陶芸鋳込み タンブラーの削り仕上げと装飾。染付絵付け 


タンブラーの鋳込みについて掲載して来ました。

鋳込みの技術はこんな簡単な形状で、一体型の石膏型であれば、泥漿の作り方を間違わなければ、そんなに難しくありません。
 鋳込みついて一点。 左の写真が鋳込みで作ったもの、鋳込みの作品も削りが必要です。内側は削る必要はありませんが、外側の石膏に触れている部分は軽く一皮剥く感じで削りをします。 磁器土ですから、硬めに乾燥した状態で超硬カンナで削り仕上げます。
高台周りなども仕上げてやります。 又、口縁も竹べらで余分な土を切り落としてますが、口当たりの部分ですので、削り仕上げをします。

タンブラーの装飾 染付

鋳込みの技術は何と言っても、同じ作品が沢山出来る事。 この作品は、本焼きの完了の状態で、150mm以上の大きさになりますので、これを轆轤で挽くのは轆轤の相当の技術がないと、この直線的な作品を作るのは難しいでしょう。 これが鋳込みの良さですね。 質の良い原形であれば質の良い作品がいくらでもできます。 でも、それで、終わりではありません。どう仕上げるか。 装飾、そして、釉掛けと言う次のステップが待ってます。

今度のものは、染付の仕上げをして見ました。 植物画と蝶の絵付け、そしてアクセント的に轆轤線を入れて見ました。

呉須を使った染め付けの方法については、私の別のビデオを見て貰って基本を理解して練習をしていただければ、だれでもある程度は描けるようになります。

上の写真の葉脈を見て下さい。まだまだプロの域には達しませんが、この線は面相筆で描いてます。ここまで、細く、ある程度揃った線が描けるようになれば、どんな絵でも描けます。

蝶を沢山描いてますが、所詮、線と線との組み合わせですから、集中力と根気があれば、この程度の絵付けは誰でも描けます。

絵付師さんから教わっている中でもっとも大事なことは、線の濃さを出来るだけ均一化させることだそうです。 薄い線描きや、濃淡に斑があると迫力のある絵付けにはなりません。

日本伝統の小紋 ”麻の葉”の絵付け YouTube

日本にはいろいろな伝統の文様があります。小紋と言います。 これらの文様は、着物などに多く用いられたものですが、陶芸にも多く使われてます。 例えば:

  • 七宝、りんず、麻の葉
  • 青海波、網目等
  • 動物 鶴、亀、鳥、馬、鹿、猪
  • そして、良く用いられる植物。桜、梅、紅葉、菊、松、竹等々

これらの文様の描き方はポイントを押さえれば、それほど難しくはありません。このタンブラーなどにこの様な絵を配することで、あなたの作品のレベルがぐっと高まります。

 これが麻の葉。基本的には、沢山の直線の組み合わせだけです。6本の直線の組み合わせですが、これだけの麻の葉を描くには相当の集中力と持続力が要求されます。

本焼きが仕上がると、線が抜けていることに気付いたりして、この作品も線が一本抜けてます。 さてどこでしょう? 探して見て下さい。今気づいたんですが、2本ですね。鉛筆での下書きをしてますので、鉛筆の線に惑わされて抜けが出ます。

この作品は小物の花瓶、又は置物として使います。三角と四角のたたらの組み合わせ、14面のマルチファイスと勝手に言ってますが、麻の葉の絵付けは、4面にしてます。

YouTubeのアクセスはこちらから


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です