今週の陶芸 2017.3.30 しのぎ・線彫りの装飾


このブログの作品の本焼きを追加します。

この作品は、織部で仕上げてみました。 作品にランダムに入れた線彫りが織部の濃淡でくっきりとした文様に仕上がってます。 水差しにしても良いし、酒器にもなるのかな? 一輪の花を挿してもいいか。 でも、器の方が勝ち過ぎますね。

 

陶芸作品を一体年間いくつ位つくっているんだろう。 月に20個として、年間で、240個。。。今はそれ以上のペースで作ってますね。 陶芸を始めてから、5年以上やってますから、裕に1000個以上の作品を作っていることになります。

普通の陶芸教室でも、一年でせいぜい、10~20作程度ですから、その50~100倍のペースで作っていることになりますね。

これって、病みつきですね。。。そうです、ほとんど、び・ょ・う・き・。 今日もゴルフが終わって、轆轤を回しました。昨日は、バケツにあった粘土の貯まりを再生して、ほぼ、2kgの粘土が出来てましたので。。

その週の陶芸は、木曜日までに完成していないと、土曜日の陶芸教室への搬入に間に合いません。 土曜日の朝までには、乾燥が終わっている必要がありますので、水曜日当たりで作陶し、削りが翌日、そして、乾燥が金曜日と言うことになります。

轆轤を回していて、調子が良いと、粘土が良く言うことを聞いてくれます。 土がす~~と上がってくれます。逆に土の機嫌が悪いと暴れますね。。。途中まで上手く行っているのに、急に芯がぶれて切れてしまったり。。でも、これはどちらかと言うと自分の気持ちが粘土に反映されているように思います。

ギターを弾いていて、気持ちの良い音が出てリズム感が出て、自分で乗ってるなと言う時は、陶芸でもいいリズムになり、土は素直です。 今日は、ゴルフの調子もよかったので、土の機嫌もよかったようです。。
今日半日ほどの時間でこんなに作っちゃいました。 作品は気の赴くままに。。今週の作品の特徴は、全てのっ作品に”線彫り”を施しまた。

この作品がこの日の最初の作品の”水差し”です。 少し大きいかな。 でも、一回り小さくなったら以外に良いサイズかも。。電動轆轤でやると簡単ですね。

土殺しをして、丸く幅の広いドーナツを作り、中央の底を抜いて、ドーナツの中央に指で溝を付けます(底厚を5mm程度に。。後から削ります)。 後は、内、外の壁を上に伸ばしてやって、適当な高さになったら、内側に曲げて、両壁を重ねて、自然に接着するだけ。。

後は、取っ手と、口の部品を作って、組み立てるだけです。 この作品は陶友のYokkoさんに勧められたものです。 脚を付けようかどうか迷ったのですが、今回は止めときます。 YouTube動画にすれば良かった。

こちらの作品は湯呑みみたいなものですが、線彫りをいれて少しプラスアルファーを。。掻きベラの角で思いっきり線を彫ると、作品が生きます。 最初は、薄い作品の壁に穴を開けないように慎重にやっていたのですが、思いっきりやっても、穴を開ける事はありませんでした。

こんな作品でも、線彫りを入れることで、面白くもない作品が生き返ります。 左の一輪挿しはどちらかと言えば、失敗作品ですが、しのぎの線彫りを、ねじれ風にいれると面白い作品になりました。 一方、のっぽの細身のマグも、線彫りを入れることで、おもしろい作品になりました。

粘土が、信楽白、半磁土、黒化粧土などの混血で、どう仕上がるか。。たぶん大丈夫と思いんすが。。。

こちらの作品の本焼きもアップします。 これだけの作品があると説明のしようありませんね。 陶芸教室にある、ほとんど全ての釉薬を使っています。 形も色も好みで、使い分けを。 会社の机の上に一輪の花をそっと活けたり、食卓の脇にも料理に合わせて、花を活けたりして、生活に色をそえましょう。

それでは。。


抹茶茶碗本焼きと各種Dataの変化 黄瀬戸とタンパンの発色 ”抜けタンパン”


期待の抹茶茶碗の本焼きが完了していた作陶から焼成までのDataが取れました。

黄瀬戸とタンパンの発色  ”抜けタンパン”

この茶碗は、黄瀬戸とタンパンで仕上げてあります。 タンパンを塗った部分は、作陶時、櫛目を入れてあります。


これが、タンパンにピッタリで、櫛目の部分にタンパンが溜り良い文様を出してます。また、内側には、緑の”抜けタンパン”が綺麗に出ています。

この作品は、初めて思っていたようなタンパンが出てくれました。 今回使ったのは合成のタンパンではなく、最近は貴重になっている自然のタンパンです。 この黄瀬戸とタンパンの茶器は茶人に昔から珍重されていたとのことですが、淡泊な黄瀬戸の肌によく合います。

寸法・重量の変化の検証結果 まとめ

抹茶茶碗三点のデータを取り、陶芸プロセス各ステップでの数値の変化を検証して見ました。 粘土: 半磁土

残念ながら、素焼きでのデータを取るのを忘れてしまいましたが、本に書いてあるサイズや重さの変化が良く分かるデータになりました。
以下、まとめます。(ベースとなる数値は、削り完了後が基準になります。)

  • 作陶完了時の重さは削り前ですので、重たいのは当たり前です。 でも、参考になるのは、これほど、削りで軽量化をしていると言うところです。作陶を終えた段階から、40~50%近く削ってますね。
  • 削り後から乾燥までは、寸法の大きな変化はない。重さは15~20%軽くなる。何となく分かってたことですが、乾燥では大きさは変化しないですね。 単に粘土の中に含まれている水分が蒸発しただけなんだ。。
  • 削り後から本焼きまでは、寸法は10%ほど小さくなる。重さは20~23%ほど軽くなる。乾燥から本焼きまでの変化は5%程度で、大きくは、作陶後の乾燥(水分の蒸発)の要素が大きい

重さの部分はマイナスの要素が水分、プラスの要素が釉薬ですね。 でも、ほとんどが水分と思った方が良いかと思います。 大きさの方は10%前後ですが、この要素が大きいですね。 本焼きが終わったら、かなり小さくなったように思うことがありますね。 この作品の場合は、高さも径もなんと10mm前後も小さくなっているんですね。僅か10mmかと思うと思いますが、実際の作品上は、大きさが相当小さくなったように見えます。

寸法・重量の変化データ

HTMLでの表の作成が上手く行ってません。 スタイルシートで、罫線が表示出来ませんので、見難いですが興味がある方は参考にしてください。

作品
 

 

 

高さ

作陶:   97㎜

削り後:  92㎜

24H乾燥: 92㎜

48H  乾燥: 92㎜

本焼き:  80㎜

変化: -12mm 87%

作陶:  97㎜

削り後: 92㎜

24H乾燥:92㎜

48H  乾燥:90㎜

本焼き: 83㎜

変化: ₋9㎜ 90%

作陶: 80㎜

削り後: 75㎜

24H乾燥:75㎜

48H  乾燥:75㎜

本焼き: 66㎜

変化:-9㎜ 88%

 

直径

作陶:  130㎜

48H 乾燥:125㎜

本焼き: 118㎜

変化: -12㎜ 91%

作陶:130 mm

48H  乾燥:125㎜

本焼き: 117㎜

変化:-13㎜ 90%

作陶: 135 mm

48H  乾燥:135㎜

本焼き: 128㎜

変化:-7㎜ 95%

 

 

重さ

作陶:  660 g

削り後: 367g

24H乾燥:326g

48H  乾燥:300g

変化: -67g 81%

本焼き:  284g

変化:-83g 77%

作陶: 596 g

削り後:334g

24H乾燥:300g

48H  乾燥:280g

変化: -54g 84%

本焼き: 267g

変化:-67g 80%

作陶: 442 g

削り後:301g

24H乾燥:280g

48H  乾燥: 260g

変化:-41g 86%

本焼き: 244g

変化: -57g 81%

 

高台

     

この本焼きに10㎜程足してやれば、相当大きくみえるでしょう。Dataを取って見て作品の変化が初めて分かったように思います。 今までは、何となく分かったつもりでいました。 もちろん、このDataは、この粘土と作品に限った話であることは申すまでもないことですが。。


型作り お皿と付け高台のやり方


今日は付け高台の作品の紹介とYoutube動画を紹介します。 付け高台と言うと簡単に聞こえますが、いざやって見ると結構難しい作業です。 粘土の紐を作って、ドベでくっつけるだけなのに、丸くするのも、薄くするのも、高さを揃えるのも、簡単ではありません。

私も経験があるのですが、焼き上がったときに高台と本体の間に隙間(剥離)が出来たりして、こうなると、使う気がしなくなってしまって、直に荒ごみ行きになります(廃棄)。

今回型としてつかって、西洋の磁器のお皿です。ロイヤルコペンハーゲンだと思います。 形がとっても良く品の良いお皿です。

 

本焼き作品

こんな仕上がりになりました。

絵付けは、日本風に藍の新呉須で花を描いて見ました。

口縁にもアクセントで3か所の縁取りを。。少し、呉須が濃かったかも。

 

高台の仕上がりを見て下さい。

3点共に、剥離・がたつきも全くありません。

作陶のところで述べましたが、高台の大きさが少し内側過ぎるかも知れません。

でも、これもデザインと言うことで。。。何と言っても、高台が有るおかげで施釉が前面にできます。 その分作品も洗練されて見えます。

型に使ったお皿(左の写真)と比較すると、高台が、中よりになり過ぎました。 こちらは、軽いアールが付いた部分と底の平らな部分へのつなぎの部分に、高台が作られていますね。

こちらの私の作品は、10mmくらい内側に高台を作ってしまいました。 これでも、極端に安定感が悪くなることはありませんが、せめて左くらいの高台幅にすべきでした。
いつも、作ってから気付くんですが、もう少し、プロの作品を慎重に観察すべきでした。 高台幅を、どの程度にするかと言うのは、基本中の基本の部分ですよね。

付け高台のやり方と手順

まん丸な付け高台を作るのは以外に難しいですよね。 でも、ポイントを押えれば大丈夫ですよ。。と言いながらも失敗をしてますけど。。

準備物: 手回しろくろ、なめし皮、針、共土(同じ土でつくったドベ)、そして、お皿を載せる湿台

湿台・簡易台:

沢山つくるのであれば、湿台(しった)が有った方ががいいですが、簡易的なものでと言うことであれば、家庭にある丸いものを探して台にします。 室内用のプランターの水受けでも立派な湿台になります。

この時、載せる台とお皿の底の面積が合っているほうがいいです。 その理由は、付け高台の作業は粘土の半乾きの状態で作業をしますので、作業中の力で、お皿が曲がったりします。 下から、しっかりと支えてやる台が必要です。

この作品では、マスキングテームを台にしました。 マスキングテープの穴は薄めのダンボール紙などで蓋をした方がいいですね。 又、径が小さすぎてもお皿を変形させる原因になります。 高台をつける部分には、台の面が当たっていることが必要です。

手 順:

    1. 1. 台を轆轤に載せて芯を出し、留め土で固定します
    1. 2. 半乾きになった作品を載せ、中芯を出します。 そして、針などで、高台を付ける位置に当たり線を軽く付けます。
    1. 3.丸い粘土棒を作ります。 長さは、直径を測って、その3.5倍の長さの紐を作ります。
    1. 4.当たり線の内側に、針や歯ブラシで傷を付け、共土のドベを塗ります。
    1. 5.丸い紐を当たり線の内側に丁寧につけて行きます。 出来るだけ丁寧に。。後の作業が楽になります。
    1. 6.紐の内側を少し潰してやりながら、内側のお皿に伸ばします。 下の写真の様な細い木小手があれば、作業がやり易いですね。
    1. 7.木小手で、粘土紐をまるくすると共に、皿の底に押えて、密着させます。
    1. 8.内側できたら、今度は外側を、小さな木小手で、同じように仕上げます。 内側が丸く出来ていれば、外側はそれ程、難しいくありません。
    1. 9.内、外から数回やれば、余分な土や、幅も均一になります。
    1. 10.轆轤を回して、なめし皮で、厚みを一定にすると共に土を締めます。 そして、高台の高さを針や弓で切ります。
    11.そして、ステップ9と10を数回繰り返せば、完成です。
    必要道具:

手回し轆轤、湿台、針(又は弓)、なめし皮、共土(作品と同じ土)のドベ、木小手、直角の木小手(ビデオでは、竹べらの直角のエンドを使ってますが、10cm程度の物差しの端を使ってもいいですね。
こんな、細めの木小手は便利です。 付け高台でも、蓋物の蓋受けなどもこの様な先が少し丸みを帯びて、尖っているものがあると便利です。 これであれば、割り箸などを削って自作もできますね。

Youtube動画 高台作り作業 5分ビデオ

2番目の動画を先に作ったんですが、高画質の録画をしたため、かなり重たい動画になりました。 この動画は、高台作りの部分を2枚目の作品で撮影したものです。

たたらで作るお皿と高台の作り方 10分ビデオ

こちらのビデオは、たたらでの作業から、高台つくりまで載せてあります。 スマホなどで、アクセス要領などに制限があれば、上の動画の方がいいと思います。


釉掛け(施釉)の裏技とヒント


二重掛け(重ね掛けとも言う)のテクニック

黒天目とそば釉・マグネシアマットの二重掛け

黒天目の上、金色の点々が出ていると思います。 これは、黒天目をずぶ掛けした作品に、そば釉を二重掛けする事で、このような斑点がでます。 そば釉は、良く攪拌します。 薄いと金色が出ません。 同じように、黒天目にマグネシアマットでも出るようです。

ちょっと高級感のある施釉で、まだやったことがない人はやってください。

黒天目となまこ釉の重ね掛け

少し、写真では見えにくかも知れませんが、黒天目をずぶ掛けし、釉薬が乾いて、ナマコをずぶ掛けします。 青黒いバックにやや白い流れが出ます。

その他の二重掛け

  • 瑠璃釉(下釉)白萩釉(上釉)
  • 黒天目(下)、わら灰(上)
  • 赤萩(下)、白マット(上)
  • 鉄赤釉(下)、透明釉(上)
瑠璃釉 白萩きり吹き 下、高台周りの色目と比較してください

などがありますが、テストピースを作って見た上での方が安全です。

作品は丸いものを手で挟みつぶしてます。瑠璃釉に白萩を軽く、霧吹きで掛けただけで、こんなに変わります。 高台の周りの色が本来の瑠璃の色で本体部分が重ね掛けです。少し、重たい瑠璃が和らいでいます。

二重掛けの焼成サンプルを作る予定です。楽しみにしておいて下さい。

柴犬ゆうたさんかの投稿(コメント)以前のブログに書き込まれたものですが、回答してませんでした。

テストをされる時、白、赤土どちらでもいいです。黒化粧の上から撥水剤をスプレーし、マグネシアンマットを掛けるとグレーの地に面白い模様になります。スプレーは距離をおき細かく掛けた方が良いかと。ついでに実験して下さい。

楽寿荘には、マグネシアマットがありませんので、南部の方で、機会があれば作ってみます。

釉薬の流れを使った施釉、織部・飴釉など

上の織部テストピースを見て下さい。 印花の部分の凹凸の部分で、織部の濃淡があります。飴釉でも同じように、谷の部分は釉薬が流れて濃く、山の部分は薄くなります。  この特質を利用したのが以下の作品です。

レース文様をこん棒で、粘土に押さえつけてレース文様を付けて、織部や、飴釉などを掛けると綺麗な文様を浮かび上がらせる事が出来ます。失敗フリーの技法で、たたらで作れば、より簡単に出来ます。

 同じ釉薬を使った濃淡で文様を出す方法

次の2点の作品を見て下さい。白萩と織部の作品ですが、白萩は、柄杓掛けを部分的にして、全体的に霧吹きで同じ白萩を掛けます。霧吹きは軽く。 この濃淡で、文様が出ます。 又、白萩は流れますので、柄杓掛けをした部分の山谷で、白萩の濃淡が文様となります。

織部の作品は、レース文様を白化粧土で付けてます。この白化粧土で、織部の透明感が強調され、くっきりと文様がでます。 そして、織部は、白萩と同じように柄杓掛けと、霧吹きを併用して濃淡で文様を出します。

柄杓はスイノウ付きと言って、柄杓にジョウロのような、口が付いたものがやりやすいでしょう。 百円ショップの小さな”じょうろ”を使ってもいいですね。

黒天目と白萩の垂らし、または霧吹き

黒天目をずぶ掛けし、白萩を垂らします。 アクセントとしての文様を付けます。

白萩の量で、色目が変わります。垂らす代わりに霧吹きで、吹きかけても面白い文様になります。

釉薬の掛け分け

小さなコーヒーカップ(エクスプレッソ)ですが、内外を違った釉薬で仕上げてます。 内側に乳白を掛け、乾いたら撥水材を上から、10mmほど塗り、外には別の釉薬を掛けます。心配であれば、内側全体に撥水材を塗ります。

高台を上にして垂直にずぶ掛けすることで、外側だけを施釉します。まっすぐ、垂直に釉薬に漬けることで、内側の空気が釉薬が内側に入ることを防ぎます。 内側の撥水材の上の釉薬はスポンジで綺麗に取っておきます。

撥水材を使った施釉

蝋抜きの施釉みたいに技法ですが、陶芸仲間からの投稿です。

織部、撥水材の施釉・・・Yokko-さん投稿

こちらはYokko-さんからの投稿で、赤土に織部そして縦の文様の部分が撥水材を塗ったもので、この部分は赤みを帯びるそうです。単に、ベースの赤土の色ではなく、織部を使った時にのみ、この様な色になるそうです。

織部・撥水材を使った裏技・・・投稿 柴犬ゆうたさん

これも撥水材を使った施釉で、撥水材をぬったり、霧吹きで撥水材を掛けて、織部の釉薬は掛けると織部がはじかれた部分が緋色になるそうです。

蝋抜き

撥水材を筆につけ、文字や文様を書きます。 毛筆の得意な方にはピッタリの技法です。撥水材で書いた部分には、釉薬がかかりませんので下地が出て、この様になります。抜いた部分に透明釉などを掛けるのであれぼ、一度焼いて撥水材を飛ばし、施釉後2度焼きをします。

撥水材の代わりにらラテックスと言うものを使ってもいいです。ラテックスは液体状の合成ゴムで、空気に触れると乾いて、透明なゴム状になります。 施釉をして乾いたら、針などを使って引っ掛け、指で引っ張りはがします。 剥がした後は釉薬を掛けることもできます。

釉薬の垂らし・流し

この作品は飴釉に、白萩を垂らしたものです。 鉄赤でも同じようになります。

飴釉・白萩 322g 120 x 75mm
鉄赤・白萩 247g 105 x 70mm

こちらは、特別な施釉ではありませんが、乳白に織部を垂らした作品で、葉っぱをイメージした作品です。