陶芸 粘土遊びでフィーギャー作り


今日は陶芸らしい陶芸の紹介です。 陶芸らしいとは、粘土遊びの延長線みたいな作品で、最近、特に思うのですが、私たち窯元でも作品と陶芸教室は異質なものではないかと思います。

寒い冬の日、童心に返って、そしてご家族で、色々な動物などを粘土で作って見たら如何でしょう? 陶芸をやらない人でも、紙粘土などで作れます。 紙粘土の人は、アクリル絵の具などで着色をすればいいでしょう。

作品群 干支 その他

左の写真のように沢山のフィギャーを作って見ました。 以前から、十二支を全て作って見ようと思っていたんですが、長い休みで時間があるので作り始めたら、あっという間に20個ほどの作品が出来ました。

干支 ネズミ、牛、虎

上のゴルフボールと比較して見て頂ければ分かりますが、ほとんどの作品が小さな可愛い作品です。
正確な作品を作るより、自分のイメージに合った作品を、思い切ってディフォルメしても良いですね。

でも多くの方は、自分の想像では、なかなか特徴が掴みにくいと思います。 ですから、私の場合には、ネットでイラストや写真などを事前にチェックしておいて、それからディフォルメします。

龍、蛇、馬、羊


龍は、どうせ架空の動物ですので、細部にはこだわってません。 口に珠を咥えさせておけばそれなりに見えます。

蛇は余り気に入らないので、もう一作作ってます。 蛇は、余りリアルにすると気持ち悪いですから、結構難し。 着色でも大きく変わりますから、これでも良いかも知れません。

 申(猿)、犬、鳥、猪

申(さる)、犬、鳥、猪こちらのモチーフは面白い。 申が少し難しいけど。 結構特徴があるのにね。

犬は久々に作って見ました。 ”ゆうた”をさらにミニにした感じです。 鶏は結構あちこちで見る形で、着色すれば、いい作品になると思います。 小さな子供が、”ママ。 これ欲しい”って言うかもね。

最後の猪ですが、これは少しデカすぎた。 ので、小さなうり坊を2匹つくり、重ねちゃいました。

猫、フクロウ、蛇

こちらが、ついかの三点。 猫。 何故、12支には猫はいないのでしょう。 何かで解説を聞いた事がありますが、忘れちゃいました。 そして、余った粘土で作ったフクロウと思ったんですが、何やら分からないものになりました。

そして蛇。 やっぱり難しい。 とぐろを巻いている蛇を作って見ました。

ドレス姿の人形

そして、こちらが本日のハイライトのお人形さん。

顔を小さくしましたので、8頭身のスレンダーな女性のドレス姿です。

人間の作品は顔のインプレッションが難しい。目の線一本の入れ方で表情が変わるし、これで出来たと思い化粧土を目に入れただけで、表情が変わってしまった。 これだけ、小さな作品になると目鼻を入れるのは大変です。

でも左腕なんか、結構リアル感のある表現が出来たのではないかと思います。

体のほとんどの部分が衣服で覆われてますので、顔以外はそれほど難しくありません。

龍、猫、ネズミのフィギャー作り

 

昨日も作ったこのフィギャーですが、何となく気に入らないのでもう一回作りました。 と言うか、家に保管してあった粘土2kgが硬くなって、それを柔らかく戻して使ったんですが、作っても作ってもまだ粘土があるので、使い切ってしまうことにしました。

左の龍ですが、やり方は基本には同じ。 粘土を長い棒にして蛇みたいなくねくねした胴体を作る。 それから他の部品を加える。口はカットし広げ珠を加えさせる。 そして角、目玉を付けます。

今回の特徴は、翼と髭、そして脚の爪。 この辺りの作業は粘土が柔らかい時にやります。 例えば、翼ですが適当な粘土を丸めて、潰します。 イメージ的には、蝶々の羽。 この作業は全て指先で、羽先は1mm程度の薄さです。 そして、硬化する前に傷をつけて接着します。 この作業を硬くなってからでは無理です。

猫は、こんな万歳の形にしました。 この程度の作品であれば、空洞にする必要はありません。胴体と手足を同時に作り、形を整え、後は、頭を粘土をまとめて、貼り付けます。 鼻、目玉、口などは、粘土を貼り付けた方が簡単。

鶏つくり

この作品も酉年に作りました。 今回は米俵なしに、鶏だけで作ります。

この時問題はどこで作品を支えるかですが、細い鶏の脚だけでは無理がありますので、腹と尾っぽの部分で支える形にしました。

少し、羽や尾っぽの部分が大きすぎたかと思いますが、この方が迫力があるかな。。。

ところで、あちこちに白化粧土を塗ってますが、この部分は着色をしたい部分になります。 粘土は信楽の白ですが、並漉しですので、少し、粘土の質に心配がありますので、白化粧土を下地に塗っております。

七福神 大黒さん つくり

この作品も以前に作りましたので、覚えている方も居られるでしょう。 前回は、数日掛かかり、苦労して作った事を覚えてますが、今回は短時間で作れないかとチャレンジしました。

胴体は風船に。 粘土が少なくなって来ました。 薄く薄く風船を作った性で、少しふわふわして、後の作業がやり難い。 頭も風船で。

次が脚とお尻。 そして、形を見ながら組み立てて行きます。

そして、腕を付けて大体の形を取ります。ここで、全体を見て足りない部分は土を足し、多い部分は削ります。 これで全体は完了。

次は、顔の部分の部品を大まかに付けて行きます。 そして帽子。

衣服は気にしなくて、裸像をつくる感じ。 そして全体が出来上がったら、粘土を数ミリに指で伸ばし、衣服を貼り付けて行きます。

全体は必要ないです。 例えば、上着であれば、裾をつけて、衣服の皺も粘土紐で着けてならせば、服を着ているように見えます。 後は襟とか、ズボンのすそ、腰ひもとか。

そして大黒様の袋。 この中に沢山の小判が入っているそううです。 だから少し大きく。 この時点で粘土がほとんどゼロで、完全消化。 でも、袋が少し小さい。 そこで打ちでの小槌を潰して(少し小さかった)、大きい袋を風船で

打ちでの小槌は、以前の大黒様で予備を作っておいたものを使います。 明日作っても良いですけどね。

これで完成。 少し細身の大黒様になったけど。 もう少し、大きなおなかにした方が迫力があったかな?

このままラップに包んで、乾燥を抑えて、明日お腹の土盛りと打ち出の小槌をつくることにしましょう。 乾燥が進んでいるようであれば、霧吹きをしてラップで包みます。

抑えておきたい作陶のやり方・キーポイント

これらの作品は2日間位で、作りました。 大きな干支の部品は中を空洞にし、針で空気穴を開けてます。 空洞の球を作るのは、結構苦手な人がいますが次の要領でやれば簡単。
1.適当な粘土を両手で丸める。
2.指で真ん中に穴を開ける。
3.指で挟み、締めながらながら、壁を薄く、伸ばして行く。
4.伸ばして行くとき、両手で締めながら横に広がって行く土を寄せる。丁度あんこ餅を包む感じ。
5.4の作業が難しければ、ティッシュを丸めて包めば簡単。 後は、両手ひらで丸める。
6.後は、出ている部分などは、粘土を貼り付けて行きます。そして、乾燥⇒素焼き⇒下絵付け⇒本焼き 色呉須や、下絵具などの着色は、その作品に応じた着色をします。 余り、濃い化粧にならない方がいい作品になります。 赤の粘土などを使い着色の予定がある場合は、白化粧土を塗っておきます。 この方が鮮やかな発色になります。

私の場合は、全て信楽の白粘土を使ってます。 この方が作業がし易いからです。赤は、着色する作品には向きません。
陶芸はやらない方は、ラドールなどの彫塑粘土を使うのもいいかも。 制作が完了して放置しておけば、硬化します。 家族の宝として、メモリーとして長期保存が可能です。


馬上カップの製作と染付


馬上カップを作って見ました。 作陶は電動轆轤で、脚の部分は削り出し。
製作の手順は:

  • 作 図: 自分のイメージする作品を方眼紙に描きます。そして、焼成での収縮率考慮した作陶図を作成。 土により、収縮率が違いますが、この場合は縦方向15% 横方向を17%として計算します。 この作図は、次の道具を作る元資料になるだけではなく。作陶時の形状を決めます。
  • 道具の製作: トンボ、だんご、へらを図面に合わせ作ります。
    作 陶: 電動轆轤で作りますが、道具を使い同じものを作ります。そして、大事なことは脚の部分の高さを間違わない様に作ります。
  • 削 り: 削りは湿台を使い、カップを伏せた状態で削りの作業をします。手順は、①底の
    高さを削る。②高台を削る。③脚を削る ④ カップの削り仕上げ ⑤高台内の仕上げ。全ての削りは、湿台に載せてやります。

こちらは、ミニ馬上カップの素焼き品です。こちら粘土は信楽の白。

この作陶も通常の馬上カップと変わりませんが、道具は作品に合わせて作ります。 道具なしでは、同じ形状のものを作るのは非常に難しくなります。こちらの作品は、通常の馬上カップとミニ馬上カップです。 ミニ馬上カップは、ゆで卵のエッグホルダーとしても使えます。

通常の大きさの馬上カップは磁器土。真っ白な地肌に染付が映えます。

ミニカップの陶土の方は同じ絵付けでも、少し温かみがある感じで、どちらかが良いかは、好みと言わざるを得ません。

こちらが、ミニ馬上カップのギャラリー。このカップを作った理由は、大量の同じ作品をつくる練習と、そして、いろいろな呉須の色見本として、染付をやってます。 今回使った呉須は、京呉須、筋呉須、瑠璃呉須、唐呉須などその発色のテストも兼ねてます。

下絵具 色呉須 色見サンプル

呉須でも、最近は多彩なものが売られています。下のお銚子のギャラリーみたいな絵付けも面白いです。

呉須を薄く溶き、水彩画の感覚で絵付けをすれば、これ位の発色はします。


陶芸が上手くなるための自作道具


陶芸を愛する皆さん、楽しい生活を送られていることと思います。 陶芸の面白味は造形の面白さだけではなく、実生活で自分の作品が使えるし、お友達に差し上げたり。

でも、陶芸って幅が広いし、人に差し上げる為には同じものをセットで作ったり、喜んで貰うためには作品のレベルを上げて行く必要があります。 それは、少しレベルアップの陶芸なんです。 今日は、あなたの陶芸のレベルを少しアップ出来る自前の道具を紹介しますね。
こちらは、私のブログに良く出て来る湿台(しったと呼びます)です。これは電動ろくろを使う人には必須のアイテム。

手回し轆轤の紐作りでも使えるようになれば、かなりレベルの高い作品になります。 主には削りの為に使いますが、湿台は特に大量の同じものをつくるのに有効です。

この湿台は、左が大型の鶴首の花瓶用、右がずん胴のビアマグように作ったものです。 これらの大きな作品を軽量に自分の意図するフォルムに仕上げるためには絶対必要です。

土は、けずりカスやリサイクルした質の悪い粘土を使います。こちらの方が折角の資源を無駄にすることがありません。

こちらは2種類の測りです。 ワイヤー製のハンガーなどを切って曲げて作ります。 左が高台測り、高台の半径をこれで決めて同じ作品を作ります。片方を中心にそして片方で、高台の外周を描きます。 この線を基準に高台を削ります。
そして、右は胴ばかり。花瓶などの胴の大きさをこれで測り、大きさをチェックします。 こちらが”三種の神器”。 これは私が勝手にそのように呼んでいるだけなんですが、京都の清水焼の窯元で使われている道具です。
こちらは、エッグベーカー用のもので、左は皆さん良くご存じの”トンボ”です。トンボは作品の高さと横幅を決めます。 作陶時にこれで測っておなじものを作ります。 トンボを使って測り易いように上には竹べらを付けてトンボを吊るした形で使います。右側のトンボは蓋用、左が本体用です。

右の二つの木製の小手が、だんごとへらです。 だんごで作品の内部の形を決め、そしてへらで最終の形とどべなどを取り仕上げます。

へらには、斜めに刃が付けられており、だんごよりも数ミリ大きく作られてます。

トンボは竹を加工して切り出しナイフなどで加工して使います。 だんごとへらは、1cm位の厚みの木材の平板に図案を写して、鋸で切り、最終はやすりで仕上げます。

これらの道具をつくる為には、方眼紙に実寸大の図面を描きます。そして形が決まったら、土の収縮率を掛けて、作陶の寸法を出します。例えば、横であれば、10~20%、縦方向であれば、15~17%など、収縮率が分からなければ、メーカーに問い合わせたら教えてくれると思います。

私も以前は、適当に作品と形、大きさを頭で考え、作陶をしてましたが、終わってみると当初とは全く違った作品にほとんどなってました。 言い方は悪いですが、この場当り的なやり方ではいつまでも上手く行かないし、技術アップは難しいと思います。

是非チャレンジして見て下さい。


マルチフェイス(多面)花瓶の制作


今日は月一度の楽寿荘での陶芸教室の日です。 この陶芸教室の費用は3000円で、好みの粘土1kgで先生の月毎のテーマか、自分の好きな作品をつくることも出来ます。

ま~、自由作品をつくる教室で、この費用に全ての費用が含まれています。 粘土、焼成、釉薬などの費用全て。

今月のテーマは土鍋で、耐熱用の土が準備されていました。私は紐作りの丸い作品は余り好みでないので、最近はもっぱらたたら作りの作品をつくります。 土鍋は土を購入して自宅でエッグベーカーをつくる予定です。

その替わりに、以前につくった14面花器をつくりたいと思います。

これが以前の作品で素焼きまでは完了してますが、これをどのように仕上げるか迷っていて、取り敢えず自宅に保存してあります。

各面の接合部の角がシャープで、洗練された仕上がりです。 この良さを生かすにはどうしたらいいか?

この花瓶はこのような形でも使えます。 首の部分を除けば14面になり、私は勝手に14面花器と言ってます。

作陶の方法はたたら作りで、15個の部品をどべで貼り合わせてつくります。

そして、こちらが本日の作品です。 この作品の特徴は、全てのパーツが5mmのたたらで作られてます。

3枚の長方形を貼り合わせて三角形にしてます。作品としては、一応18面。

そしてたたらには、レースを押し当てて、その文様が出てます。

粘土は信楽の白ですが、今のところ半乾きで色は黒くなってますが、数日で真っ白に乾燥します。

ちょっと、この横置きは首が長くて、余り良くないかも知れませんが、この様な形でも使えます。 上の3角形の板は、取り外せるようにしてますので、取り外して、一輪挿しにも使えるようになってます。

レース文様をつけるだけで、ちょっとエクセントリックな中近東の置物のような雰囲気があります。 もっとも乾いて、施釉をすればイメージはごろっと変わる可能性もあります。

レースの文様をくっきりと出すためには、織部や飴釉などを使った方が文様がくっきりと浮かび上がり綺麗な仕上がりになるのではと思います。 心配は接合部の剥離ですが、たたら板で全ての角を叩き締めしてますので、大丈夫と思います。

この作品の成功のカギは、如何に角をシャープに仕上げるかです。其の意味では、冒頭の作品はほぼ完ぺきな出来ではないかと思います。数を重ねる内に、質が徐々にアップして来ているように思います。

完成したら、このブログに掲載します。


ノーマン陶芸放浪記 丸花瓶朝顔の染付&下絵具着色


今日は、テレビの番組でRizapのCEOが登場してました。あの「結果にコミットする」と言ううたい文句で急成長しているダイエットの企業です。 と思っている人も多いと思うのですが、ダイエットだけではなく、ゴルフ、ホーム雑貨などなど、多くの会社を買収して急成長をしています。

この会社の創立者は40歳で、24歳の時に健康関連の会社を立ち上げたそうです。その時ははライザップの企業名は使っていなかったそうですが。。共通の経営スローガンは、「結果にコミットする」だそうなんですが、経営の業績の悪い企業を買収して、それを短期間に黒字化しているそうです。

その経営手段は優秀な人材を社外から、リクルートして経営を任せるそうです。 もとユニクロの情報管理の責任者を情報管理に、又、元、倒産会社を数年で黒字会社にしたCEOなど、自分より年上の優秀な人材も次々に登用してます。年間20名位の人材を社外から、社長自身がリクルートして、そして、その人に経営を任せる。

ライザップの宣伝も上手いですね。 次々に有名な人を宣伝に採用して、その結果をテレビで連日に流して、強烈なアピールをやってます。 「ライザップって一体いくらかかるの?」と思う人も多いと思うのですが、ダイエットで、3ヵ月で40万円、ゴルフ2ヵ月で30万だそうです。 ワオ~。 高け~と思う人も多いでしょう。 でも、これって「3ヵ月で結果が出なければ、全額返金」だそうです。 もちろん、いろいろな付帯条件が付けられていると思いますが。

この金額が安いと思うのか、高いと言うのかはその人の価値判断ですが、テレビに出て来る有名人の結果を見ていると、安いのではないかと思います。

なるほど、「結果にコミットする」か。 これって大事ですよね。 結果目標と期間を設定して、何時までに、何をやるのか。 そして、それを達成するためには何をなすべきかを明確にする。 そして、いろいろなその道の専門家の意見や教えを「素直に聴く」。

ノーマン陶芸放浪にも、ある程度の目標は設定していますが、これほど明確に目標は持ったことがありません。 例えば、染付が上手くなりたいと言う目標を持っても。 いつまでにとか、何を持って上手くなったと言えるのかなどの目標が明確ではありません。

もう一度、自分の陶芸を見直したいと思います。 例えば、「来年の枚方工芸展に、染付作品を出展する」。これって具体的ですよね。 上手くなりたい、でも、その結果の判定は究極は、第三者が見てどう思うかですから。 それには好みの問題はありますが、人に見せれる作品との自信が持てるようになれば、それで立派な結果にコミットすると言う事かも知れません。

又は、マイカルで染付作品を売ってみるでも良いかと思います。 これは更にハードルが高くなりますね。

染付作品への挑戦は続いています。 今日は、大き目の丸花瓶の染付です。 猛暑の夏に似合った絵と言えば、やはり、夏の花「朝顔」。と言うことで、ネットでいろいろと検索して見て写真やイラストを印刷して、そこから、自分なりの絵柄を作りました。 今回は「朝顔と金魚」とテーマに選びました。

下書きはHBの鉛筆で。 本によっては、下書きはH3などの硬めの鉛筆がいいと書いてあります。 その理由は油の含有が少ないからだそうです。 でも、絵付けの職人さんはHBが良いと言います。 取り敢えず、HBで書いて、描き終わったらはたきで余分な鉛筆や粉をはたきで掃います。

そして骨書き。絵付けの命はやはり、骨書き。一つ一つの線を大事に、且つ、大胆に勢いよく書いていきます。 今回は、線を細く描くのが難しかったですね。 呉須の濃さの問題かと思い色々と調整して見ましたが上手く行きません。
もしかしたら、巻軸(面相筆)がすり減ったり、抜けたりして寿命が来ているのかも知れません。 この寿命の判断を絵付師に確認したいと思います。
話は変わります。こちらはプロの絵付師さんがコーヒーカップに下絵具で着色したもので、桜の花の絵付けで、花びら一枚一枚、そしてしべが細かな、イッチンのラインで描かれています。 最初見た時は上絵付かなと思いましたが、下絵付けなんです。 これビックらポン!! 下絵具でここまで繊細な色の表現が出来るんだ。 私たち陶芸教室のレベルの人間は、下絵付け絵具は兎に角、塗りたくるもんだと思ってます。 桜の花は、淡いピンクの色がグラデーションで描かれてます。

窯元が使う絵具ですので、質も価格も高級なものなんでしょうけど。 来週、これを購入してこようと思います。 一色、10グラムで300円程。

今回は新たな事にチャレンジして見ます。 綺麗な呉須での染付が終わった作品に、敢えて、下絵具で軽く着色して見ました。 上の職人さん風に。と思ったんですが、私の安物の液体下絵具では、結構難しくて、写真のようになりました。 金魚と蕾は、赤と白を混色してピンクを作って着色です。 それ以前に呉須の染付に、色を入れると言うのはどうなのかと思いますが、テストです。

ところで、だみですが、今回の葉っぱのだみは濃さを強くしてあります。 この球面へのだみは非常に難しいですね。 球面のカーブが大きいのと、朝顔の葉っぱを大きく書いてますので、呉須もだみ筆にたっぷり含ませてますので、量が多過ぎると流れてしまいます。少なすぎても、呉須が広がってくれません。

洪水を3回起こして、カンナで削る羽目になりました。でも、これ位仕上がれば、何とかなると思います。 斑が余りでない事を祈るばかりです。