陶芸 ここが違うプロ絵付けの技 網目で鍛える染付


陶芸の楽しみで、是非やって見たい染付。 でも難しいと感じているあなた。絵心がないなんて言ってませんか。 でも、いい呉須と、道具があれば、後は練習でだれでもできるようになります。

道具と言っても、質の良い面相筆。言葉で、質を説明は難しいけど、陶芸の専門店の少し高めのものを選べば間違いないでしょう。

私がいつも買うのは京都の陶芸共同組合が販売している800円の面相筆。 プロの職人さんが使う道具です。

今日紹介する網目文様は”弘法さんも筆を選ぶ”で、骨書きが上手く描けないのは道具の性かも?

プロの網目絵付け

こちらは茶碗に現役の絵付け師が網目を染付したもの。 すごかないですか? 線の太さや網目の大きさが一定している。そして、網目の線の太さ、又、一本一本の線が生きていてのびやか。
職人さんは失敗作品だと言ってましたが、どこが失敗なんだろう。中央の放射線の線が3本ほど、少し濃くなっている部分かな?

職人さんの描き方

手回し轆轤と鉛筆を準備します。鉛筆は少し柔らかなものHB程度。 人によっては柔らかい鉛筆は油を含んでいるので、釉薬をはじくと言いますが、硬い鉛筆を使うと、硬い粉が残って、呉須で描くときの邪魔になります。
左の作品が描き始めですが、その前に、その外に描かれた鉛筆線が見えますか。轆轤線で描いたものと、縦に16分割した線が見えるでしょう。これが一つのポイント。
描き始めは、中央から、16分割に更に2本の線を入れて3等分。これで、48等分になりまね。


48等分になるとかなり細かくなりますので、12等分からスタートしても良いでしょう。それであれば、36等分。

最初の線は、直線、そして2段目は直線を閉じる感じで、三角形に。次は3段目。徐々に間隔が広がって行きます。この作品のように頂点から、直線で三角形の辺を描いて行ってもいいですが、間隔が広くなった5段目位からは少し丸味を付けても良いでしょう。

面相筆と言えども、連続で丸い線を描くのは非常に難しい技術です。特に筆の毛先が鋭角に曲がるものは特に熟練しないと難しい。

ですから、直線を繋ぐ形で描いて行きます。

網目の練習

上手くなるための秘訣。それは、沢山描いてみる事。描く度に何か新たな気付きがあります。兎に角描いてみる事。下の作品は、私の練習作品です。墨汁で紙の上で練習することも大事ですが、やはり、素焼きに描きたい。

少し、フラットなものが良いです。いきなり茶碗や湯呑は難しい。これは、蓋物の予備の蓋があったので、網の染付をやって見ました。

一番左が48分割。中央が36分割だったと思います。網目の線の太さや網目の大きさにバラツキがあります。 まだまだですね。(^^)

でも、そんなに簡単に上手くなったら面白くない。言い訳か。。この練習は、ごまかしも兼ねて、だみや、口縁部に他の文様を入れて絵付けの練習をしてます。中央のものは薄だみの練習。我ながら、濃さが均一で、筆跡がほとんど残ってません。

均一な染付のヒント 是非これだけは押さえておきたい。

昨日も、絵付師さんに指導を受けていたんですが、良い絵付けは、骨書きをしっかりすることがもっと大事だと言ってました。

骨書きが一定していれば、絵がしまってくる。だそうです。それに、少し、私の知識を加えれば、染付(骨書き)の成功の秘訣は以下の通りです。

  • いい呉須を使う。 ペースト状のものを使いましょう。私の窯元では呉須をボールミルにいれて一ヵ月連続で擦ってます。それほど、細かな質のいいものが必要です。
  • 骨書き用呉須 必ず、素焼き片で試し描きをします。下地が見えない事。下地が見えると白っぽくなります。そして、たっぷりと茶碗等に入れます。 高価なものですから、少し作りがちですが、これでは、筆に十分な呉須を含ませられないし、水分が蒸発して、濃く成ったり乾いてしまいます。
  • 筆のしごき方 たっぷりの呉須を筆でしっかりと下から攪拌します。そして、茶碗の縁で、しごいて余分な呉須を落とします。ここで大事な事。 しごきの回数ややり方を一定にします。そして、描く量も一定に。 例えば、網目であれば、線を10本描いたら、呉須を筆に付けるとか。 そうしないと、濃さに斑が出ます。
  • 筆の動かし方 筆の方向は、人によって好みが違います。上から下、左から右、右から左、左下から右上への斜め線など。自分の描きやすい書き方を見つけましょう。これに応じて作品を持つことです。 長い線を引くときは腕を動かし描きます。短い線であれば、指先でも描けますが、筆圧が変わらないように注意します。

練習作品の本焼き

こんな風に本焼きが上がりました。結構集中して描いたものですが、いい感じです。

この網目の技術がある程度マスターすれば、あなたの染付の技術が驚くような出来になるでしょう。
今回の本焼きでは、青海波のものも入れてますが、青海波の形が悪い事と、ダミの濃さが一定してません。これは、上に書いた注意点が自分自身で守られていないためですね。

即ち、青海波を幾つ描いたら、呉須を筆に付けると言うような事を決めずに描いているのが原因ですね。
青海波の形は円を半分描くようなものが描きやすいし、安定して見えます。

YouTube動画にも染付のヒントが沢山あります。時間があればアクセスしてください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です