たたら作り 作品ギャラリー: 面白陶芸を演出するたたら作り。初心者からベテランまで


たたら作りの技法は、いろいろな作品に応用できます。 少しの道具で粘土を3~7mm程度に伸ばして成型をします。 陶芸の技法の中でもっとも簡単な技法と言えますが、成型や装飾によって、素晴らしい作品が出来ます。

特に少し変わった形状の作品作りには最適。

たたらで作る、レース文様皿

百円ショップに売っているいろいろなレース文様のマットなどをたたら板に被せて、麺棒でしっかり押し付けて文様を付けます。
化粧土を使っていいし、そのままにして、凹凸の文様を釉薬などで出してやります。

絵付けの苦手な人でも、プロ級の仕上がりになります。

たたらつくり 型作り成型

型成型は、手持ちの器などに押し付けて型作りしたり、型をスタイロフォームや石膏で作ったものを使い成型します。

たたら板の組み合わせでつくる作品

こちらの作品は、たたら粘土板で、各部のパーツを作り、伸ばしそれを接着して作った作品です。

パーツの組み立てと接着は、作品と同じ粘土を、ドロドロに水で溶いてこれを接着材にします。 接着面を針や歯ブラシで傷をつけて、どべを塗って強く接着します。 接着は、上下左右に擦り合わせて、互いの土を食いつかせると言う表現の方が分かり易いかも。

友土でつくるどべは、単に同じ色に仕上げると言うここではなく、乾燥時の収縮率を合わせることにあります。 この収縮率が違うと、乾燥時に接着面がひび割れたり、素焼き、本焼きで、剥離を防止できます。

それでも剥離が心配が場合は粘土の細い紐(こより)を接着部に付けて補強します。

ここがポイント:

  1. ログハウスの窓などの加工は、組み立て前にやりましょう。
  2. 竹籠は、組み立てる前に竹の線を、型紙の線を、ルレットや針で付けておきます。 カットは組み立ててからです。でないと、細い竹の部分にひびが入ったり、折れたりします。

貼り合わせ成型のポイント

これだけは守っておきたいポイント:

  1. たたら板の加工: 延ばしたたたら粘土は、ストレスを与えないのが肝心です。その為には、出来るだけ、粘土を触らないようにします。 延ばしの作業が終わったら、木の板で挟んで、1~2時間位放置して、少し硬化させて型紙に合わせてカットします。
  2. 接着面積は広くする。 貼り合わせの面積を大きくします。その為には、張り合わせは角度に応じて面取りをします。 例:90度の貼り合わせであれば、45度で面取りをします
  3. 接着は良質の友土のどべで、端面を荒らして、上下左右に動かし、しっかり食いつかせます。
  4. 補強の方法:内側から細い紐(こより)で補強。 外の部分は、張り合わた部分を鋭角な掻きベラでV字に溝を入れそこにこよりを入れてやります。 仕上げは、掻きベラで余分な土を落としてエッジを立てる感じで仕上げます。 これで完璧

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です