Youtube 動画 Top10 (再生時間)過去30日


世界中に広がるYouTube動画ですが、累計再生時間(分)でのBest10をリストして見ました。 陶芸愛好家の方々が多い事で、やはりハウツーもののビデオが良く見られてます。

このリストにはありませんが、累計で16000回の再生回数のものもあります。 何度見ても、これが一万回の再生かと思える内容なんですが、作者には分からない基準で、閲覧者は見ているのでしょう。 この要因が分かれば、もっといいビデオをつくる事が出来るかも知れません。

累計再生回数は24万回、そして、チャンネル登録者は570人にもなって来ました。海外からの登録者が多くて、ビデオの内容にオリエンタル 又は、日本の文化を感じてくれているのでしょうか?

チャンネル未登録の方は、是非チャンネル登録をお願いします。

動画の最後に私のプロフィール画像が出てきますので、これをクリックして頂いたら登録できます。

たたらで作るレース文様作品 花器&大皿 作陶  YouTubeはこちら

再生回数 3000回、時間:7200分

たたらで作るレース文様ですが、読者から作り方が上手く行かないという質問がありました。 レースの文様が上手く出ない時の対応は①レースをしっかり粘土に密着させる。②化粧土の濃さは、少し固めに。。マヨネーズくらい。 ボトルの上澄みを別容器に移し、下の濃い部分を使う。③はけ塗りは、化粧土を上から置いていく。。特に一回目は ④化粧が乾いて、光沢がなくなり、べたつかなくなるまで、レースを剥がさない。 これらのポイントを守れば、大丈夫です。

干支犬を作ろう YouTubeはこちら

再生回数 1500回、時間:7700分

2018年の干支は”犬”。南部の陶芸教室で干支制作。60名の参加者があり、3クラス。 応募者は90名、この時期になると干支つくりが欠かせません。このビデオを見て作りましょう。 粘土450gと少ない道具で出来ます。2時間程で、世界唯一の干支が。

袋物制作 風船を作ろうYouTubeはこちら

再生回数 990回、時間:6500分
陶芸で覚えておきたい袋物の制作。 その中でも覚えておきたい風船。 ランプシェード、アロマポット、フクロウなどなど、花瓶の制作からもう一歩進んだ技術

手ろくろでつくる抹茶茶碗 YouTubeはこちら

飴釉・白萩 322g 120 x 75mm

再生回数 990回、時間:5900分

久々に抹茶茶碗を手ろくろで作ってみました。 抹茶茶碗は、簡単そうで奥が深い作品で、何度やっても満足が行くレベルになりません。 電動轆轤でやれば、30分ほどで出来るのですが、個性的な作品には、手ろくろが良いかと。。。2点を作って見ました。 もっと、ざっくりしたものにしたかったのですが、 いつもの癖で、丸く綺麗なものになりました。

風船で作る蓋物技法YouTubeはこちら

再生回数 976回、時間:5500分

今日はちょっと変わった風船からつくる蓋物のやり方を紹介します。このビデオは、電動轆轤で作ってますが、手回し轆轤で、紐作りリが出来る人は、風船も簡単に作れますね。 風船から、蓋物を作ります。 陶芸は楽しい技法の一つに加えて下さい。

お雛様をつくろう Series I YouTubeはこちら

再生回数 1000回、時間:5300分

正月が過ぎて、あっと言う間にお雛祭り。陶芸でのお雛様つくり。今回、お雛様作りをシリーズで紹介します。 今回はそのシリーズ Iです。 比較的簡単なお雛様作りです。

紐作りの基本 YouTubeはこちら

再生回数 410回、時間:3500分

陶芸の技術の中で、紐作りは基本中の基本と言えます。 ビギナーにとって最も大事な技術ですが、熟練者でも、芯が出なかったり、重すぎるなど、悩みを抱えている人もいます。 もう一度、この基本技術を見直しましょう。この技術のレベルは格段アップします

陶芸 石膏型で作るネックレス YouTubeはこちら

再生回数 500回、時間:3000分

陶芸で大玉のネックレスを作ります。でも、珠が大きいと首に掛かる重量も大きく、肩が凝るそうです。 その為に大きなものは、中を空洞にして、軽量化をします。 でも、2mmは難しい。 石膏で玩具のゴム玉を型取りました。小さいけど、一応割型。 この発展形が鋳込み用の石膏型ですね。 ネックレスやブローチなど、石膏型でやれば、細かな文様も表現できます。石膏型での技法。 面倒でも面白い。

ブーツ型 鉛筆立て YouTubeはこちら

再生回数 430回、時間:2800分

たたら作りの鉛筆立てを作ります。この応用で、スニーカーの形や色々な形の展開が可能です。 可愛いブーツの形をした鉛筆立てがあれば、職場や家庭でも、きっと人気になります。 この作品は陶芸教室では、誰かが必ず作る定番になって来ました。型紙のスペックを追加しました。

飛びカンナ文様 蓋物 YouTubeはこちら

再生回数 340回、時間:2700分

だれでもやりたい飛びかんな。でも一寸難しいかな。今回は、蓋物を作陶して、飛びカンナを使ってみました。 飛びカンナは思っている以上に簡単で、刃を当てる角度さえ覚えれば誰でもできる技術です。失敗してもいいんです。 失敗したら、化粧土を削り落として、又、塗り、飛びカンナを掛けます。 それでもだめなら、化粧泥なしで。 ビデオの中の織部の作品は化粧度なしです。でも、これだけ、綺麗な文様が出ます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です