染付ギャラリー! 呉須で描く下絵付け 


下絵付けってなに?どうしたら描ける!

下絵付けは、中国で明は青花、 朝鮮 李朝の染付けや、誘絵(さびえ)と呼ばれる技法があります。

呉須染付けは中国、元代に起こり、明の時代に完成されたものです。青化(青華)は釉薬の下に描かれた青く発色することから、釉裏青とも言われるそうです。この技法が、朝鮮に伝わり李朝初期に染付けが生まれ、江戸初期に朝鮮の陶工、李参平によて有田に伝えられます。pic_0305

染付けと言う言葉は、素焼した素地に絵の具が染み入ることから、染付けとよぼれるようになったようです。一般には、呉須による絵付けを指します。

 

続きはこちらのブログ記事で⇒染付の基本知識から絵付けまで

染付花瓶、花器、花入 ギャラリー

染付小皿 ギャラリー

染付たたら皿 ギャラリー

茶碗、湯呑、ぐい吞み、マグカップ等 ギャラリー

関連サイトブログ記事・YouTube動画

  • ブログ記事は⇒染付け・下絵付けの基礎知識と技法 PartII⇒こちらへ
  • YouYube動画⇒小皿とぐい呑みの下絵付け(染付け)骨描きと濃み(だみ)の練習⇒こちらへ