日本六古窯 丹波・立杭焼き 窯元路地歩き |日本生まれの日本育ちのやきもの産地


日本六古窯の丹波立杭焼き 800年の歴史

日本六古窯とは、平安から鎌倉時代に始まった窯。瀬戸、常滑、丹波、備前、越前、信楽を指します。六古窯以外にも全国各地で鎌倉時代の窯跡が数多く発見されていますが、いずれも淘汰されていきました。良質の器を安く効率良く生産し、各地へ販路を拡大して産業として根付いたものが六古窯です。

丹波焼は、正式には丹波立杭焼きで、丹波焼と立杭焼きは同じ産地です。立杭は丹波地区の一部で、この辺りに多く窯元が点在しています。

丹波焼とは (以下丹波焼 ガイドより抜粋)

丹波焼は、平安時代末期に発祥したとされ、生徒・常滑・信楽・備前・越前とともに日本六古窯の一つに数えられてます。桃山時代までは「穴窯」が使用されてましたが、1600年頃に「登り窯」が導入され、同時期に蹴りロクロが導入され、産地の発展を遂げました。

丹波の蹴りロクロは、日本でも珍しい左回転です。 当初は、壺や甕、すり鉢が主製品でしたが、江戸時代前期小堀遠州等の指導により、茶入・水指・茶碗などの茶器類に多くの名品を生み、後期には篠山藩の保護育成により、直作、一房、花遊などの名工が腕を競って、丹波焼の名を高めました。

窯が開かれてからおよそ800年、陶器ならではの温かみがある素朴な「生活用器」が焼き続けられてます。

立杭焼きと丹波焼

丹波焼と立杭焼きは同じ焼き物です。 正式には「丹波立杭焼き」です。 立杭は兵庫丹波の南西部に位置し、四斗谷川に沿う南北に長い渓流、西に和田寺山、東に虚空蔵山があります。

その谷間の集落、上立杭・下立杭を中心に約60軒の窯元があります。窯の大部分は西側の山の斜面の設けられています。 山の斜面にそった長い屋根が見えますが、これは窯元の登り窯を覆った屋根で、郷の中を歩くと、その歴史や陶芸の郷の雰囲気が満喫出来ます。

丹波焼の見どころとお勧めスポット 兵庫陶芸美術館

兵庫陶芸美術館 -土と語る森の中の美術館-:入場料 800円

丹波焼の展示はもちろんの事、特別展示も開催されています。 3月10日~5月27日は、「弥生の美」ー土器に宿る造形と意匠ーをテーマに、31点の重要文化財を含む160点が展示されてます。

約2400年~3000年前頃に、稲作が大陸から、九州北部に伝わり、それまで、狩猟や、採集をして自然と共生して来た人々の生活は、農耕を中心とした生活に変わります。 狩猟の人々は、縄文時代、そして縄文時代の末期に農耕が始まると、狩猟をしてきた人々は、徐々に日本の東や北に移動して行きます。

稲作とともに、青銅器や鉄器も伝わり、新たな道具の普及は農耕生活や社会構造にも影響を与え、もっとも身近な道具であった土器は、用途に合わせた多様なものが作られるようになったそうです。

確かに、写真でみる縄文土器とは全く違った形をしてます。(写真撮影不可で、見せることはできませんが、弥生の土器は薄くて、現代でも通用しそうなものが沢山あります。

パンフレットには、こんな土器が載ってます。右上の人面付つぼ型土器を除けば、私たちが陶芸教室で作っているような作品ばかりです。

弥生の時代には、轆轤ではありませんが、回転台があって、それで成型をしたり、削りをやっていたようです。右下は、赤の化粧土を塗ったもので、第二酸化鉄(弁柄)をこの時代から使っていたようです。

そして、土器の厚みは大変薄く、大物でも3mm位の厚みのものもあります。 これは、縄文時代は野焼きの為厚く。 弥生時代には、灰を被せて焼成をしていたようで、その為、均一に硬く焼成することが出来たようです。
丹波焼ギャラリー: こんな作品が見れます。 左上の作品は鎌倉時代後期の作品だそうです。 丹波の赤土で作られた温かみのある作品です。

丹波焼の見どころとお勧めスポット 立杭陶の郷(たちくいすえのさと)

この立杭陶の郷は丹波伝統工芸公園で、兵庫陶芸美術館より、車で数分のところにあります。 ですから、美術館を見てここを訪問そして、焼き物の郷を散策するようにすれば、良いでしょう。

施設内には、丹波焼の展示即売場の「窯元横丁」があり、50軒を超える窯元の作品が見れて購入が出来ます。

窯元横丁で販売されている陶器の内、私の好みのものを思いきり写真を撮って来ました。 京都の陶器やさんなどは、写真撮影させてくれないのに、ここは会計以外は、無人見たいなもので、好きなだけ手に取って見れて写真も自由です。

いっぺんに丹波焼のファンになってしまいました。


陶芸教室もあり、有料の陶芸体験ができます。 ファミリーや、友達のグループなどに最適かと。丹波の土で作陶をして、後は焼成をして送ってくれるようです。陶芸教室で見た、4人家族の陶芸の雰囲気。とっても素晴らしかった。 ご夫婦と、小さな男の子とそんなの子でしたが、とっても温かな家族の雰囲気でした。

きっと子供さんたちは健康にすくすく育ち、作った作品は一生の宝物になって、家族円満の宝物になるのではないかと勝手な想像をして帰って来ました。

その他、レストラン・研修室・テニスコート・バンガローなどが整っているようですから、宿泊をしてゆっくりするのも良いかと思います。

丹波焼の見どころとお勧めスポット 窯元路地歩き

ゆったりとした山里の雰囲気を味わったらいかがでしょうか? 丹波観光サイトにアクセスしていただければ、路地歩きなどの情報が沢山あります。この路地歩きでは、ルート②の中にある、立杭の最古の登り窯は是非見ておいてください。

三つのルートがあります。
ルート➀ 北の窯巡りコース 所要時間 約1時間 歩行距離 2km

ルート② 丹波の郷 窯元路地歩き 所要時間 約1.5時間 歩行距離 約2km

ルート➂ 丹波焼と里山自然コース

立杭最古の登り窯

皆さんは登り窯や穴窯は見られたことがありますか? 私は今回初めて見ました。それも沢山の登り窯があちこちに。 路地歩きの途中に立杭最古の登り窯があります。

日本日本遺産に認定された立杭最古の登り窯だそうです。明治28年に構築されて、長さは何と47mです。 兵庫県の文化財に指定されていて、平成27年に修復されたそうです。

年に一度くらい焼成に使われるようですが、窯焼きはさぞかし迫力があることでしょう。

陶芸愛好家の為に近場の観光スポット

最近は、窯元も少しずつ減っているようで、実際に稼働しているのは、50軒の弱の様です。陶芸の郷には、あちこちに陶芸教室の看板があります。 多くが家内工業みたいな感じですし、陶磁器などは、大量生産で沢山の廉価なものが売られてますので、陶芸だけで商売が成り立っているところは少ないのではないかと思います。

陶芸をやっている方には最高の場所です。 それにしても、素晴らしい作品の数々。 やはり、丹波の赤土と、穴窯や登り窯で焼成された作品はなんとも言いえない味があります。 いっぺんで、丹波焼のファンになってしまいました。やはり、土と焼成でしょう。

ちなみに丹波の土は赤土で、土の量に限りがあるために、一般には販売されていないようです。 その為、陶芸教室で土を5kg購入して来ました。 1000円と少し高いですが、立杭焼きを是非作ってみたいと思います。

大阪から、車で約1時間。電車では、JR福知山線の相野駅下車、神姫バスで10分だそうです。 毎年10月中旬の土日には、丹波焼陶芸祭りが開催されるそうですので、日帰りの訪問は如何でしょうか。 きっとあなたの陶芸への思いが更に深まる事間違いありません。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です