飛びカンナ文様 小皿の制作


本焼き作品

こんなに綺麗な作品になりました。 途中ではいろいろと失敗はありますけど。。その話をしましょう。

失敗 1: 釉薬 当初の予定は、織部と黄瀬戸の予定だったんですが、話をしながら、施釉をしていたら、イラボの半掛けをしてしまいました。 結果オーライといった感じで、イラボも悪くありません。

失敗 2: 施釉の順番が、織部の半掛けをして、イラボを掛けましたが、イラボ、織部の方が掛け分けがスパッと綺麗になったでしょう。 でも、イラボに織部の掛かった部分も悪くはありませんね。

失敗 3: 掛け分けは良かったのですが、1:2のほうが良かったかなと思ってます。 織部 1、イラボ 2

失敗 4: タンパンが間に合いませんでした。 タンパンと黄瀬戸を考えていたのですが。

作品概要: 直径160mm 高さ15mm 厚み 3mm 重さ240㌘

      釉薬:織部、イラボ

コメント:
飛びカンナの文様が、両面ともに綺麗な作品です。 飛びカンナについて、『素地に飛びカンナをかけると失敗はありません。』 言ったのは、こういうことです。特に、織部や、飴釉などは綺麗に出ます。 (飛びカンナに興味がある方は、上のメニューから、飛びかんなをクリックしてください。 詳細な説明や、Youtubeの動画のリンクなどもあります。)

 口縁の部分に少し歪みが出てますが、厚みが3mmほどですので、こんなもんでしょう。

“飛びカンナ文様 小皿の制作” の続きを読む


25cm 中皿 作陶 白化粧土 印花 & 飛びカンナ


シンプルなお皿を作ってみました。 粘土は半磁土1kg。 化粧土は白。 半磁土と白化粧土の白の違いで表現することになりますが、例えば、織部や黄瀬戸などの釉薬では、たまっだ部分と流れた部分の濃淡の差が出て、飛びカンナの文様が綺麗に表現されます。 又、印花も真っ白な印花が、織部や、飴釉でも、クリアに出ます。

BGMにカントリー&フォークのジャンルの、Avocado Street by Wet Hunchinsonを使ってみました。 愛犬ゆうたさんの好みにあいますでしょうか? Youtube musicには、著作権フリーのブルーグラスはありません。。Enjoy it, please!!


七転び八起き もう一つ九起き  南部生涯学習センター お皿 本焼き


もう一つの本焼き作品を紹介しましょう。
今回は墨流し・飛びカンナのスープ皿です。 基本的には黒基調ですので、シックなお皿になりました。 掌がとってもいい感じに仕上がりました。

白い、クラムチャウダー、コーンポタージュなんかに似合わないかな?

黒 スープ皿 一対

小ぶりのスープ皿 一対です。 サラダボールには少し小さいかな?

裏面 黒化粧土 飛びカンナ文様

信楽の白粘土に、黒化粧土を塗り、飛びカンナを施しました。 両方の作品共に、綺麗な飛びカンナの文様が浮かびあがりました。 黒の化粧土が飛びカンナで飛ばされ、綺麗な文様を出してます。
点々とした文様は点描、長い線状の文様は線描と言います。
この違いは、飛びカンナの角を使えば点々、刃全体を当てれば線の文様が付きます。

墨流し

CIMG2382この文様は、素焼きの時の状態ですが、本焼きでは、白と青の化粧土の発色が悪く、薄く墨流しの文様が出る結果になりました。意図していたよりもかなり薄く、考えようによっては余り目立たなくても良いかも知れません。
この原因は、① 黒の発色が非常に強い ② 白の化粧土が薄すぎた ③ 青の顔料の分量が少なすぎた 混ぜる化粧土の5~10%は混ぜるべきですね。。(個人の顔料だった為、少し遠慮して分量を少なくした為)
CIMG2617

本焼きではこの程度の発色になりました。 青味をもっと強くすれば、油滴天目風になるかもしれませんね。

人工の油滴天目の釉薬は市販されてますがこの陶芸教室には有りません。 個人の材料の持ち込みは禁止ですので。。残念

作品スペック

CIMG2630直径、120mm, 130mm

深さ: 約40mm

重量:250–260 gram

内側: 黒、白、青化粧土の墨流し

外側: 黒化粧土、飛びカンナ

この作品は全体としては、良い出来なんですが、一点気に入らないところがあります。 取ってを最後に付けたんですが、黒化粧土が濡れていない部分があり、この塗り残しの部分が目立ちます。 最後まで、しっかりと仕上げる事が肝要ですね。

又、内部の仕上げがもう一つスムーズに行ってませんね。 こうして釉薬を掛けるとそれが目立ってしまいます。

今週仕上げた六角の捻じれ花瓶も黒化粧土を塗りましたので、波紋の部分に完全に黒化粧土が塗れませんでした。 釉掛けで、何とか補完しないと又、ガラクタが出来そうです。


陶芸 長皿、扇皿、角皿 本焼き


和風料理に合う、お皿

陶芸作品で奥様方にもっとも人気があるのがお皿です。 小さな、豆皿から、さんまの載る様な長皿まで。 お皿は、百円ショップでも、大量生産の品物が沢山売られているのですが、大量生産品は味がないと言うか、やはり安ものにしか見えませんね。

最近、色々な所に和風料理や、創作料理を出すお店が沢山ありますが、そう言うお店の器はその料理にあったものが使われています。 当たり前と言えば、当たり前なんですが、家庭でも料理に合わせて器を変えると、雰囲気も新鮮になりますね。

近所の奥さん達に頼まれてお皿を作って見ました。 もちろん無償奉仕です。。

今日は、お皿の本焼き品を紹介します。

長皿

このお皿も、3mmのたたらの作品です。 惣菜入れのプラスチック容器を石膏で型取りし、たたら板を載せて成形して見ました。
口縁には、鬼板で、”皮クジラ”の縁取りをして、アクセントを付けてみました。

内側に、呉須と鬼板で下絵付けをして見ました。 呉須の葉っぱにもう少し勢いがありませんが、全体的には良い雰囲気で仕上がりました。 それにしても、素焼きの肌に絵付けをするのはやはり難しい。。でも、面白いです。
各お皿、500gの粘土を使い”たたら作り”の作品です。 陶芸の技法としては最も簡単ですが、土の分量からして、3mmのたたらとしました。 この厚みとなると軽くなるのですが、薄過ぎてすぐに壊れそうです。 黒化粧の装飾がもう一つ上手く行ってませんが、使いやすいお皿でしょう。 “陶芸 長皿、扇皿、角皿 本焼き” の続きを読む


たたら作り お皿


作品名:たたら作りお皿各種
作 者: ノーマンリッチ
性 別: 男性
陶芸教室: グループ 楽寿荘 陶芸教室

豆皿

今、日本では豆皿がブームになっているそうです。 色んな窯元から、キュートなお皿が販売されているそうで、何しろ、お値段が手ごろと言う事もあるのでしょう。

豆皿

織部秞を使ったお皿各種です。たたら板は3mmに仕上げて軽量さと、キュートさを目指しました。
出来あがると、余り軽く、若干安定感に欠けるかなと思いますが、全体的には良い仕上げです。
CIMG2252左: リーフ皿

中央下: 四角皿 織部、天目掛け分け

中央上: 丸皿 織部垂らし

右: 丸皿、 織部 皮クジラ

 

 

黒天目仕上げのお皿

このグループは、黒天目と透明秞の仕上げです。 写真では伝わりにくいと思いますが、和風創作料理のお店で出しても使えそうなお皿です
CIMG2253左下: 長方形皿 軽いカーブ 100g

下中央:豆皿 80mm 68g

右下: 豆皿 80mm 40g

右上: 長方形皿 210 x150mm 261g

 

“たたら作り お皿” の続きを読む