南アフリカ ズールーランド・ズールーダンス


ズールーランド ズールーダンス

ダーバンから外れてアフリカらしい話題に、アフリカの最大の部族のZuluについて書きます。
前回のブログのように、ダーバンの新国際空港はキング・シャカ国際空港と言います。 キングシャカはZulu族の偉大なる王様だけではなく、黒人の英雄と言うことです。
CIMG2040

1816年にシャカはズール一族の王位につきます。 その後、軍隊を強化し、投げるだけだった長槍の柄を切り、手に持って戦える短槍を作り出し、これで、部族の勢力分布を大きく変えて、周辺の部族を次々に制圧し、ナタールを征服。1824年にイギリス人から鉄砲を入手。

その後も、圧倒的な軍事力で勢力を拡大、インド洋沿岸一帯を支配。1827年に暗殺される。 日本でいえば、織田信長や、豊臣秀吉か徳川家康のような人
でしょうか?19世紀末にはズール王国は消滅。

未だに固有の伝統文化と数々の野生動物が生息する自然景観に富んだもっとも南アフリカらしい地域として、観光客の人気の高いエリアです。
“南アフリカ ズールーランド・ズールーダンス” の続きを読む


南アフリカ旅行 複合世界遺産 ドラケンスバーグ


南アフリカ旅行もいよいよ佳境に入ってきました。

世界遺産 『ドラケンスバーグ』

Drakensberg
Drakensberg

IMG_8545
今回は、3000m級の山々と断崖、深い谷が連なるドラケンスバーグです。 ドラケンスバーグはアフリカーンスで『Dragon=竜』、ズール語で、『槍の壁』を意味するように、景観から竜、自然の城壁とも言える勇壮な姿は見る者を圧倒します。

レソト(Lesotho)と言う国があるのを初めて知りました。 南アフリカの東中央部位にある国でレソト王国と言います。本当に、南アフリカの中にあって周りがすべて南アフリカの国境です。総面積3万キロ平方メートルで日本の13分の1程度の国です。 ソト族が99%との事。
“南アフリカ旅行 複合世界遺産 ドラケンスバーグ” の続きを読む


南アフリカ サファリー シュルシュルウエ・ウンフォロジー公園(世界遺産)


ズールーランド 南アフリカ最大の部族ズールー

南アフリカには、鳥獣類の保護地区が沢山あります。 英語ではGame Reserveと言います、自然保護区で今回はズールランドにあるサファリーです。

ズールーランド

ズールランドですが、かつてキング・シャカが築いた強大な軍事王国のズール族の暮らす土地です。ズールランドは、南アフリカ北東岸のインド洋に面した一帯で、北にモザンピークとスワージーランドとの国境から、南はトゥゲラリバー、西はベラヘイドまでの広大な地域です。 簡単に言えばダーバンから北部の国境までの広大な地域で、地図を見るだけでも、ズールランドに6か所位の動物保護区、自然保護区、国立公園などがあります。
“南アフリカ サファリー シュルシュルウエ・ウンフォロジー公園(世界遺産)” の続きを読む


南アフリカ 世界遺産:セントルシア湿地公園 カバ、ワニなどの保護地域


イシマンガリソ湿地公園・セントルーシア

iSimangaliso Wetland Park(イシマンガリソ湿地公園)

アフリカで、最初に世界遺産に認定された地域です(もしかしたら、アフリカで最初?)正式な名称はiSimangaliso Wetland Park(イシマンガリソ湿地公園)と言い、以前はセントルシア Wetlandと言われていたそうです。IMG_8493

KwaZulu-Natal(クワズール)の東海岸沿い、ダーバンから北方275kmにあります。南アフリカで、3番目に大きい保護地域です。 海岸線に沿い280kmに広がり、モザンビークの国境まで伸びます。
“南アフリカ 世界遺産:セントルシア湿地公園 カバ、ワニなどの保護地域” の続きを読む


南アフリカ旅行 ダーバン


南アフリカの旅行 今回はダーバンです。

ダーバン

ダーバンは、南アフリカでヨハネスブルグ、ケープタウンに次ぐ3番目の都市です。 又、ダーバン港(ナタール港)はアフリカ最大の港町、世界でも9番目。

キング・シャカ空港・移動

空港は、キング・シャカ国際空港と言います。 この空港はダーバン市街地から、北35kmのところにあります。
“南アフリカ旅行 ダーバン” の続きを読む