被せ型 蓋物と蓋の削り 色呉須絵付け 本焼き紹介


蓋物は作って楽しい作品。でも、難度的には少し難しいかも? 特に胴と蓋の部分の勘合が上手く行かないという事がないでしょうか。

被せて見たら、隙間が空いたり、水平に削れていなくてガタガタだったり、摘みが持ちにくかったりなど。

この記事では、蓋物の蓋の削り方の要点を紹介します。

蓋物作品 ギャラリー

今回は、こちらの作品です。蓋は上から被せるタイプにしてます。作品としては、一寸したキャンディーや菓子類を入れたりするタイプです。 そして、沢山の同じものを使うという事を想定して、少し、横方向には余裕を作ります。でも、数ミリずれたとしても、胴とのギャップが見えたらアウトです。

削りの道具 湿台

削りは、半乾燥でやります。通常の陶芸教室の輪カンナでの削りの硬さでは柔らか過ぎます。抑えても変形しない硬さが必要です。掻きベラでは削れない硬さです。ですから、鉄かんなや超硬カンナを使います。

  1. 削りは写真のような湿台を使いす。後は鉄カンナか、超硬カンナ
  2. 湿台は、蓋の下側の”気”の内側の直径にピッタリ合うものが理想です。少し、小さくても構いませんが、削りの作業中にずれる事があり、少し面倒です。
  3. 湿台は生で、作った後乾燥させただけです。素焼きですと、湿台そのものを削れないし、作品を傷める可能性もあります。
  4. 洗面器に水を半分程入れ、少し柔らかくして轆轤を回転させて、湿台を両手で持って、どべを出します。そして、ガーゼを敷いて、湿台を載せ、中心を出して固定します。
  5.  ガーゼなしでは湿台が取れなくなります。

気と縁の削り方

  • 湿台の上に載せ中心を出します。そして気を削ります。端から、1cm位の部分で、水挽の時に少し高めに作ってあります。余り高いと不格好ですから、好みの高さに。
  • 次は、気の外側を一皮削る感じで、仕上げます。その時、胴体との勘合具合を見ておきましょう。少し、左右に数ミリ動く位が適当です。
  • 次はつばを平坦に削ります。内側は削りません。この部分は、水挽のへらで形状も深さも出来上がっているはずです。
  • 削る時は、蓋の中心を指で押さえて固定することをお忘れなく

 

上部の削りと摘みの削り出し

  • 次は上部の削り。摘みの部分を残して削ります。この時、内部の形状をしっかり意識して削ります。縁の部分が削りの目安となりますので、しっかりと削り落とします。
  • 下の削りと比べて、作品が湿台にしっかり固定されてますので、比較的簡単ですが、摘みの部分を押さえて、ぶれないように固定しておきます。
  • 時々湿台から外して、厚みと重さを確認
  • 摘まみの削りで、カンナが引っ掛かると折れたり、穴が空いたりします。慎重に作業します。

最終の仕上げ

摘まみの削り出しが終わったら、胴に被せて勘合と重さの確認をします。最終は、ふわりとした感じが良いと思います。 少しでも重たいと感じたら、蓋の厚みを触感で確認して、均一に薄く削ります。 削りは基本は上部、重たいから削り過ぎて形が変わるのは避けたい。 最後の手段が内側の削りです。今度は内側の肉厚部分を、内側から削ります。 摘みの下は適当な厚みを残した方が穴を開ける心配がありません。
最終の判断は持って見て、軽いと感じたら、それ以上は削りません。
これで完了。 イッチン描きで、桜や紅葉の絵付けをしたり、飛びカンナの文様を付けたいのであれば、この削りの後でやります。

他の蓋物作品 桜の絵付け、色呉須での絵付け イッチン描き

こんな作品が出来ます。
是非、チャレンジしてください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です