七福神大黒様を作ろう! 彫塑で作るワンモアステップアップの陶芸 


今日は七福神の話と彫塑による成型への挑戦です。

彫塑は彫刻の手法で、彫刻には、削って作る所謂彫刻と、貼り付けて成型をしていく彫塑と言う技術があります。

今回は、日本で最も人気のある伝統の七福神の”大黒天”を作ります。

以前に木彫りをやっている友人にだるまさん見たいな、陶芸でも作れる座像の図面をたのんでいたら、木彫りで使った”大黒さん”の図面を持って来てくれました。

干支などを作って来ましたが、是非、もっとレベルの高いものに挑戦したいと以前から思ってました。

木彫りの職人さん(仏師)も、作品の図案を書いたら、事前に粘土で一度作ってみるそうです。

彫刻家もそうらしいです。ミケランジェジェロのダビデの像など、どうしてあんなものを、大理石を削って出来るんだろう。 いきなり木を彫り始めたら、後戻りできませんものね。

大黒様って何?

教室の生徒さんから、”大黒様を作るのであれば、恵比寿天もいるよ”と言われました。そうなん?

大体、七福神も知らないし。大黒天と恵比寿天はペアでないないとダメだなんて知らんは。 ほんまかな? そしてネットで調べて見ると、確かに、大黒さんと恵比寿っさんはペアで売られていますね。

ウィキペディア記事 七福神からの抜粋

こんな時に頼りになるのが、ウィキペディア。 ”七福神” ”ウィキペディア” ”大黒さん”と入力すると、こんな説明がありました。(部分抜粋)

七福神とは、大黒天(だいこくてん)、毘沙門天(びしゃもんてん)、恵比寿天(えびすてん)、寿老人(じゅろうじん)、福禄寿(ふくろくじゅ)、弁財天(べんざいてん)、布袋尊(ほていそん)の七つの神様の総称です。

「七難即滅、七福即生」の説に基づくように、七福神を参拝すると七つの災難が除かれ、七つの幸福が授かると言われています。

七福神の信仰は、室町時代の末期のころより生じ、当時の庶民性に合致して民間信仰の最も完全な形となって育てられてきました。

特に農民、漁民の信仰として成長し、現代に今も生き続け。。。。。

大黒天(だいこくてん)とは、ヒンドゥー教のシヴァ神の化身であるマハーカーラ(サンスクリット語:Mahaa-kaala、音写:摩訶迦羅など)のことである。大暗黒天とも呼ばれる。

密教の大黒天 – マハーカーラが元になり出来た密教の神である。

仏教の大黒天 – 密教の大黒天が元になり出来た仏教の天部に属する神である。

神道の大黒天 – 密教の大黒天が元になり、大国主命と神仏習合して出来た神道の神で、七福神の一柱としても知られる。

大黒と恵比寿

日本一大きいえびす、大黒の石像は舞子六神社にあり商売繁盛の神社とされている。

大黒と恵比寿は各々七福神の一柱であるが、寿老人と福禄寿が二柱で一組で信仰される事と同様に、一組で信仰されることが多い。

神楽などでも恵比寿舞と大黒舞が夙(つと)に知られ、このことは大黒が五穀豊穣の農業の神である面と恵比寿が大漁追福の漁業の神である面に起因すると考えられている。」

また商業においても農産物や水産物は主力であったことから商売の神としても信仰されるようになっていった。

ウィキペディア抜粋ー

大黒様は農業の神さま、そして、恵比寿っさんは漁業の神様で、それぞれ豊作と大漁の神様のようで、七福神の中でも、最も人気のある神様のようです。

恵比寿っさんを作るのであれば、七福神を作らなくちゃ。 これ多分一年掛けても作れないでしょう。

大黒様の彫塑(彫刻の技法で貼り付けて造形)

七福神の第一号の大黒さん。これ難しい。干支犬などとレベルが違う。 元々、仏師が作る木彫り用の図面を作るのですから、これって半端じゃない。

コメ俵、脚、腕、胴、頭など全て個別に空洞でつくりました。 図面があるだけで、土の量は全く分かりません。

そして、下から組み立てて行って。。。当然ながら、バラバラの出来。。後は彫塑的に粘土をべたべたと貼って行って仕上げをして行きます。

米俵の大きさが少し小さいですね。

大黒様の重さで少し潰れ気味。 針で空気穴を開けるのが早すぎた。 後から土を足します。

 

福袋には金貨が沢山入っているのかな?

横から見た福耳。 少し膨らみが足りませんね。 前からはふっくらとしているのに、横から見ると少し貧弱。 粘土を足した方がよさそう。

 

この大黒さんの顔は少し若く見えます。

一応顎ひげはつけて見ましたが。 口ひげは止めておきます。 細くてすぐに折れるでしょう。

 

顔の表情も難しいですが、衣も難しい。 衣のふわっとした感覚がなかなか出て
くれなくて、襞などを入れてみたですが。

このような作品は内側の骨格や筋肉が大事で、衣の下に隠れる腕の形や位置で雰囲気が変わって来ます。

デッサン教室の彫刻家の先生に見て貰えれば、ずばずば修正をしてくれるのですが。。今回は自力でやるしかない。図面を見ながら、全体のバランスや、大きい部分を仕上げて行きます。 彫塑でもデッサンでも、物を正しく見る観察力がないと上手く行きません。

彫塑をやって、ぺたぺた粘土を貼って行くと、結局 1kgの粘土を一粒残さず使ってしまいました。 重た!!

大黒様本焼き

大黒様の本焼きが一ヵ月以上かかってやっと上がって来ました。 作品が真っ黒で写真では見難いと思いますが、思っていたような仕上りになり、満足の結果です。

釉薬は黒天目で、そのお陰でどのようにライティングを変更してもこんな感じの写真写りにしかなりません。

打ち出の小槌は黒天目にそば釉を軽く重ね掛けしました。

焼成の時に、少し、緩んで前に傾いてますが、見方によっては、小槌が振られているようで面白いと思います。 この部分は折れる可能性もありますので、予備のものを一つ作ってます。

木彫り教室の仏師さんが、生徒さんの為に書いた図面を見ながらの作陶でしたので、前後左右からの図面がありましたので、どこから見てもいい出来と思います。

米俵、胴体、脚、手、顔、福袋、小槌、全ての部品が空洞になっていて、軽量化をしてます。 と言っても、成型で相当粘土をぺたぺたと貼って形を整えましたので、その分、重たくなってます。最終の重量はちょうど800グラム。 重たい分、有難みが感じられ作品です。

 

やはり、仏師が書いた図面だけあってだれでも作れると言う作品ではありません。

 

陶芸教室の仲間とは、前にお賽銭箱を置こうかなどと冗談を言ってました。

この神様、我が家に多くの福と富をもたらしてくれるのではないかと思います(合掌)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です