生活に潤いをもたらす陶芸作品! たたらで作る二重竹籠風花入の制作


竹を編んで作ったような、こんな作品の制作は如何でしょう。

たたら作りですので、 粘土、針、たたら板(5~7mm厚)、カッターナイフ等の少ない道具で出来ます。


手持ちの花瓶をこの中に入れるで、生活空間が明るくなって潤いが。奥様やガールフレンドへのプレゼントにもピッタリの作品と思います。

綺麗な花が活けられると感動ものです。

二重竹籠の作り方

    1. たたら作りの方が後からの穴あけ加工がやりやすいので、2.0kg位の粘土を7mmのたたら粘土にします。粘土は使う釉薬で決まます。 今回信楽:赤
    2. 事前に下の図面を印刷して、大きさを決めておきます。
    3. たたら粘土を、暫く置き少し乾かします。 そして型紙をあててカット。 ここがポイント: 継ぎ目は竹籠の斜めのラインで接着します。
    4. 型紙のラインに合わせて、ルレットで竹編みの線を入れます。 まだ刳り貫きません。
    5. 丸い底板に載せて、針で傷をつけて、どべを付けてしっかり接着。
    6. 暫く乾燥させて、先ほどのルレットで描いた線に沿って、デザイナーナイフなどで、穴をカットします。

    YouTube動画 陶芸二重作り花かご

    こちらのYouTube動画 ”陶芸二重作り花かご”は一千回の再生回数を突破しました。サムネールの写真は本焼きのものに変更してあります

    二重竹籠花入本焼きとフラワーアレンジ

    花瓶に活けた花もいいのですが、この竹籠に入れただけで、高級感がぐっとアップします。

    この陶芸の竹かご目立ちませんが、花入ですので、目立たせたいのは花で、花器は、私のように控えめで目立たない方がいいですね。

  • 釉薬は黒天目にそば釉の二重かけ、二重掛けにより、そば釉の金色の点々が出て綺麗です。
  • そして内側の花瓶は以前に作った花瓶です。 このように内側の器は作っても作らなくても全然問題ないですね。
    今日の主役をアップするとこんな感じです。制作のポイントはYouTubeに載せてますが、

    竹籠の図面

    ここでパソコン画面から、図面をコピーする裏技を。 この方法を知っていれば、いろんな情報が入手できます。例えば、陶芸の図面かと、楽譜とか。 法に抵触しない範囲で。

    1. パソコンの ”Prt SC”機能を使う⇒パソコンのキーボード配列の一番上の列にあります。
    2. Shiftを押しながら、Prt SCボタンを押します。
    3. これで、画面に表示されているものが全てコピーされます。
    4. そして、NotePadやWordなどに貼り付けます。
    5. そして印刷。

    これだけです。

    慣れれば、簡単なんですが、それでも難しい方にはこちらをどうぞ。 JPGですから、写真を印刷する要領で。

    この図面をつくる一定の法則を理解すれば、編み籠の高さが変わっても大丈夫です。 でも、文章では説明し難いので、 図面をコピーして適当な大きさに拡大して使って下さい。

  • ロジックのヒントは図面上に書いてあります。 印刷して、紙を自分のイメージするものに加工してください。 加工は、コピー機の倍率を変えて、後は切り貼りです。是非、作って下さい。 Good Luck!

メディカス |間違ったスイングをすると折れ曲がるクラブ! 正しいスイングが分かる!


(以下の記事は、並行輸入をしている業者のウェブサイトからの流用)

メディカスのゴルフクラブは実際にゴルフ場でボールを打つことが出来る唯一(?)の練習器具

・9つのブレークポイントがあります。
・すぐに欠点が分かります。
・スライスとフックをなくします。
・スムーズなテンポになります。
・正しいスイングに修正してくれます。

ヒンジ部分の上下2ヶ所を付属のレンチで緩めたり、締めたりすることが出来ます。

■スイングミスの原因を見つけましょう
クラブが折れて曲がったらミススイングの証です。
スイング時の折れ曲がったポイント別に様々なミスの要因が考えられます。
ミス要因を突き止めて、クラブが折れないような理想のスイングを身に着けましょう。
■ヒンジ(つがい)部分を調整可能
ご利用の前に、付属のレンチで上下2か所のヒンジの「きつめor柔らかめ」を調整できます。「クラブを地面と平行にした時にすぐ折れる程度」「クラブを地面と平行にした時に少し揺らすと折れる程度」を目安に調整するのがおすすめ。

■折れ曲がったポイント別のミス要因
(1)テークバック(引き始め時)
・テークバックの速度が速すぎる
・クラブをまっすぐ後ろに引きすぎている(理想は少しインサイドに)
(2)テークバック(クラブを上げる時)
・肘が体から離れすぎている
・手を返しすぎている
・正しいスイングプレーンから外れてしまっている
(3)スイングトップ
・正しいスイングプレーンから外れてしまっている
・前腕(右利きの場合左腕)がまっすぐ伸びていない
・バックスイングが大きすぎる、または高すぎる
(4)ダウンスイング
・正しいスイングプレーンから外れてしまっている
・肘が体から離れすぎている
・前腕(右利きの場合左腕)がまっすぐ伸びていない
(5)ダウンスイング
・リストを返しすぎ、またはクラブを走らせすぎ
・クラブが浅めに入っている(カット気味)
・正しいスイングプレーンから外れてしまっている
(6)インパクト直前
・前腕(右利きの場合左腕)が曲がっている
・リストを返しすぎ
・肘が固定されていない
(7)インパクト
・前足への体重移動が足りない
・頭または肩が沈んでいる
・バランスを崩している
・スイングが軌道からずれている
(8)フォロースルー
・手首を返しすぎ
・手首の返しが足りない
・肘を早くたたみすぎ
・バランスを崩している
(9)フィニッシュ
・バランスを崩している
・手首および腕を返しすぎている、または返しが足りない

元のページへ戻る