電動轆轤でつくる抹茶茶碗


今日は、今日は変なお天気ですね。 太陽の光が差したかと思えば、雨が降って来たりして。。

ゴルフの練習に行こうかどうか迷っている内に、もう午後の4時になってしまいました。 今日は朝から抹茶茶碗の削りとその後はYoutube動画の編集で、結構神経を使って、くたびれモードです。

開運 なんでも鑑定団

話は変りますが、 テレビ東京の看板番組『開運!なんでも鑑定団』に思わぬ大騒動が持ち上がったようですね。昨年12月20日の放送で、世界に3点しかないとされる中国の陶器「曜変天目茶碗」の“4点目”が見つかったとされたが、専門家から、どう見ても中国の商店街で売っているまがい物にしか見えなかったと異議を唱えられているとのことです。
油滴天目茶碗

 

藤田美術館 曜変油滴天目茶碗・・・・・・こんなもの作れたらいいな。。油滴のブルーが綺麗。。

 

鑑定品は色合いから見て、18世紀以降に作られたものだと言っているそうです。

日本だけでなく、本場・中国からも異論が出ている。 中国国家から日本でいう人間国宝(無形文化遺産伝承人)に認定された研究者から、“これは偽物だ。建陽市の骨董街で数百元(数千円)で売っている”

番組では、茶碗に2500万円の値がつけられ「国宝になっていたかもしれない大名品です!」と宣言されたそうです。

私も、この番組の大ファンなんですが、いくら専門家でも、鑑定ミスはあるのではないかと思いますね。 いくらその道に専門家でも、全ての情報を知っている訳はありませんから、多くのスタッフがありとあらゆる情報を調査してから、鑑定結果を発表しているのでしょうけど、100%その鑑定結果が正しいかは疑問です。 ですから、よく偽物と鑑定されたものでも、本物もあるのではないでしょうか?

そもそも、油滴天目って何なんだろう。 大西政太郎氏の著書”陶芸の伝統技法”によれば。。。。
油滴釉、禾目(のぎめ)釉、曜変釉も、いずれも、鉄釉の結晶釉で、窯変釉と言われているそうです。 油滴釉は黒い天目釉の表面に、銀又は、茶褐色の丸い結晶が析出したもので、これは釉薬の中から鉄分が遊離して、表面に油のように浮かんだもの。

曜変は、その結晶が少しぼやけたものので、油滴と同じ条件。

禾目釉は、黒天目に藁すじのような、茶褐色の洗浄門が一面に流れたもの
と書かれてます。

陶芸ショップに行けば、油滴釉と言うのを売ってますね。。人工的に配合したのもで、電気炉でも、曜変見たいになるものではないかと思います。 今回のものをあわせて抹茶茶碗を5点作りましたので、使ってみようかなと思いますが、その価値はあるかな。。2500円くらいで買ってもらえれば、元は取れるかもね。。

電動ろくろで、3点の抹茶茶碗を作りました。 前回の手轆轤の作品は内側の削りをしましたので、なんとなく好きになれません。

今、図書館から借りてきた『NHK衛星放送 やきもの探訪展98』と言う本を見てますが、この中に沢山のプロの作った抹茶茶碗が沢山で出来ますが、殆どの作品が、形はガタガタ、釉薬や垂れまくったり、縮れたりで、ほんまに、こんなものが、高額で売られているのでしょうか。。 昔の茶人が、茶器にわびさびを感じて愛でたというだけで、高額の価格が付くこと、不思議ですね。 個性的なら、私の作品も個性に溢れているのですが。。。でも百均の商品に近いかな?

Youtube動画 ”電動轆轤でつくる抹茶茶碗

時間がありましたら、Youtube見て下さい。 少し、長めの動画で申し訳ありません。 今の所は、良い作品だと思ってますが、いつも釉掛けで失敗しますので、今回は十分事前検討をしたいと思います。。。。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です