瓢形瓶(高麗)二体成型の技法


二体型 成型技法でつくる花瓶

 瓢箪形の花入(置物)にチャレンジして見ました。

 作品としては、電動ろくろで作った方が綺麗に作れるかも知れませんが、陶芸教室の作品ですので、手回し轆轤での作品です。

 高さは30cm+の高さで、これ位の作品になると芯を出して形を作って行くのが結構難しくなります。 袋もので花瓶や徳利をつくれないと難しかも知れません

粘土:半磁土1kg
(作陶完了時900g)
高さ: 320mm
直径: 下部胴 120mm

瓢箪型から、少し形を変えて、少しスリムな形にして、最後の削り仕上げの後、全面に筋彫りをして見ました。  高麗の瓢型瓶とは全く違った雰囲気です。 底は、碁笥底として、紐作りの時点で高台は5mmの厚みで成型をしました。これだけの高さであれば、高台の削りは無理です。

作り型 一体型と二体型

作り型には一体で作る方法と二つに分けてつくるやり方があります。 電動轆轤でもこれだけの高さになってくるとそう簡単ではありません。 30cm以上の作品であれば、筒上げで35cm以上上げる必要です。そこからは、膨らませたい、すぼめたりするのは、電動轆轤がもっとも得意とするところですので、後は簡単ですが、30cm以上の筒上げが大変です。

二体型 成型のやり方

2体型は二つろくろ法として古くから大きな壺などを作る時利用された技法で、上下を別々に作り貼り合わせて成型をする技法です。この2体型であれば、電動でも手回しでもある程度簡単に背の高い作品や、口縁の大きな異形の作品が出来ます。

 

  1. 土台となる下の部分を徳利を作るようにして作ります。(右の写真)次に、別の轆轤で、上部を作り切り離して、下の徳利の口に接合します。
  2. 組み立ては、下の徳利の部分をヘヤ―ドライヤーで乾燥させて載せます。
  3. 接合が出来たら、接合部近くから柄小手などを使って膨らませます。
  4. そして、上部の成型も、ドライヤーで少し乾燥させ、徐々に上へ成型をして行きます。左手の人差し指を口の中に入れ、親指で挟みます。そして、右手の親指で土を寄せて行って細くしていきます。かなり難しい部分です。 当然、芯を出し均一な厚みにして行きます。
  5. 最後は、針で口を切り鞣し皮で締めて完成です。こちらの方が手回し轆轤にあった技法かも知れません。

二体型 成型の作品

このような二体成型の花入はルーシーリーも沢山作ってますね。この作品は以前に作った作品ですが、接合する部分と部品を変えればいろいろな作品が作れます。

造形と施釉は改善の余地大ですね。取り敢えず、こんな作品が出来ると言う

こちらも30cm位の作品ですが、手回し轆轤でしたの鶴首を作り、上は5mmのたたらで、レース文様を付け、接合してます。横には耳を付け、遊環を付けて見ました。振るとからからと高い綺麗な音がなります。 不幸にも落として上の部分を割ってしまいました。 そこで、漆で金継ぎをしてます。ついでに金粉を蒔いて、レース文様を金(真鍮粉)で仕上げました。

写真では分かり難にくいですが、光が当たると金色の文様が浮かび上がります。

釉薬は緋色。 もう少し、薄くして備前風に仕上げたかったのですが濃くなってしまいました。

Have a nice pottery day!


陶芸の基本紐作り 失敗しない紐作りのコツ


紐作りは陶芸の基本中の基本です。

紐作りが上手くできるようになれば、小物から大物、湯呑から、花瓶、蓋物ものまで自在に作れるようになります。 でも、長い間陶芸をやっていても、芯が出せない(ぶれる)、ぶよぶよの作品になり上手く筒上げが出来ないなどの悩みを抱えている方も多いようです。

確かに、真っ直ぐな筒上げを30cm位上げるのはベテランの陶芸愛好家でも難しいことですが、電動ろくろにしても、手回し轆轤での紐作りにしても、この技術(筒上げ)をマスターすれば、作品の出来栄えが格段に向上することは間違いありません。

陶芸初心者には、紐作りをマスターすることが必須条件です。 この技術を覚えないで、先へ進んでも、いずれ頭打ちになるのは明白です。

この技法をおさらいのつもりで整理して見ます。初心者から、ベテランさんまでも参考になり、技術が格段にアップします。

紐作りに必要な道具

手回し轆轤を使った紐作りは、最低限土の道具で、ぐい飲みから大物花瓶なども作れます。
上の方から:
ノギス(又は物差し)、弓、木小手、柄ごて、掻きベラ(大、中)、竹串、針、なめし皮、しっぴき(粘土を切る糸)、轆轤。轆轤以外は、スターターキットとして陶芸道具が1000円+で売られてます。 自宅陶芸を始めるのであれば、手回し轆轤と、このスターター工具キットはぜひ購入したいものです。 道具の名前は覚える必要はありません。 その内、自然に覚えて行きます。

後は作品に応じた土を選択します。出来れば仕上がりの釉薬や装飾までイメージして土(色)を選択しましょう。 その為には、焼成サンプルを見て、色目や発色を確認しましょう。
焼成サンプルの例です。 信楽の白粘土をベースにして、陶芸教室の釉薬全てのサンプルを作ってます。 この他にも、赤土、半磁土などのサンプルをそれぞれ作ってます。

焼成サンプルがなければ、サンプルを作っても、陶芸の楽しみ方が広がります。

絶対外せない、ろくろ作りのポイント

手回しろくろを使って上手く行かない原因は、沢山ありますが、特に次の2点を頭に置き作陶の作業をしましょう。

  • 轆轤はしっかり回します。 ろくろは手でしっかりと回し、この回転の力を使って成型をします。
  • 道具は固定して使います。 いろいろな道具は、基本的には、一点で固定をして使います。
  • 周りの生徒さん仲間を見て下さい。 上手い人ほど、ろくろを回して、そして道具の使い方が上手です。 同じ道具を使っても、道具の持ち方、道具を当てる位置、又、道具を面で使うのか、点で使うのか、そこには微妙なコツが沢山あります。

紐作りの手順 YouTube

百聞は一見に如かずと言う言葉があります。 特に陶芸の初心者の方たちにとっては、専門用語が沢山ありますので、言葉では理解しにくいと思いますので、このYouTubeビデオを見て下さい。 20分ほどと少し長編ですが、紐作りで円筒をつくり、花瓶を作っているものです。

動画を再生して部分部分で停止させて、説明を読んでみると分かり易いでしょう。動画は、このブログに埋め込まれてますので、YouTubeにジャンプすることはありません。

まだ、組み立ててませんので、首の部分が少し、大きくなってます。
左上のものが円柱で、このような真っ直ぐな、茶筒のようなものを作ることを”筒上げ”と言います。 右下が花瓶の天と首の部分になります。 他の小さなものは、高台の削りを練習するために作った、低い筒です。

このような真っ直ぐな筒上げをするには、作業のやり方のコツをしっかりと掴む必要があります。

紐作りの手順とポイント

ビデオで、作業の内容がほぼ分かったと思いますので、ポイント、ポイントを説明します。 この花瓶は天板がフラットなため、初心者には一体成型では難しい作品になります。 天板が首の重さや、鶴首の作業で、どうしても垂れてしまいます。このように別々に紐作り成型をすれば、簡単に綺麗に作れます。

後は、筒の部分の底(高台)の削りと胴の部分の削りをして、二つを組み立てれば、完了です。 組み立ては、接合部を針や、歯ブラシで荒らし、同じ土(友土と言う)を水で溶かしたドロドロの土(どべ又はぬたと言う)を塗り、しっかりと圧着し、接着します。

マグカップの取っ手なども、どべで接着したもので、どべは、粘土に水を加えて乳鉢ですり、生クリーム状にしたものです。 又、電動ろくろで、水挽きをしたときで出るどろどろとした泥しょうなどをどべとして容器に入れて保存しておきます。

この接着を上手くやらないと、焼成で剥離したり、隙間が出来ます。 同じ土のどべを使うのは、土の収縮率を合わせるためです。

乾燥しても取っ手を持つことは厳禁です。 素焼きが終わり、本焼きで釉薬のガラス成分で取っ手が覆われるまで、強度が弱く破損や、剥離の原因になります。

高台作りのポイント

高台は、花瓶や湯呑の底の部分になります。 そしてここが紐作りの基礎になる部分です。この基礎の上に紐を載せて、筒を作って行きます。 左の丸い部分が高台になります。この高台と底を作るための作業です。丸い高台の部分は、半乾燥後、削りで作ります。(この作品は抹茶茶碗です。作品によってその高台の形や大きさは変わります。)

この作品の場合は、筒の形状を変えたくないため、高台脇(外側)は削らず、高台内のみを削ります。高台を付けない場合は、高台を5mm程度にして底の中心を下から、少し押し込んでやります。 この技法を碁の碁石を入れてある入れ物の形状に似ていることから、”碁笥底”と言われます。”後家”ではありません。

  • 直径100㎜ x 厚み10㎜ 直径100㎜にする理由は、手や小手が入るサイズだからです。
  • 轆轤中心に丸い粘土置き、轆轤を回し、手の平で一点をたたき、平にする。(あちこちを叩かない)
  • 土が均等に10㎜位になれば、針を刺して厚みを確認します。アバウトで結構です。
  • 円切り: 竹くしで、100㎜のところを切ります。轆轤を回して、竹くしは1点で固定して(脇を締め、手と指先を固定する。)軽く当たり線を付け、物差しで測り、直径の大きさがよければ、更に深く切り円盤を作ります。

この高台つくりが上手くできない人がいますが、その原因は➀轆轤が回せていない。➁竹串が回転に負けて、動いている。針は少し斜めにして、又、少しずつ深く切って行きます。➂ゆっくりと切って行く(切り口を深くする)一度に切ろうとすると上手く切れません。 半分位切れれば、轆轤を止めて、竹串などで、線に沿って切って行っても大丈夫です。

紐作り

  • 紐の太さは、直径 10㎜ 長さは直径の約3倍=直径100㎜ x 3=300㎜ 短くなっても構いません。 紐を足してください。 接着だけはしっかりお願いします。
  • 机を堅絞り雑巾で拭き、湿気を付ける。 乾いていると粘土の水分が吸い取られて硬くなります
  • 机上に少し丸長にした粘土を、両手のひらで転がします。一定の力とストロークで紐をつくる。丸くならないのは、力を入れすぎたり、粘土が回転していないからです。粘土が固すぎても、丸くなってくれませんが、余り、神経質にやる必要はありません。
  • 指先でやると綺麗な紐になりません。 手のひらでやります
  • 出来たら堅絞りの雑巾で包みます。 土は周囲温度や、乾燥具合で以外に早く乾燥します。乾き過ぎたら、水スプレーで軽く濡らしてもいいですが、過多の水はさけましょう。紐をまとめて必要な本数作っていてもいいでしょう。(タオルを掛けておくことを忘れないように)
    ちょっとしたヒント 縦よりと横より

    紐の作り方には、縦と横よりがあります。 どちらのやり方でもいいのですが、ビデオは縦より、初心者は、机上で転がしやる横よりがいいでしょう。
    縦より: 一つかみの粘土を縦に合わせた両手の間に挟み、手の平を前後に動かし、粘土を転がします。 軽く転がすことで、粘土が細く下へ伸びて行きます。その際、小指の付け根で転がしてやります。
    横より:一つかみの粘土を手の平に載せ、指全体と手の平で握って細長くします。 そして、机上で両手に同じくらいの力を掛け、一定のストロークで転がします。手を八の字形して転がすと、縦よりも、滑らかな均一の紐が出来ます。

    一段目の紐を積む

  • 底の紐を積む部分に針や、歯ブラシで傷をつけます
  • 紐を両手で持ち、右指で軽く載せて行きます。数ミリ内側へ載せます。
  • 一周したら、重なる部分を弓で切ります。直角より、斜めに切った方が接合面積が広くなります。
  • 紐の内側三分の一の部分を内側に潰して伸ばします。(隙間を無くす)。高台をへこませないように、高台の中心の方向へ伸ばして、一周します。
  • 外側の紐と土台の隙間を、高台の土を親指で下から上へ伸ばし潰します。一周します。
  • 時計の12時の位置で、両手親指を内に、他の指を外にして指で挟み圧縮して、土の厚みを薄くすると共に、伸ばして行きます。 挟むことで、土は上と横へ伸びて行きます。このままでは、横横へ伸びて、へらへらの壁になります。これが失敗の原因です。 ではどうするか? 土を、内外から指で挟み、そのまま両手を互いに寄せることで、横に広がろうとする土が元に戻され、土の厚みが均一に締められて、土は唯一の逃げ場の上へ上へと伸びて行きます。
  • 土の厚みは5㎜以下の均一な厚みを目指します。 土を挟んだ感覚で厚みを一定に締めて行きます。下から横へ一周、そして指を少し上へ、そして一周。。。この繰り返しを12時の位置(一定の位置)で行うことにより、均一に芯が出た壁が出来て行きます。
  • 木小手で、内側、外側を交互にをならします。 轆轤を回して小手を手でしっかり固定して。内側を綺麗に仕上げることがポイントです。小手はできるだけ小手の下の部分を持って。内側と外側交互に何度も
  • 内側を小手で均すと、外へ広がろうとします。そこでもう一度、両手で土を締めてやります
  • 締めて、小手で均す、又、締めて、小手で内、外から均す。この繰り返し作業で、芯が出た筒上げが出来ます

土台と一段目の削り

紐積では、手締めになりますので、厚みのバラツキがどうしても出ます。 そこで、内側は小手で平坦に仕上げます。 そうすることで厚みのバラツキは外に出ることになります。 この飛び出た厚みを、外側を掻きベラで削ってやって、均一な厚みにします。

高台と一段目の紐作りが、2段目以降の基準になりますので、最後に、掻きベラで、外側を少し削り、真円にします。締めと寄せ、小手での内外の均しで、芯が出ているはずですので、今の段階では、振れはほとんどないほどに仕上がっているはずです。 この時点で振れがあれば、この作業が出来ていません。 もう一度、締め、寄せ、均しをやります。

削りは6時の方向から削りベラを当てれば、轆轤の回転に負けません。掻きベラの角で当てれば、点で削りができますので、削りは簡単になります。最後の仕上げは面で行いスムーズに仕上げます。

2段目以降の紐積

  • 一段目が出来たら、2段目を積みます。両手の指で紐の両端をつまみ持ちます。一段目の紐の真上に紐を載せ、右手親指で紐の三分の一の部分を下に伸ばしながら、12時の位置で積んで行きます。この作業で轆轤は自然に回ります。ここがポイント:作業は同じ位置で。。どこでも構いませんが12時の方がやり易いでしょう。
  • 一周したら、紐を切って繋ぎ。内側継ぎ目を小手で均して潰します。内が綺麗になったら、外側継ぎ目の溝を小手で土を上下から伸ばして均します。 溝痕が残るのは接着不良と割れの原因になります。
  • 次は、一段目と同じ要領で、両手で絞めて寄せての作業で厚さを整え、木小手で、内側・外側を均していきます。内側を均すと、土が横に広がりますので、又、絞めて寄せる作業をやり、また、小手で、内外から均します。 木小手で内外から均すと共に、芯を出し、締め・寄せの作業を繰り返します。
  • 上に伸びた土は高さが変わって、この高低差が大きいと、ぶれの原因になります。そこで、弓や針で切り高さを整えます。切った後は、なめし皮を水に濡らして、締めます。 この作業には土を締めてやると言う目的と、乾きやすい口縁に適量の水分を与える事があります。 この締めや、水分の補給が甘いと、割れの原因になります。 なめし皮は、濡らすことでぬるぬるになります。 この皮を絞って口縁を締めます。 過多の水は厳禁です。
  • このなめし皮の作業には、口縁を締め、水分を補給してやる以外に、もう少しポイントがあります。 それは、口縁の芯を作ることです。一か所で絞めてやると口縁のぶれがなくなります。(ぶれを取ると言う) 最後にもう一つ、口縁の厚みを整えます。なめし皮を巻いた親指と人差し指で、軽く挟むことで、口縁の厚みが薄くなります。
  • 口縁の部分は、もっとも目立つところですので、綺麗に、そして品良く仕上げます。
  • 後はこの作業の繰り返しです。 一段目と2段目が成功のポイントで、後は必要な高さまで紐を積んで、まっすぐな筒を作っていきます。 絶対に膨らませようとしてはダメです。 これをずん胴をつくると言います。
  • 膨らませたかったら、木小手などで、内側から、筒上げが終わった段階で仕上げます。
  • 2段目が出来たら、3段目、そして4段目へと同じ作業を続けて行きます。 3段目で、100㎜以上の高さになります。(写真の作品の胴は、110㎜でした)

失敗に学ぶ。こうすれば失敗しない。

壁がペラペラになり真っ直ぐ積めない

  • 原因: 土の締め方で、寄せる作業が出来てません。両手で、挟むだけでは、土は、上と横へ伸びて行きます。
  • 対策: 指で挟んで、そして、挟んだまま、両手を互いに寄せて行きます。親指と人差し指で挟んだまま、左右の手をぶつける感じで寄せることで、横に広がった粘土が、横に絞められます。 この結果、粘土は上のみに伸びて行きます。
  • 寄せると言う作業は言葉では説明しにくいのですが、左手指を時計の短針の11時半の位置、右手を12時半の位置で挟み持ち、挟んだまま、12時の位置に寄せていくと想像してください。 イメージ涌きましたか?

芯が出ない

  • 原因: 上と共通の問題で、横方向への締めが出来ていないためです。又、小手の当て方が間違ってます。締める作業が一点で出来ていない
  • 対策: しっかりと前述の”締めて寄せる”作業をします。 その際、12時の位置など一点でやります。
  • そして、小手を内・外からしっかり当てます。 特に内側の芯が出るように一点の位置で
  • 小手の当て方は、面より点で当てます。この方が力が加わり、簡単に修正出来ます。外からの小手の当て方は、4~6時の方向で行います。この方が轆轤の回転のスピードに負けません。

小手がレコード針の症状になり、上手く仕上げれられない

  • 原因: 轆轤の回転の力に負けているため、低いところはより低く、高いところはそのまま高く、いわゆるレコード針のようにいつまでもふらふらになってます
  • 対策: 道具は出来るだけ根元を持ちます。
  • 小手は点で当てます。 面では、力負けします。 又、小手を当てる方向は大事で、例えば3時の方向では、レコード針現象になります。 小手は、4~6時の方向から点で当てます。
  • 又、小手は、土が下から上へ持ち上がる方向へ当てるのが大事です
  • 繰り返しになりますが、小手は力負けをしないように、根元にできるだけ近いところを持ちます。脇を締め、小手を右手で持つのであれば、左手で右手を固定します。

以上の要点を守って作陶をすれば、見違えるような作品になります。 後は沢山の作品を作って、多くの経験を積み自分なりのノーハウを積み上げて行く=陶芸の技術の向上になります。 陶芸の上手い下手は、年数ではなく、いかに多くのコツを掴むかにあるように思います。

Good Luck!


化粧土流し 花器 紐作りの基本技法 筒上げ Youtube動画


化粧土流し花器 本焼き

作陶の紹介をして、ほぼ一カ月になり本焼きが完了しました。

出来栄えは、ほぼ想像通りで、見方によっては面白いし、一歩間違えれば、いい加減な作品です。

ギャラリー

ギャラリのフォーマットで写真を掲載します。

まとめ

写真を見ると結構迫力がありますね。 そこら辺にあった造花を入れて見ました。 置物としてはもう一つですね。

白、黒、緑の化粧土を流し掛けしたんですが、最初の白でとっても良かったのに、黒を足してもう一つ、緑も次いでに。。。ここらへんでやけっぱち。。。崖を流れ落ちる水と、岩に生えたコケにも見えん事ないですね。

釉薬は石灰透明です。 釉薬なしで、焼き締めをしてみようと思ったのですが、赤土は白っぽくなりますが、白化粧土の焼き締めなど見た事もありませんので、リスクを負わない石灰透明で仕上げました。

^^^^^^^^^^^^^以下 6月12日のブログ ^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^ “化粧土流し 花器 紐作りの基本技法 筒上げ Youtube動画” の続きを読む