飛びカンナ文様 小皿の制作


本焼き作品

こんなに綺麗な作品になりました。 途中ではいろいろと失敗はありますけど。。その話をしましょう。

失敗 1: 釉薬 当初の予定は、織部と黄瀬戸の予定だったんですが、話をしながら、施釉をしていたら、イラボの半掛けをしてしまいました。 結果オーライといった感じで、イラボも悪くありません。

失敗 2: 施釉の順番が、織部の半掛けをして、イラボを掛けましたが、イラボ、織部の方が掛け分けがスパッと綺麗になったでしょう。 でも、イラボに織部の掛かった部分も悪くはありませんね。

失敗 3: 掛け分けは良かったのですが、1:2のほうが良かったかなと思ってます。 織部 1、イラボ 2

失敗 4: タンパンが間に合いませんでした。 タンパンと黄瀬戸を考えていたのですが。

作品概要: 直径160mm 高さ15mm 厚み 3mm 重さ240㌘

      釉薬:織部、イラボ

コメント:
飛びカンナの文様が、両面ともに綺麗な作品です。 飛びカンナについて、『素地に飛びカンナをかけると失敗はありません。』 言ったのは、こういうことです。特に、織部や、飴釉などは綺麗に出ます。 (飛びカンナに興味がある方は、上のメニューから、飛びかんなをクリックしてください。 詳細な説明や、Youtubeの動画のリンクなどもあります。)

 口縁の部分に少し歪みが出てますが、厚みが3mmほどですので、こんなもんでしょう。

“飛びカンナ文様 小皿の制作” の続きを読む


飛びカンナ


作品名: 飛びカンナ 花器

作 者: ノーマンリッチ

性 別: 男性

陶芸教室: グループ 楽寿荘 陶芸教室

粘 土: 半磁土
寸 法: (高さ) 50mm x 幅(又は直径)250 mm x (奥行き) mm
作 方: 電動ろくろ
装 飾: 飛びカンナ、黒化粧土
釉 薬: 石灰透明
CIMG1994寸  評:

飛びカンナの文様が綺麗に出ました。重量軽くバランスの良い作品です。