりそうですか。 得意の雲皿でやったらどうでしょう。 小さくてもいいから。 たたら粘土を作り、(たたら板持ってますか? 5mm位の代用品でもいいです。麺棒はあるでしょう。) たたらが出来たら、レースを載せて麺棒で軽く押さえる。 そうすると、レースが形が粘土に写ってます。

剥がすという意味ではなく。密着させるという意味ですよ。 マヨネーズの硬さくらいの黒化粧土を刷毛で、全体においていきます。一度で塗るのではなく、一回、マヨネーズ(黒化粧土のこと)をふせて、そして、少し乾かし、2、3回ぬったら十分です。 一回目でずれてなくて、表面が乾いたら、もう大丈夫。

後は、1時間くらい放置するか、ドライヤーで表面を光沢がなくなる程度に乾かし。。手で触ってべたつかなくなったら、端の方を少しめっくって、文様が出るか見ます。 その際、見れば、化粧土がある程度、乾いているかどうかの判断は出来ると思います。 頃合を見て、ゆっくり文様を潰さないように剥がしてください。

黒化粧土の濃度を調整する方法ですが、化粧土は良くかき混ぜないと下の方に沈殿してますね。特に新品は薄い。 これを利用します。

上澄みを別の容器(クリーンなもの。。又、¥戻して使います)に移して下に沈殿しているものを、又、別の容器に取ります。これは濃いはずです。 終わったら、残りの、化粧土や、上澄みを元に戻します。

Just Hint!

白粘土でも、最初は黒いですから、乾燥が進むにつれて、白粘土はだんだん白くなっていきます。又、黒化粧土は本焼きで真っ黒になりますから、案外、成功しているのかもよ?


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です