ゴールデンウィーク最大のイベント 高槻ジャズストリート 国内外から述べ4000人のミュージシャンが60か所の会場で演奏。入場料無償。昭和のジャズ界の大御所達と、特別ゲスト北村栄治、阿川泰子、宝田明超豪華顔ぶれ 


2016年高槻ジャズ・ストリート

高槻ジャズストリートが、国内外からの述べ4000人以上のミュージシャンの参加のもと、JR高槻、阪急高槻周辺の60会場で開催されました。今年で、18回目の開催ですが、全ての会場が、入場無料です。毎年、ゴールデンウィークの2日間の開催で、今年は、5月3日、4日と開催されました。

プロ、セミプロ、アマチュアのミュージシャンが、Jazz, Pops, Blues Funk, Fusion, Rock等など、ビッグバンド、トリオ、カルテット、クインテット等の多様なグループの生演奏です。 そして、このイベントはプロの招待ミュージシャンの演奏が聴けます。 うれしい事に全て無料です。

今年のハイライトは何といっても、JATGジャパンオールスターズの演奏です。その他、韓国の歌姫『ウン・サン』、中本真理、大西順子、そして、日本のジャズ界をリードする、矢野沙織カルテット、西山瞳トリオ、特別出演で大杉漣バンドなどでした。

“ゴールデンウィーク最大のイベント 高槻ジャズストリート 国内外から述べ4000人のミュージシャンが60か所の会場で演奏。入場料無償。昭和のジャズ界の大御所達と、特別ゲスト北村栄治、阿川泰子、宝田明超豪華顔ぶれ ” の続きを読む


ゴルフ日記 どんなゴルファーになりたい。ルールーを知り、マナーの良い品位のあるゴルファーへ


ゴルフは人との出会い

長い間ゴルフをやっていると、色々なゴルファーに出会います。
ゴルフは、その人の人間文様を映し出します。ゴルフのスウィングも、そして様々な事件に出くわいます。

出会いたくないゴルファー

ゴルフの競技会などに出ていると、とんでもない人がいます。出来れば自分はそうありたくない。絶対になりたくない方々、二度と回りたくない人。。。こんな人って嫌です。。

“ゴルフ日記 どんなゴルファーになりたい。ルールーを知り、マナーの良い品位のあるゴルファーへ” の続きを読む


ゴルフ日記 ゴルフスウィングの矯正方法と正しい肩の回転


365日、今日もゴルフDAY

365日晴耕雨読の日々が続く中、ゴルフはその中心です。お天気が良ければ、毎日、高槻市のメンバーになっているゴルフコースで、早朝ゴルフのハーフのラウンドか、ドライビングレンジでスウィングの練習、練習グリーンが開いていればいれば、パットの練習。 アプローチの練習場はありませんが、そこらへんの空き地の芝生から、10ヤード位のアプローチの練習など、その繰り返しです。

これで、ゴルフが上手くならないわけはないのですが、そうは上手くいかないのがゴルフですね。沢山の私見たいな常連さんが毎日来ます。皆同じような年代で、同じように練習をしているのですが、その技術の差は歴然で、いくら練習しても余り変わらない人がほとんどではないかと思います。
“ゴルフ日記 ゴルフスウィングの矯正方法と正しい肩の回転” の続きを読む


60代のシニアギタリスト 一年で出来るギター入門 Part II


ギターの弾き方Part II

シニアギターリストPart Iに引き続き、ギター演奏の為のヒントを説明します。Part I で、チューナー、TAB譜等説明をしましたが、もうすでに入手されましたか? ギターがあって、チューナーがあり、タブ譜があれば、ある程度弾けるのでないでしょうか? 初心者(私もそうですが)がギターを始めるに当たって、直面する問題はクリア出来ているのではないかと思います。

ギター教室

何事もそうですが、やはり、プロに習った方が良いと思います。私の場合はヤマハの音楽教室ですが、他にも教室にも沢山あります。どの教室も、体験できますので予約を取って、まずは行ってみることでしょう。
“60代のシニアギタリスト 一年で出来るギター入門 Part II” の続きを読む


60代のシニアギタリスト 一年で出来るギター入門 PartI


ギターライフからの逃避と挫折

世の中にギターを持っている人は沢山いますね。 特に、私の年代になると、ギターを買って弾いては挫折。 又、ひっぱりだして挫折。この繰り返しをしてませんか? 私もそうで、買っては捨て、又、買ってお蔵入り。 又、やって挫折。

60代になった今、もう一度チャレンジすべきです。 現役時代になくて、定年後にあるものはなんでしょう。 それは、有り余る自分の時間です。それと、最近はギター演奏の為の便利な道具が沢山あります。
それでは、私の2年弱の経験を生かしたギター演奏のノーハウをお伝えします。
“60代のシニアギタリスト 一年で出来るギター入門 PartI” の続きを読む