南部生涯学習センター 陶芸教室最終作品


南部陶芸教室最終作品本焼き

長い南部生涯学習センターの陶芸教室が本日で終了しました。 自分で陶芸をやっているよりも、他の生徒さんの作品を見せていただく方が刺激があります。 好きな作品を写真にとってアップしたいのですが、許可を取ってませんので、今回は止めときます。

鉄製風 蓋物

cimg3534
この作品は、なんと呼んだらいいのか分かりませんが、テーマは蓋物。 本当はもう少し、丸みをつけたかったのでですが、土が固かったこともあって、こんな感じでの仕上げになりました。

外側は、黒化粧土を全体に塗り、イラボの掛け流し、 そして、全体には同じイラボの霧吹きです。 本当は、黒マットの霧吹きをしたかったのですが、この教室にはこの釉薬がありません。 上部には白萩を筆で塗り、流れを作りました。 雰囲気は、鉄製の蓋物のように見えます。 見方によっては面白い作品でしょう。
cimg3326
施釉:
この蓋物は全体を黒化粧土で仕上げてます。 イラボ釉を霧吹きで吹き付け、一部にイラボの流しかけをして、景色を出します。 外側上部には、白萩を厚めに塗って見ました。イラボの濃淡と白萩の流れがどうなるか。。。駄作になる雰囲気ですが。。

織部楕円 花器

cimg3544
次の作品は、織部の花器です。 菓子入れにも使えるかも知れません。 丸いどんぶり状の器を作り、底に、柿の種みたいな切込みを入れて、両サイドから、底を押し込み、楕円にしました。 そして、口縁の部分を感性に任せて、弓で切り、変化をつけました。 どの様に切るか、鉛筆で下書きをしておいた方がいいです。

良く問題になるのが、この切れ込み部の剥離です。 しっかり押し込み圧着をすると共に、内部と底から、接着部に削りカンナでV字に削り、ここにこより紐を入れて補強します。 この作品には、亀裂はありません。

楕円形の付け高台も綺麗に仕上がってます。

そして弓で、一気に切ります。 単に丸い作品より面白いと思います。 大きく変化をつけた方がいい景色になると思います。

装飾は黒化粧土と、白化粧土の刷毛目的なものを、そして、ところどころに白化粧をイッチンで。。

釉薬は、織部。。白化粧土の上の織部の色は綺麗です。
cimg3325

粘土は白。 外は、黒の化粧土で刷毛目をつけ、その上にイッチンで白化粧の点々を付けてます。 この作品も織部でしあげました。 縁は、弁柄で皮鯨を。。

織部へんこ壺

cimg3549
織部のへんこ壺です。 粘土は信楽の白をベースに黒化粧土に飛びカンナ。。。釉薬は織部。

織部の下の黒化粧土に飛びカンナってあまり合いませんね。 部分的には、飛びカンナが見えるのですが、黒化粧土には、織部の発色がよくありません。

丸い壺では面白くありませんので、胴の部分は板で挟んで、四角にしてます。 少し、足りません。 もって見ると四角と感じるのですが、見た目には、潰した部分が良く分かりません。 思い切って、ゲンコツで挟んで思い切って潰したほうが良かったと思います。

首の部分に掛けた白萩の吹きかけは薄かったのか、淡いブルーの幕が出てます。

この教室の織部はガラス成分が多く、かなり光沢があります。
cimg3324
施釉:

釉薬は、織部と、白萩を霧吹きで掛けてみました。 上部の方は少し厚くして流れてくれないかと思ってます。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です