花弁皿、ぐい呑み 湿台と超鋼刃による削り Youtube 本焼き追記 11月23日


今週は、小物4点を作って見ました。 花弁皿 3点とぐい呑み1点です。
本焼きが出来上がりましたので、作品の写真をアップします(更新 11月23日)

小物花弁皿

この作品のテーマは軽く、薄い作品を目指しました。 出来上がりを100グラム以下にしたい。 厚みは3mm程度に。。電動轆轤での作陶ですのである程度は薄く作れるのですが、余り薄すぎると切り離すときにどうしても変形してしまいます。 変形を防ぐには、ある程度高台部に土を残して仕上げ、後は削りで仕上げる必要があります。


本焼きです。
作品概要: 辺 70~80mm 高さ25~30mm 重さ:70~90㌘ 釉薬:黄瀬戸
黄瀬戸の淡い色合いが良い作品です。 3点共に似たようで似てない作品に仕上がってます。

“花弁皿、ぐい呑み 湿台と超鋼刃による削り Youtube 本焼き追記 11月23日” の続きを読む


電動ろくろ アメリカ向け 湯のみの製作と削り


先日、お猪口とぐい呑みをつくりましたが、その内、5個程,次男がアメリカへ持って帰って友人に見せたところ好評で是非、日本茶用の湯のみを一式作ってほしいとの注文がありました。 と言っても、勿論無償ですが。。。そんな事情で、湯のみの作ることにしました。

cimg3022

電動轆轤の基本は湯のみで、陶芸家や窯元では、一日数百個湯のみを作る練習をするそうです。これで、基本的な筒上げや、土取りと言って、同じ、大きさの作品をつくるには、最初の土取りの量を一定にしないと同じ大きさの作品はつくれません。
トンボなどを作って、深さと横幅をある程度決めても、厚みや、形状で、大きさが変ってしまいます。

トンボは、動画の中に出てきます。 竹くしを切ってゴムバンドで、十字に固定しました。 大きさの基準となります。 空を飛ぶ蜻蛉に似ていることから、この名前があるようです。

この動画を後から見ると、手の動きがばらばらで、こんな小物の筒上げがまともに出来ないのに、数十センチの大物が作れる訳がありません。 。。。。と言うような感じで反省しきりです。

でも基本的な手の動きなどは、参考になるのではないかと思います。 作陶はもう一つですが、削りでいい作品へと誤魔化しも出来ます。 5種類の作品を作ったと思えば、それでよいかも知れません。 釉薬はそれぞれ別のものを使って仕上げたいと考えてます。


電動ろくろで作る蓋物作り 筒上げ、蓋受け、芯だし、削りのやり方


電動ろくろで作る蓋物

久々に電動ろくろを回してみました。 特に作りたい作品もないので、蓋物をつくる事にしました。
CIMG2336四個の蓋物です。 家内がこれな~~に?って聞いてました。 何でしょう? 最初は急須を作るつもりで始めたんですが、途中で、方針を変更して、蓋物にしました。 でも、単なる蓋物でも面白くないので取っ手を付けて見ました。 これが正体不明の原因です。 ゴルフボールは大きさの比較用です。 かなり小さめの蓋物ですね。

部品作陶 完了

CIMG2325 これが、初日の作陶が終わった段階です。 取っ手以外は部品が揃ってますね。これを一晩乾燥させて半乾き、翌朝削りの作業をします。 室内の温度や、湿度によって変わりますが、一晩で適度な乾燥になります。 温度が高い為、新聞一枚は掛けておきます。 注ぎ口の部品がかなり薄い為、乾燥しすぎが心配です。

翌日、この日は朝からかなりの高温で天気予報では真夏日。。やばいな。。前日の大雨から、急変です。

本体や蓋を削っている間に注ぎ口が、乾燥してしまいました。 濡れタオルでも掛けて於けばよかったのですが、ここで方針変更して、上の作品になりました。

Youtube動画 電動轆轤での作陶のやり方

このブログ記事のテーマが次のYoutube動画です。 今回の動画で、Youtube 36本目になります。最初に動画を投稿してから、数年になりますが最近は動画の編集力なども上げって来ました。 自撮りも慣れて来ましたので、今回は意を決して今回の蓋物の動画を撮影しました。 ちょっと、長めで20分程です。
電動ろくろに興味を持っている人であれば、面白いかも知れませんが、かなり真面目な作陶の動画です。 良かったら見て下さい。

裏の林では、カラスが鳴いたりウグイスが鳴いたりの環境ですが、こうして電動ろくろに集中していると回りの事は関係ない自分の世界で楽しめます。 陶芸好きな人には、電動ろくろはお勧めです。


陶芸にハマった人は皆いつかは電動轆轤をやって見たいと思っていると思います陶芸歴の長短に関係なく、ある時点でマンネリ化してくる人も多いと思います。  もっとランクアップの陶芸を目指すあなたに、電動轆轤はお勧めです


もうワンランクアップの陶芸へ邁進

陶芸が本当に好きで、色々の本を勉強してある程度陶芸の腕が上がってくると、どうしてもやって見たいのが電動ろくろでした。

電動ろくろの教室にも通いやって見ると実に面白いのですが、大物になるとやはり難しい技法jです。半年ほど、教室に通ってその間、電動ろくろを買うかどうか、迷いに迷いました。

と言うのも、我が家はマンションで、設置するスペースの問題。 電動ろくろを買う事で、焼成用の窯を買ったり、 それに付随したものが沢山増えて行く可能性があります。 それが怖い。。そして、この年齢で、何時まで陶芸を続けれるかとの懸念もありました。

半年も迷いに迷って購入した電動轆轤ろくろです。 買って本当に良かったと思います。 価格的にも6万円程でかいますので、これから、10年使ったら、6000円/年で、十分に投資に見あった見返りりがあります。 又、電動ろくろが使えると言う大きな満足感もあります。

電動ろくろで、くるくると粘土を回して、アッと言う間に、作品が次から次へと出来る。これ真さに陶芸家の目指す道って感じ。。。

我が家の電動ろくろ

出来るだけ、省スペースの電動ろくろを買いました。結果は買って大満足!!!

単に、電動ろくろではなく、陶芸の技量が格段アップしたように思います。例えば、電動ろくろをやるには土練りが出来ないと、作品は作れません。 所謂『土の荒練り、菊練り』です。 これは、陶芸の基本中の基本なんですが出来ない人がほとんどではないかと思います。 電動ろくろを買うとやらざるを得ません。

又、単に作品だけではなく、削りもしっかりと覚えなくてはなりません。その結果、紐つくり、たたら作りの作品の質も随分向上した様に思います。

日本電産シンポ製電動ろくろ

もっと安い電動轆轤も販売されてますが、実売価格は6万円程で、低価格商品とほぼ同等です。 電動轆轤の購入を検討されている人は、お勧めです。

日本電産シンポ製

  • 日本電産シンポ製
  • 品番:RK-55
  • モートル
  • 電源単相100V、100ワット
  • 回転 右、左 0~250回転/分
  • 回転スピードコントロール フットペダル
  • 質量 23kg
  • ドべ受け(2分割)
  • 外形 幅560 X奥 720 X 高740mm
  • 本体価格 88000円 (送料込)

上部からの写真

CIMG0331

  • ターンテーブルは30cmです。
  • ドべ受けに土が残ってますが、成型時の削りかすです。後ほど集めて再利用します。資源は大事にすることが環境保護になると思います。でも、粘土を変えるとその都度、掃除をする必要があり、少々めんどうです。

設置場所ですがベランダの片隅にすっぽりと収まりました。ろくろの下の足の間には大きなスペースがありますので、陶芸道具の置き場になります。

筒上げの技術

電動轆轤の技術の課題として筒上げがあります。電動轆轤の教室で教える筒上げは、1.5kgの土で、直径10cm位の円柱を最低25cmに、出来れば30cm以上に掻き上げるる事を言います。これが難しく、あと数センチが上がりません。

この技術がないと、大きな高さのある花瓶などは作れません。

そこで、You Tubeで見つけたのが、この台湾系のアメリカ人のLinさんのサイトです。
氏は、アメリカカリフォルニア在住の方で、電動轆轤の基本から上級のテクニックまで、You Tubeの動画で披露されてます。興味がある方は、是非見て下さい。 本当に参考になります。 この方の動画が数百本アップされています。

残念ながら、英語での解説で分かり難いと思いますが、見るだけでも参考になります。 是非、その他の動画も含めて見て下さい。

この人のテクニックは、素晴らしく。 この様な陶芸家になりたいと思って、日々研鑽を積んでます。