ノーマン陶芸放浪記 染付 ”だみ”の技法 市松文様練習


このブログでは初めてですが、今年から、通い始めた”京都陶芸スクール”の記事を書きます。 今までの陶芸教室のレベルから、更に高みを目指したいと言うことで、京都の清水焼の窯元が主催するこの教室に4月から通学を始めました。

と言うことで、”ピカピカ”の一年生。 私の課題である染付の”だみ”の練習について紹介します。この陶芸スクールの最大の特徴は、現役の職人さん達が教えてくれることです。 絵付けは、絵付け師の現役のプロが個人指導をしてくれます。

陶芸教室では、絵付けを出来る先生は少ないし、少なくともプロの絵付師のレベルの染付を出来る人は皆無ではないかと思います。

絵付けの基本道具

基本的な道具をもう一度見ておきましょう。

呉須、筆(面相筆、付き立て、だみ筆)、そして、鉄の剣先(修正用)、呉須3種の入れ物(骨書き、濃いだみ、薄だみ)、手回し轆轤

だいたいこれだけの道具があれば絵付けが出来ます。 だみでもっとも大事なのは、だみ筆と言われる上の写真の右の太い筆です。 これでも、”中”のサイズです。 価格は非常に高くて、約4000円程。 本気で絵付けをやるのであれば、是非、投資をしたい道具です。

呉須の種類と濃度 (素焼き片の活用)

左のような素焼き片を準備しておきます。 出来れば、焼成サンプルを作っておいた方がいいのですが、呉須の濃度の調整の為には絶対に必要です。呉須は、骨書き用と言って線を引く濃さの呉須が必要です。呉須をお茶や水で薄めてやって、描いて見て、筆先が素焼きの肌に触れた時、引っかからず、スムーズに線が描け、少し、盛り上がる濃さを探します。

呉須の線の下地の色が見えるようでは薄過ぎます。

そしてだみ用の呉須ですが、濃いだみと薄だみを準備します。 骨書き用の呉須をさらに薄めて、2種類のだみを作ります。 テストピースに骨書きをして、その上を濃いだみで線をひけば、下に骨書きの線が見える程度の濃さと、さらにそれを薄めた薄だみの呉須を準備します。 この濃さは好みですから、いろんな濃さで描いて見て下さい。

だみの練習 図形 ”市松文様”

これは6寸ざらです。 練習と言ってもこのような作品を準備します。 素焼きの平板では、カーブが無いために実践的ではありません。

このお皿に分割線を鉛筆で引きます。丸は手回し轆轤に載せて引きます。縦の分割線は、厚目の紙に分度器で、適当に分度器で分割線を引きます。 このお皿の写真をフラットにした感じです。これは16分割されてます。

鉛筆で下書きしたら、はたきで鉛筆の粉を取ります。 粉が邪魔になって絵付けが上手く行かない要因となります。

線描き 轆轤線と分割線

この市松は、だみの練習だけではなく、骨書きの練習にもなります。

左のように轆轤線を入れるのも、結構難しくて、線が2重になったり、太くなったり、ずれたりします。

轆轤線は、骨書き用の面相筆を使います。当然、骨書き用の呉須を使います。 右手で筆を水平に持ち、轆轤を左回転させて、左上の辺りで線を引きます。 筆先が絶対に動かないように、右手の手首辺りを左で支えます。線は、2~3回転させて濃さを整えます。

分割線は、筆で真っ直ぐに下書きの線をなぞって行きます。

線描き(骨書き)は必ずします。 だみの呉須の堤防になってくれるからですよ。

だみの練習

内側から、一桝ごとにだみして行きます。だみは筆先を作品の表面に触れないように。 それでは、どうやるのと思いますよね。 筆は大きく沢山の呉須を含んでますから、呉須を垂らして溜め、その溜りの呉須を作品を傾けて、そして筆先で引っ張りて広げて行きます。

失敗の修整

これはわざと失敗してます。呉須の量が多くて、骨書きの枠線からはみ出しました。その修正は、剣先かんなや、鉄の削りかんなで、はみ出した部分を削り落としてやります。

だみ筆の機能と使い方

だみ筆は、スポイトのような機能で、だみを筆先に供給してやるだけではなく、呉須を逆に吸う機能もあります。筆先の沢山の毛が呉須を含みます。 筆も立てると呉須が流れ出し、逆に寝かせると、呉須を吸います。

桝を1つ飛ばしでだみします。 左の写真がだみ筆で、筆先を曲げているのが分かると思いますが、これで、呉須の量が調整出来ます。筆先を立てれば、呉須が流れ、倒せば、流れが止まります。筆を真っ直ぐに立てると毛に含まれる呉須が一度に出て、洪水になります。 毛先を曲げることで、筆を水平の持っただけで、筆先の半分は垂直に、そしてあと半分は水平になります。これで、供給される呉須の量を調整できる仕組みです。

これがポイント。 だみは呉須をしっかりと溜める事。 そして、素焼きの表面は筆先で触らないこと。 その為には、たっぷりと呉須を溜めます。

だみ筆は、毛先を根元まで、たっぷりと付けます。 そして、根元を少し容器の縁で、擦って呉須の量を減らします。 そして、毛先はちょっと容器にあてて、毛先の呉須が多くなり過ぎないようにします。 この毛先の呉須の量がもっとも大事で、少ないと溜りができず、逆に多いとドバっと流れて枠からはみ出します。

呉須の吸い上げ

呉須の溜りを毛先で引っ張ってやって広げて先後まで来たら、筆を90度回します。すると、毛先が水平に近くなり、余分な呉須が、筆につい戻されます。

練習の完了結果


ほぼ全体のだみが出来ました。 写真では分かり難いですが、濃いだみと薄だみをやってます。 濃いだみは筆跡や、呉須の斑がほとんど分かりませんが、薄だみは難しい。 少し、呉須の溜りが出来るとそれが斑になります。

でも大丈夫ですよ。 斑がある桝は、もう一度だみしてやれば綺麗に消えます。 薄だみであれば、一回目とおなじように、呉須をたっぷりと溜めて、それをお皿を少し傾け、筆先で溜りを広げてやって、最後は、筆を寝かせることで、余分な呉須が筆に吸い上げられて、綺麗にだみされます。

画像

これが市松文様のだみの最終の仕上がりです。 如何でしょう。 だみのあの嫌な斑や塗り残しは出てません。 濃いだみと薄だみの濃さの差がどの程度出て、又、一見、筆斑がない部分が本焼きでどんな仕上がりになるか分かりませんが、多分問題ないレベルになると思います。

この磁器のお皿は、裏側に別の文様を入れ本焼きしたいと思います。 焼成は還元。 釉薬は、磁器の場合は、石灰透明。 陶土であれば、土灰で仕上げます。

だみの絵付けまとめ

この市松文様は、染付の練習に最適です。線描きが均等に描けるようになったら、だみにも是非挑戦してください。 絵付けの職人さんが”だみはそんなに簡単にできませんよ”と言ってましたが、やる気になったらできますね。

兎に角、だみ筆に流れない程度にたっぷりと呉須を含ませ、しっかりと溜め、それを引っ張って広げてやる。 この呉須をたっぷり溜めて、最後に筆を寝かせて、余分な呉須を吸い上げる事が出来れば、大丈夫です。たっぷり溜めるのは勇気が要ります。なれるために、小さな陶片などに丸や四角などを骨書きして、水で練習してください。筆を立てて溜めて、今度は筆を寝かせて吸い戻す感覚を身に付ければ、溜めることが怖くなることはなくなると思います。

もう一つ加えれば、たっぷり溜めた呉須を広げるのは、器を少し傾けて筆先でひっぱれば、簡単に広がります。呉須が、多すぎたら器を水平にすれば、枠線の骨書きが堤防になって、枠外に溢れるのを防いでくれます。この最初のたっぷり溜める量のコントロールができれば、それほど難しくないですよ。

こちらも、6寸皿の絵付け。 この絵柄は”鉄綿花”と言う花で、木綿の花のようです。 昔から、掛け軸などに良く描かれるモチーフで、染付には面白いですよ。

花は葉っぱと言うものは、言い方は悪いですが、誤魔化し易い題材で、この様なものからスタートすればいい作品が出来ると思います。

こちらは朝顔の絵付けです。これも鉄綿花などと同じで描きやすい題材だと思います こちらは、朝顔を大きくした絵付け、全体的にだみが濃ゆそうですが、還元焼成で、だみの濃淡や骨書きの線の濃度がはっきり出てメリハリのある作品になるのではと思います。

やる気になれば、それなりの練習をすれば、だれでもできます。 是非、チャレンジしてください。


染付ギャラリー! 呉須で描く下絵付け 


下絵付けってなに?どうしたら描ける!

下絵付けは、中国で明は青花、 朝鮮 李朝の染付けや、誘絵(さびえ)と呼ばれる技法があります。

呉須染付けは中国、元代に起こり、明の時代に完成されたものです。青化(青華)は釉薬の下に描かれた青く発色することから、釉裏青とも言われるそうです。この技法が、朝鮮に伝わり李朝初期に染付けが生まれ、江戸初期に朝鮮の陶工、李参平によて有田に伝えられます。pic_0305

染付けと言う言葉は、素焼した素地に絵の具が染み入ることから、染付けとよぼれるようになったようです。一般には、呉須による絵付けを指します。

 

続きはこちらのブログ記事で⇒染付の基本知識から絵付けまで

染付花瓶、花器、花入 ギャラリー

染付小皿 ギャラリー

染付たたら皿 ギャラリー

茶碗、湯呑、ぐい吞み、マグカップ等 ギャラリー

関連サイトブログ記事・YouTube動画

  • ブログ記事は⇒染付け・下絵付けの基礎知識と技法 PartII⇒こちらへ
  • YouYube動画⇒小皿とぐい呑みの下絵付け(染付け)骨描きと濃み(だみ)の練習⇒こちらへ

染付け・下絵付けの基礎知識と技法 PartII


下絵付け

下絵付けは、中国で明は青花、 朝鮮 李朝の染付けや、誘絵(さびえ)と呼ばれて技法があります。

呉須(呉州)染付け

呉須染付けは中国、元代に起こり、明の時代に完成されたものです。青化(青華)は釉薬の下に描かれた青く発色することから、釉裏青とも言われるそうです。この技法が、朝鮮に伝わり李朝初期に染付けが生まれ、江戸初期に朝鮮の陶工、李参平によて有田に伝えられます。pic_0305

染付けと言う言葉は、素焼した素地に絵の具が染み入ることから、染付けとよぼれるようになったようです。一般には、呉須による絵付けを指します。

戦前は中国さんの唐呉須と言う、自然の良質のものが輸入されていて、支那呉須や旧呉須といわれたそうです。成分は、呉須鉱と言うマンガン、コバルト、鉄分などを含む、粘土鉱石です。 最近では、天然お呉須鉱が手に入りにくいため、合成呉須が使われています。

この呉須の成分は、酸化コバルト15、二酸化マンガン25、紅柄10、カオリン10、 コバルトとマンガン、紅柄が着色材。コバルト 青、マンガン 紫、紅柄が褐色になり、この混合で美しい藍色になるそうです。cimg3621

呉須染付けの技法

呉須絵の具の磨り

昔から、呉須はすればするほど良いと言われ、陶家の若い弟子さんの仕事は呉須磨りだったそうです。 cimg3651京都の窯元では、呉須は機械で1週間ほど磨り続けるそうです。 機械は、ボールミルと言うものが使われますが、磁器製の乳鉢と乳棒で、手磨りをするのが良いと言われます。京都では、染めつけはガラス板と乳角棒を使って、磨りながら、且つ、水分と濃さを調整しながら、絵付けをするようです。
有田では、磁器の茶碗と乳棒を使うそうです。

磨る方法は、茶汁を使います。茶に含まれているタンニン酸で、伸びのよい、絵付けが出来るそうです。 乳鉢に入れて古い茶汁で、水気がなくなるまで磨り、そして、又、茶汁を補給して磨るの繰り返しだそうです。 やってみると、大変根気のいる作業になります。

上の容器は100円ショップで買ったもので、こんな容器に入れておけば、茶汁を加えるとき便利です。 3ヶ月以上放置した茶汁です。 この方が発色が良いと教わりました。

筆と絵の具

やきものの絵付けを陶画とも言います。 描いてみたら分かりますが、表面が硬く、穂先が切れ易く、硬い動物の夏毛が良いそうです。

骨書き(輪郭)には面相筆、だみにはだみ筆を使います。面相筆

面相筆は、穂先と腰の強い毛質が必要で、漆の蒔絵に使う根朱筆(ねじふで)がいいそうです。 昔は、犬の尻尾の毛を使ったり、その又昔は、千石船の中にいる鼠の背筋の毛か、脇の下辺りのの長い毛で筆を作ったそうです。

だみ筆は、猫の背筋毛で作ったそうです。だみ筆は、毛先が長くて太く、水含みの良い毛が必要です。だみ筆だみ筆は、これで描くものでは在りません。 沢山の毛に呉須を吸わせて、呉須を作品に垂らして溜めて、それを広げる為の筆で、さらには、描き終わった最後には、余分な呉須を毛に吸わせることにも使います。
ですから、この様に沢山の毛がついた太い筆になっています。

呉須濃度の調整

呉須は4種類の濃度のものを準備します。骨描き用、だみ用 濃、中、淡の3種

骨書き用:

良く磨った呉須を茶汁で薄めます。 絵の具皿に呉須を取り分け、少しずつ茶汁を足して行きます。陶片に線を描いて見ます。濃すぎるとかすれます。 素焼で呉須の水分が急速に吸われますので線が伸びてくれません。 少しずつ、薄めて行き、線がす~っと伸びてくれるところを探します。 後は好みで調整します。cimg3611

骨書き用は、左のようにガラスの上に良く磨った呉須を取り分けて使います。 すぐに、水分が乾燥し、又、呉須は下に沈んで塊りますので、常に摺りながら、そして、水分を調整しながら濃さを調整して使います。

骨書きの呉須が濃過ぎると、釉薬をはじきます。

だみ用:

中だみの調整は、180cc(一合)の茶汁に10%位の呉須を加えたものを使います。 これを基準に濃、淡を調合します。cimg3622 18ccと言えば、ティースプーン3杯ほどですので、かなり薄くなります。 薄く滲んだところまで、本焼きすると発色しますので、軽く色が付く程度で十分で、こんなに薄めていいのかと思うほどシャバシャバで大丈夫です。

後は、描いて、本焼きして、経験を積むしかありません。。テストピースを作るのも一つでしょう。 だみ用の呉須は、特に直に沈殿しますので、常に攪拌すると共に、沈殿して塊りますので、乳棒で時々磨ってやることも大事です。 これを怠ると、だみの濃さがいt

割付、念紙写し

絵付けの前に、素地の表面についているほこりを、刷毛や、固絞りの布で拭いておきます。

下描きは、素地に木炭で軽く文様の”あたり”(割付)をして、赤インクを薄めたもので描きます。 青インクや鉛筆は残ったり、その油成分がありますので、鉛筆の場合はHの鉛筆を使います。

沢山つくったり、文様を写し取りたいときは、念紙と言うものを使います。 念紙の作り方は、念紙墨と言う粘着性のある墨と、美濃紙を使います。 念紙墨は、瓢箪を焼いた炭粉か懐炉灰かを用い。乳鉢に、ふのり液を少し加えて混ぜます。 美濃紙を、描きたい文様に被せて、普通の墨や鉛筆などで写します。 ちょうどトレーシングペーパーのように。 次は、美濃紙の裏から、粘墨でその文様を写し取ります。 これで念紙の完成。。

念紙を作品に被せて、真綿や椿の派手なでるように押えて、文様を転写します。

ふのりとは

ふのり(布海苔、布苔、布糊)は、紅藻綱フノリ科フノリ属の海藻の総称。 フノリは古くには食用よりも糊としての用途のほうが主であった。フノリをよく煮て溶かすと、細胞壁を構成する多糖類がゾル化してドロドロの糊状になる。これは、漆喰の材料の1つとして用いられ、強い壁を作るのに役立てられていた。ふのり

ただし、フノリ液の接着力はあまり強くはない。このため、接着剤としての糊ではなく、織物の仕上げの糊付けに用いられる用途が多かった。

一般的にはふのり溶液にしてから使用します。1Lの水に100gのふのりを小さく切って一昼夜浸します。その後、沸騰しないように煮て、冷ましてから漉して使用します。ふのり溶液は腐敗しやすい。

骨描きとだみ

骨描き

骨書き用、呉須を絵皿に取り、下絵付けに沿って、面相筆で文様を書いて行きます。作品を左手で持ち、右手で描きます。 その時、右手の指などで、手を固定していたほうが、細く均一な線が描けます。 そして、固定された手の範囲内で線を描いていきます。 このとき、勢いのある流麗な線を描きます。 余り下書きに忠実にやろうとするともたつきが出ます。pic_0308

又、素焼が水気を吸うため、長い線は引けません。 擦れたり、毛先がひっかっかっているような感触があれば、呉須がなくなってます。 呉須をつけて、書き足して行きます。 2度描きはしないほうがいいでしょう。 又、呉須をつける時は、その量を調整して、書き足しの始まりから、線が太くならないようにします。

cimg3611

pic_0336

京都では、ガラス板に呉須を取り分け、茶汁で濃さを調整しながら、骨書きをやってました。 ガラス板の場合は、角乳棒が必要になります。

すぐに、水分が蒸発して、濃くなったり、呉須が、下に溜まってしまいますので、常に磨りながら、濃さの調整をやります。

有田の方法で、磁器の茶碗と乳棒のほうが、初心者は扱い易いと思います。 乳鉢と乳棒のほうが、求め易いということもあります。

茶碗の方が、呉須が集まってくれますので使い易いかと思います。 ラップを掛けておいて使うと、蒸発を抑えることが出来ます。

胴回りの横線などは、轆轤に載せ回して、筆を一点に固定して描きます。 描き終わりには筆先をゆっくりと外して、線からはみ出さない様にすることも大事です。 陶器の表面で、毛先が痛みますので、良質な筆は使わない方が良いかと思います。

だみ描き

だみ描きには、文様の輪郭の中を塗る、”骨だみ”と背景を塗る”地だみ”があります。

だみは、だみ呉須を、大きなだみ筆の毛先全体にたっぷりと付けます。 そしてだみ筆を、への字のように曲げ、だみ呉須を垂らして、その溜まりを筆の先で引っ張って広げていきます。この時の筆先の動きは、鱗のように動かしながら、上から下絵。。最後まで、広がったら。毛先をタオルなどにあて、最後に溜まった呉須を今度は毛先で、吸い上げます。。毛先で素焼面を触ると、その毛先跡が残ります。 これが、だみでもっとも難しいところではないかと思います。だみ筆

どうしても、斑が出るのであれば、淡だみを2回以上重ね塗りします。この時も、出来るだけ、表面は触らないようにすることが肝要です。 又、重ね塗りをするだけ、色は濃くなります。 この技法は薄瑠璃と言われるそうです。 色が濃くなった分、斑も目立たないようになります。

プロの職人さんは、毛の根元の部分を持って、絞ったり、緩めたりして呉須の流れを

“つけたて”と”ぼかし”

つけたて筆と言う、大きめの筆、一気に絵付けをする方法もあります。 例えは葉っぱを、輪郭なしで、一筆で描くような技法です。 淡墨を使えば、没骨技法ですが、濃い墨を使って描きます。 没骨(もっこつ)は読んで字のごとく、輪郭(骨書き)がない描き方です。%e4%bb%98%e7%ab%8b%e3%81%a6%e7%ad%86

水彩でやる、ぼかしの技術も使われます。 二通りの技法があって、太めの筆にだみ呉須を含ませて、毛先に骨書き用の呉須をつけてぬる方法、そして、2本の筆を使う方法。 一つが骨書き用呉須、もう一つは、茶汁や水をつけて描く方法で、水彩画でも味のある絵付けが出来ますね。 これと同じです。 骨書きをして、もう一本の筆で滲ませます。 葉っぱなどで、濃淡をつけるのに有効な技法です。


染付け本焼き作品 第2弾 Youtube動画


今週も染付け作品が上がって来ました。 作品の個数が増えるに従って、染付けは上手くなっているように思います。
今回の作品は、多くが、染め付けの外、呉須を香水スプレーで軽く塗ってます。

少し塗りすぎた作品もありますが、All白バックよりも、少し変っていいかなと思います。

PIC_0415

呉須の濃中淡の表現が上手く出来ました。 葉っぱや、花弁のだみは、少し薄かったかと思いますが、だみ自体は上手く行っていて、毛先のむらなど目立ちません。

PIC_0414

このシンプルな花文様すきです。 ポイントポイントに入れた、濃い呉須がアクセントになってます。 この作品は、作陶の時失敗した部分がありましたので、丸い皿の4辺を弓で切り落としました。 面白い形になりました。 形は変化をつけた方が面白い作品になります。

PIC_0418

椿ですが、実物は葉っぱがもっと濃いですよね。 だみを2度塗りして濃さを出すか。 中だみをもう少し濃くしたほうがいいですね。 左の横向きの椿の花が、もう一つ表現できてません。

PIC_0419

朝顔ですが、中央の花弁が目に入りません。。何が悪いのでしょう。 上の葉っぱはもう少し濃くしたほうが、花弁が浮き上がってくるでしょう。 スプレーした呉須が、葉っぱの部分を少し邪魔してます。

それと椿と比較して、がくをしっかり塗りこめば、花のつぼみも浮き出るでしょう。 中央の花弁は少々正面を向きすぎでしょうか。 パースがずれると絵としては、へんちくりんになります。

PIC_0420

今回の作品の中で、もっとも好きな作品で、描きたかったすずらんです。 ロイヤルコペンハーゲンの絵柄です。 後ろのブルーバックはもっときめ細かく、花の色とのコントラストがあります。 ロイヤルコペンハーゲンは印刷だと思います。 全体的にはいい雰囲気の作品に仕上がりました。 白い花に軽く、薄呉須で、影を入れて、額を濃い呉須を入れてます。 これで、絵が引き締まります。

PIC_0421

少し、寂しい絵付けになりました。 もう少し、しだれ桜の枝や花弁を増やしていいと思います。 又、 下の部分に近景を入れたらよかったでしょうか?

PIC_0422

海老ちゃんで~す。。一番上のひげの線が生きてませんね。。海老のひげってもう少し、がたがたしているかも、研究が必要ですね。 大好きなモチーフだけにおしい。。。

PIC_0423

こんな小さなお皿に二つのモチーフはいらないですね。 瓢箪のハイライトの部分は、少し変ですね。 中央のハイライトと、左の反射光をくふうすれば、もっとよくなるでしょうね。。

PIC_0424

遊び感覚で絵付けをしたものです。 イメージは市松。。白と黒の部分が交互に、これって以外にいいですね。。だみした市松の部分もそこそこに仕上がってます。

PIC_0402

写真がピンボケで入れ替えました。 大根と木を描いたものです。 大根は何時描いてもいい仕上がりになります。 骨書き、だみの要素がありますので、これから絵付けを覚えようとする人にはいいモチーフではないかと思います。

手前味噌ですが、全体良い感じ。。。絵は、陶芸本や、実際の陶器などで気に入ったのものを書いたほうが成功する確率は高くなります。 又、図書館から、陶器の染付けの本を借りて来て気に入ったものを描くのもいいでしょう。 今、図書館から借りて来た”そば猪口・酒器1000”と言う本があります。 古伊万里の作品を載せたもので、大変参考になります。

Youtube動画をアップしました。 見て下さい。 又、画像が縦に伸びてます。 解像度を変えたのにおかしいな。

ついでに、水墨画の本も借りてきたら如何でしょう。 基本的な筆使いの方法や、上達のコツが参考になると思います。 是非、染付けにチャレンジしてください。 Normanにできるのですから、だれでもやる気があれば、出来ますよ。。。!?


染付け(下絵付け)作品 ギャラリー


染付けとは

日本陶芸を代表する古来からの絵付けの技法で、呉須で素焼に絵を描きます。 これらの作品は全て、新呉須の青での絵付けです。粘土は信楽の白、釉薬は3号石灰透明釉です。

その他、弁柄、鬼板で描く、”赤絵”と言うものもありますが、今の所は、染付けのみです。

湯のみ、ぐい呑み等

豆皿

筒もの

Youtube 染付け作品ギャラリー