角銘々皿 & 多用花鉢 染付作品ギャラリー


陶芸の醍醐味。”染付” 日本古来の絵付けの技法で、元々は、中国、韓国から渡来した技法ですね。 昔は、下絵付けで、綺麗に発色する色絵具がなかったので、この青い色の絵付けが主流だったんです。

でも、自然の良質の呉須の原料が手に入らない事。そして、化学技術の発達で、合成された呉須も沢山の種類があり、そして、色呉須も沢山の色が開発されてます。

今日の呉須は、古代呉須と言われるもので、自然の呉須の色を作ったものと思います。

左の写真は、今回の作品の下絵を描いたものです。 生地は磁器土、鋳込み成型のお皿です。 何となく色が悪いし、どんな色に仕上がるのか不安。。

角銘々皿 染め付け作品 本焼き

こんな感じで仕上がりました。 ギャラリー形式で表示してあります。

お皿が真っ白で、4辺の縁が波打った形になってますので、写真撮影時の照明が映り込んでしまいます。 実物は、気品の高い高級感のある銘々皿です。

如何でしょう。 磁器の真っ白な肌に、呉須が綺麗に発色しました。 写真をクリックすると個別に拡大表示されますので、拡大して見て下さい。

呉須の染付皿は、骨描き、濃いだみ、薄だみで描いてます。同じ呉須の濃淡で表現する技法です。

上の梅の絵付けは、古代呉須での骨描き(線描き)と色下絵具(色呉須)を併用しています。 色絵具は淡く、余りけばけばしくならないように着色してあります。 クリックしてください。

花形多用鉢 染付  本焼き

こちらが、花形多用鉢です。縁のところに切れ込みを入れて、花弁の形を作ります。
結構深い作品ですが、分かり難いですね。 最後の裏から撮影した写真を見て頂ければ大体の形状が掴めますね。
こちらの作品も、古代呉須を使いました。 少し、呉須の濃度にバラツキがあります。この点は改善しないといけないでしょう。 そして、最大の課題は轆轤線です。内側の轆轤線が二重になっているところもあります。 もう少し、真っ直ぐ、3周程引きたい。 手振れや力の入れ方で、面相筆の位置が変わってしまいます。


最後の裏側の写真の絵付けは菊水と言われます。 風流を好むに日本人らしい絵柄です。細い清流が蛇行して流れ、それに菊の花が流れたり、浮かんだりするイメージの絵柄です。

菊の替わりに、桜などを描いても良いですよ。

裏側の轆轤線は良く描けてます。 内側もこの程度描ければ、高級な品物になります。
たとへばスープ皿として使った場合、スープを飲み終える頃に椿の絵付けが見えて、ちょっとしたプラスアルファーな雰囲気が醸し出せたら最高。

作品形状とスタッキング

下の写真をご覧ください。 積み重ねた写真ですが、今回の作品はこれが出来ます。一年間陶芸スクールで技術を磨いて来ましが、究極の目的はこれでしょう。 単に積み重ねれると言うことではありません。
作った作品が全て同じ形状であり、同じ寸法に仕上がっていると言う事です。これは熟練された技術を持ったものが出来る技です。一品を綺麗に自分の思う形に仕上げるのは難しい技術ではありません。 これを重ねるとなると、全ての作業で均一な作品が出来ないと、積めません。

私が通うスクールでも、これが出来る人はほぼ皆無です。当然職人さんは出来ますけど。長期にこのスクールに通う人も沢山いますが、その先輩達の多くは共通して、”職人でもないのに同じ作品をつくる必要はない”見たいな事を云う人も多いです。

でも、その人たちを良く観察していると、やる必要がないではなく。出来ないと最初から諦めている人達が多いと思います。 正直、一年もやって来た私も出来ません。 でも、やろうと言う強い思いを持っていないと、この後、何十年たっても多分出来ないでしょう。

ちなみに今回の作品は型物なんですね。 轆轤を極めるか型作りを身に付けるしかない。


来期の目標課題はズバリ、これです。 磁器制作でこれを目指して行きます。