日本六古窯 丹波・立杭焼き 窯元路地歩き |日本生まれの日本育ちのやきもの産地


日本六古窯の丹波立杭焼き 800年の歴史

日本六古窯とは、平安から鎌倉時代に始まった窯。瀬戸、常滑、丹波、備前、越前、信楽を指します。六古窯以外にも全国各地で鎌倉時代の窯跡が数多く発見されていますが、いずれも淘汰されていきました。良質の器を安く効率良く生産し、各地へ販路を拡大して産業として根付いたものが六古窯です。

丹波焼は、正式には丹波立杭焼きで、丹波焼と立杭焼きは同じ産地です。立杭は丹波地区の一部で、この辺りに多く窯元が点在しています。

丹波焼とは (以下丹波焼 ガイドより抜粋)

丹波焼は、平安時代末期に発祥したとされ、生徒・常滑・信楽・備前・越前とともに日本六古窯の一つに数えられてます。桃山時代までは「穴窯」が使用されてましたが、1600年頃に「登り窯」が導入され、同時期に蹴りロクロが導入され、産地の発展を遂げました。

丹波の蹴りロクロは、日本でも珍しい左回転です。 当初は、壺や甕、すり鉢が主製品でしたが、江戸時代前期小堀遠州等の指導により、茶入・水指・茶碗などの茶器類に多くの名品を生み、後期には篠山藩の保護育成により、直作、一房、花遊などの名工が腕を競って、丹波焼の名を高めました。

窯が開かれてからおよそ800年、陶器ならではの温かみがある素朴な「生活用器」が焼き続けられてます。

立杭焼きと丹波焼

丹波焼と立杭焼きは同じ焼き物です。 正式には「丹波立杭焼き」です。 立杭は兵庫丹波の南西部に位置し、四斗谷川に沿う南北に長い渓流、西に和田寺山、東に虚空蔵山があります。

その谷間の集落、上立杭・下立杭を中心に約60軒の窯元があります。窯の大部分は西側の山の斜面の設けられています。 山の斜面にそった長い屋根が見えますが、これは窯元の登り窯を覆った屋根で、郷の中を歩くと、その歴史や陶芸の郷の雰囲気が満喫出来ます。

丹波焼の見どころとお勧めスポット 兵庫陶芸美術館

兵庫陶芸美術館 -土と語る森の中の美術館-:入場料 800円

丹波焼の展示はもちろんの事、特別展示も開催されています。 3月10日~5月27日は、「弥生の美」ー土器に宿る造形と意匠ーをテーマに、31点の重要文化財を含む160点が展示されてます。

約2400年~3000年前頃に、稲作が大陸から、九州北部に伝わり、それまで、狩猟や、採集をして自然と共生して来た人々の生活は、農耕を中心とした生活に変わります。 狩猟の人々は、縄文時代、そして縄文時代の末期に農耕が始まると、狩猟をしてきた人々は、徐々に日本の東や北に移動して行きます。

稲作とともに、青銅器や鉄器も伝わり、新たな道具の普及は農耕生活や社会構造にも影響を与え、もっとも身近な道具であった土器は、用途に合わせた多様なものが作られるようになったそうです。

確かに、写真でみる縄文土器とは全く違った形をしてます。(写真撮影不可で、見せることはできませんが、弥生の土器は薄くて、現代でも通用しそうなものが沢山あります。

パンフレットには、こんな土器が載ってます。右上の人面付つぼ型土器を除けば、私たちが陶芸教室で作っているような作品ばかりです。

弥生の時代には、轆轤ではありませんが、回転台があって、それで成型をしたり、削りをやっていたようです。右下は、赤の化粧土を塗ったもので、第二酸化鉄(弁柄)をこの時代から使っていたようです。

そして、土器の厚みは大変薄く、大物でも3mm位の厚みのものもあります。 これは、縄文時代は野焼きの為厚く。 弥生時代には、灰を被せて焼成をしていたようで、その為、均一に硬く焼成することが出来たようです。
丹波焼ギャラリー: こんな作品が見れます。 左上の作品は鎌倉時代後期の作品だそうです。 丹波の赤土で作られた温かみのある作品です。

丹波焼の見どころとお勧めスポット 立杭陶の郷(たちくいすえのさと)

この立杭陶の郷は丹波伝統工芸公園で、兵庫陶芸美術館より、車で数分のところにあります。 ですから、美術館を見てここを訪問そして、焼き物の郷を散策するようにすれば、良いでしょう。

施設内には、丹波焼の展示即売場の「窯元横丁」があり、50軒を超える窯元の作品が見れて購入が出来ます。

窯元横丁で販売されている陶器の内、私の好みのものを思いきり写真を撮って来ました。 京都の陶器やさんなどは、写真撮影させてくれないのに、ここは会計以外は、無人見たいなもので、好きなだけ手に取って見れて写真も自由です。

いっぺんに丹波焼のファンになってしまいました。


陶芸教室もあり、有料の陶芸体験ができます。 ファミリーや、友達のグループなどに最適かと。丹波の土で作陶をして、後は焼成をして送ってくれるようです。陶芸教室で見た、4人家族の陶芸の雰囲気。とっても素晴らしかった。 ご夫婦と、小さな男の子とそんなの子でしたが、とっても温かな家族の雰囲気でした。

きっと子供さんたちは健康にすくすく育ち、作った作品は一生の宝物になって、家族円満の宝物になるのではないかと勝手な想像をして帰って来ました。

その他、レストラン・研修室・テニスコート・バンガローなどが整っているようですから、宿泊をしてゆっくりするのも良いかと思います。

丹波焼の見どころとお勧めスポット 窯元路地歩き

ゆったりとした山里の雰囲気を味わったらいかがでしょうか? 丹波観光サイトにアクセスしていただければ、路地歩きなどの情報が沢山あります。この路地歩きでは、ルート②の中にある、立杭の最古の登り窯は是非見ておいてください。

三つのルートがあります。
ルート➀ 北の窯巡りコース 所要時間 約1時間 歩行距離 2km

ルート② 丹波の郷 窯元路地歩き 所要時間 約1.5時間 歩行距離 約2km

ルート➂ 丹波焼と里山自然コース

立杭最古の登り窯

皆さんは登り窯や穴窯は見られたことがありますか? 私は今回初めて見ました。それも沢山の登り窯があちこちに。 路地歩きの途中に立杭最古の登り窯があります。

日本日本遺産に認定された立杭最古の登り窯だそうです。明治28年に構築されて、長さは何と47mです。 兵庫県の文化財に指定されていて、平成27年に修復されたそうです。

年に一度くらい焼成に使われるようですが、窯焼きはさぞかし迫力があることでしょう。

陶芸愛好家の為に近場の観光スポット

最近は、窯元も少しずつ減っているようで、実際に稼働しているのは、50軒の弱の様です。陶芸の郷には、あちこちに陶芸教室の看板があります。 多くが家内工業みたいな感じですし、陶磁器などは、大量生産で沢山の廉価なものが売られてますので、陶芸だけで商売が成り立っているところは少ないのではないかと思います。

陶芸をやっている方には最高の場所です。 それにしても、素晴らしい作品の数々。 やはり、丹波の赤土と、穴窯や登り窯で焼成された作品はなんとも言いえない味があります。 いっぺんで、丹波焼のファンになってしまいました。やはり、土と焼成でしょう。

ちなみに丹波の土は赤土で、土の量に限りがあるために、一般には販売されていないようです。 その為、陶芸教室で土を5kg購入して来ました。 1000円と少し高いですが、立杭焼きを是非作ってみたいと思います。

大阪から、車で約1時間。電車では、JR福知山線の相野駅下車、神姫バスで10分だそうです。 毎年10月中旬の土日には、丹波焼陶芸祭りが開催されるそうですので、日帰りの訪問は如何でしょうか。 きっとあなたの陶芸への思いが更に深まる事間違いありません。


たたらで作る 14面花器の制作 ! ちょと変わった形の花入を作ります


少し、変わった作品ですが、たたら作りで14面の花器を作ります。

見た目以上に簡単に出来る作品で、手間は少しかかりますが、満足の行く仕上がりになる事間違いなし。

是非挑戦して見て下さい。

作品本焼き

この作品は見る角度でいろんな表情を見せてくれます。 釉薬は、黒天目一色ですが、少し赤みかかってます。

こちたは同じ技法でも絵付けをした作品です。

同じ作品でも、置き方を変えただけで、少し変わった雰囲気を醸し出します。これは写真撮影用に2個載せてますが、別々にこんな形で置くと少しかっこいい作品です。

 

両方ともに下絵付けをした作品です。左が弁柄、右が呉須

こちらは、普通に置いた作品です。 右側のものは、呉須がが上手く発色してくれましたが、左の弁柄で描いたものは、色が全て飛んでしまいました。

多分、趣味の店で買って来た弁柄が悪かったものと推定してます。

素焼きに弁柄で絵付けをしたものがこの写真です。 青波文様など、各面にいろいろな図柄を入れて見たんですが、見事にすべと飛んでしまいました。

こんなに赤く焼きあがることは想定してませんでしたが、弁柄の少し黒っぽい茶色に仕上がると思っていたんですけど。 見事飛んでしましました。

作陶の手引き 正四角形と正三角形の組み合わせ

技法:
たたら作り5mm厚、首=紐作り)、粘土1kg
道具:
たたら板 5mm厚 x 2、 麺棒 x 1、 日本タオル1~2枚、陶芸用針(ナイフ、又は、千枚通しでも可)、友土(同じ粘土をどべにしたもの)のどべ

ご参考:
麺棒は百円ショップでに売ってます。 曲がっていたりしますが陶芸用にはまったく問題ないと思われます。 高いものを買う必要はありません。

たたら14面:
天と底: 正四角形 2枚、 側面: 正四角形 4枚、正三角形 8枚 これを合わせて、14面です。

この作品は、正四方形は7cm、三角も7cmの正三角形 これでお分かりと思いますが、この4角と3画の辺を接着して作るだけなんです。・・・簡単でしょう。

型紙作りと、組み立て

ティッシュペーパーの空き箱などを利用して、型紙を必要数作ります。 そしてそれを、テープを使って貼って組み立てます。

これで、作品のイメージが掴めると思います。
こんな感じでティッシュペーパーの空き箱を使ってテープで止めてます。

たたらでの作品は型紙が大事です。

組み立ての順序だけではなく、綺麗な作業が手早く出来ます。 それにより、粘土にストレスを与える事が少なくなります。

成型の要領と手順

  1. たたらの粘土板つくりは、ここでは省略します。 5mmに延ばして、型紙をあてて大きさを確認します。
  2. 一時間程、放置して、少し硬くなるのを待ちます。
  3. その間、首を作っておきましょう。 手ろくろで紐作り。 勿論、たたらでも大丈夫
  4. 少し硬くなったら、14枚の部品を針や、ナイフなどで切って作ります。
  5. 組み立ての始まり。 各部品の接合部は突き合わせの角度を考慮して面取りをします。
  6. 例 90度であれば、45度。 120度であれば、、60度です。 この大まかな角度を掴む意味でも、型紙で作って見る事が必要です。
  7. 全ての辺を面取りしたら、針で接着面を荒らして、どべを塗りしっかり押さえて接着します。 兎に角、剥離だけは避けたい。
  8. 接着が終われば、内側には細い粘土の紐を内側から付けて、補強します。
  9. 底の4辺に三角形を4枚接着、そして、三角形と三角形の間には資格の粘土板を接着
  10. 次は、上の、三角形を4枚接着します。 各工程で、内側から、細い粘土(こより)で補強を忘れないように
  11. 最後の天板は、首の大きさの穴を開けて、首を接着します。
  12. そして、本体との組み立て。 こよりは付けれませんので、接着面を針でしっかり荒らして、接着面をしっかり押さえてやります。

ファイナルタッチアップ

これで、完成ではありません。 各接着面の接着を補強することと、最後の成型の仕上げをするために、たたら板で各面を叩いてやり、形を整えると共に、接合面の隙間などを締めてやります。
叩きすぎてもいけません。 冒頭の黒天目の作品は初めてつくったもので、余り上手く成型ができず、成型をするのにやり過ぎて、変形をさせてしまいました。 ほどほどに。

後は、絵付けなどの装飾や釉薬の選択だけです。 弁柄の飛んだ白い作品はこのままでもよいのですが、漆を塗って陶体漆器にしようかもとも思ってます。

YouTube動画もアップしてます。 作陶時の参考にして下さい⇒YouTubeへ


焼成サンプルの活用で素敵な作品を|絶対失敗しない陶芸技法


陶芸用の釉薬は様々なものが市販されています。 陶芸教室にも、沢山の釉薬がおいてあると思いますが、陶芸作品の良し悪しを決める大きな要素の一つが釉薬の選択と施釉です。

陶芸の失敗の多くは施釉にあります。 作陶から、素焼きまでは上手く行っていたのに、本焼きが上がって見ると、自分の思っていたものと大きく懸け離れていて、がっかりすることは、皆経験してますよね。

思わずたたきつぶしたい心境になったことありませんか。

やはり、施釉は難しいし、でも、ある程度ノーハウをつかめば、作品の出来栄えが格段に良くなるのも確かです。

そこで大事になるのが、焼成サンプルとその活用です。

焼成テストピースの活用

釉薬の色目・発色は、いろいろな要素で変わるのはよくご存じの通りです。 メーカーの違い、生産ロット、厚掛け、薄掛け、焼成(還元焼成、酸化焼成)でも、そしてベースとなる土の違いでも大きく変わります。 なんとなくそう思っていても、ついつい妥協して本焼きをしてから後悔するケースが多いですね。

そこで登場するのが、焼成のテストピースです。(半磁土と信楽の赤で、先日作って見ました。今後、信楽の白のサンプルと、重ね掛けなどのサンプルを作る予定です)。

このテストピースは、印花、黒、白化粧土、黒呉須、藍呉須が塗ってあります。私たち、陶芸の素人はこの焼成サンプルをもっと活用すべきですね。

陶芸のベテランやプロになればなるほど、多くのテストサンプルを作ります。

写真では、インクなどで色目が変わってしまいます。 本当の色は現物のみです、使っている粘土と釉薬で、実際に焼成して、それを参考にして、釉薬や釉薬の厚みを決めます。

単にこれだけですが、このテストピースで、厚掛け、薄掛け、化粧土の種類、呉須(黒、青)、下絵具の発色など、いろいろな要素が分かります。

少なくとも、この焼成サンプルを見れば、特定の作品に釉薬を掛けた時の仕上がりが分かります。 陶芸の釉薬の選択にとっては絶対必要なものです。 これで、釉薬の選択に迷いがなくなります。


黄瀬戸と胆礬(タンパン)を使った装飾


陶芸をやっているとタンパンと言う言葉を聞きます。下の作品が黄瀬戸にタンパンを塗った作品です。 タンパンは下に記載してある人工のタンパンですが、抜けタンパンは出ませんが、タンパンの雰囲気は出てます。

たんぱんって何?

胆礬(たんばん、chalcanthite)は鉱物(硫酸塩鉱物)の一種。化学組成は硫酸銅(II)の5水和物(CuSO4・5H2O)であり、水によく溶ける。 5水和物をネットで見ると、ブルーの水晶のようです。

胆礬は昔から黄瀬戸、灰釉などのワンポイント模様として重宝されています。 胆礬を水で濃く溶き、釉掛けした釉薬の上にワンポイント模様として塗ります。濃い部分は焦げた感じになり、薄い部分は濃緑になります。濃い部分は流れ気味になります …

和 名:たんぱん、膽礬(硫酸銅) 英訳名:Calcanthite、Copper vitriol

タンパンは鉱物で、その成分は硫酸銅です。 硫酸銅は、以前は農薬に使われたり、食物にも微量が添加物として使われています。

今では、自然のタンパンは少なくなっていて、人工的に合成されたものが陶芸ショップ等で販売されています。

黄瀬戸と胆盤の装飾

黄瀬戸は、安土桃山時代に美濃で焼かれた瀬戸系の陶器で 淡黄色の釉(うわぐすり)をかけたものを言い。黄瀬戸は大別して二つあるそうです。

油あげ手、あやめ手

ひとつは、釉肌が、ざらっとした手触りの柚子肌で一見油揚げを思わせる色のものを「油揚げ手」と呼び、光沢が鈍く釉薬が素地に浸透しているのが特徴。

多くの場合、菊や桜や桐の印花が押されていたり、菖蒲、梅、秋草、大根などの線彫り文様が施されており、この作風の代表的な作品「菖蒲文輪花鉢」にちなんで「あやめ手」とも呼ばれています。

胆礬(タンパン)は、鉄釉の焦げ色のあるものが理想的とされ、とりわけ肉薄のためにタンパンの緑色が裏に抜けたものは「抜けタンパン」と呼ばれて珍重されています。

ネットで販売されている黄瀬戸の器に、焦げた文様のある作品と、黄瀬戸の器に線彫りされた部分に緑のにじみみたいな文様があるものがありますが、タンパンの作品です。

菊皿手、ぐい呑み手?

もうひとつが、明るい光沢のある黄釉で文様がないもので、「油揚げ手」に比べると、肉厚で文様のないものが多く、菊型や菊花文の小皿に優れたものが多かったことから「菊皿手」と呼ばれ。

又、六角形のぐい呑みが茶人に好まれたことから「ぐい呑み手」などと呼ばれる。この手の釉には細かい貫入(釉に出る網目のようなひび)が入っている

黄瀬戸は、3号石灰(6)、福島長石(8)、天然松灰(10)、中国黄土(1)の配合比で作られるます。

タンパンの作品例

Yokko-sanの作品:

タンパンは自然のタンパンからつくられたものが使用されています。その結果、抜けタンパンが出てます。

自然のタンパンの塗布の順番は、タンパンを筆塗りして、黄瀬戸をその後施釉します。 濃さは、薄い緑の部分が数回筆で塗り、濃い黒茶の部分は更に筆で塗り重ねたもの。 タンパンとその発色具合はテストピースを作ってから、発色や、抜けタンパンの程度を見ます。


20161018_225811

こちらも、Yokko-sanから投稿された作品です。 線彫りの上にタンパンが塗られてますので、『あやめ手』の作品ですね。
タンパンの色が青みを帯びてますが、実物は緑色だそうです。
20161018_225820よく見ると、葉っぱの、まわりは緑ですね。

 

 

 

 

 

%e3%82%bf%e3%83%b3%e3%83%91%e3%83%b3

この作品は、我が家にあるお皿ですが、3箇所に緑の点があります。

黄瀬戸はかなり薄くかかっており、削りの後に溜まった黄瀬戸の濃淡がいい雰囲気の味を出してます。

これが『菊皿手』や『ぐい呑み手』と言われるものかも知れません。 3本の脚がついてますが黄瀬戸に緑の斑点が3つあります。

タンパンの購入方法

ネットで”硫酸銅”で探して見たんですが適当なものがありません。最後に行きたいついたのが”タンパン””陶芸”をキーワードにして検索すると、結構取り扱っているところがあります。

楽天市場で、200グラムの粉末を購入することにしました。 価格は結構高くて、約1000円+送料。 量の割には結構高額ですね、

タンパンのテスト

タンパンが届いて早速使って見ました。その前に、説明書に以下のように書かれています。

陶芸用着色絵の具 胆礬

胆磐は、昔から、黄瀬戸釉・灰釉などのワンポイントの文様として重宝されています。 この胆礬に水を加えて濃い目に溶きます。釉掛けをした釉薬の上に、ポイント文様として塗ります。

濃い部分(2~2.5mm位)は焦げた感じになり、薄い部分(0.5~1mm位)は濃緑になります。 濃い部分は流れ気味になります。合成品ですので、毒性はありません

塗る量が分からず、メーカーに問いあわせた結果、上の数字は塗った後の厚みとのことであること。塗る順番は、説明書にあるように施釉して、次が胆磐。又、この合成品は硫酸を含まないため、毒性がないこと、又、その為、抜け胆磐は出ないそうです。

この塗布の順番を間違えると上手く発色してくれません。

タンパンのテス本焼き結果

ぐい呑み3点の本焼きです。小さな作品ですが、黄瀬戸を掛けて、焼成して見ました。
メーカーの説明書とおり、薄がけと厚掛けをやってみました。 2mmとの説明で、かなりの厚みになりますので、たんぱんの粉末を水で濃く溶き(呉須の骨描き見たいな濃さ)、筆で、塗った結果です。

かなり、濃く出ました。 2mmはかなり厚いです。 中央の部分が、こげ茶色に、そして流れた部分が緑を帯びてます。
せっかくのいい作品でしたが、タンパンの文様が大きすぎて、黄瀬戸のよさが壊れた感じです。

このタンパンは人工の合成品で硫酸を含まないため、抜けタンパンは出ません。 メーカーの説明通り、これだけ厚く塗っても、抜けタンパン(塗った反対側にタンパンが出る)は出ませんでした。

黄瀬戸の色目は、真ん中のものが、実物に近く、他のものは撮影時の光の加減です。

黄瀬戸とタンパンの発色  ”抜けタンパン”

この茶碗は、黄瀬戸とタンパンで仕上げてあります。 タンパンを塗った部分は、作陶時、櫛目を入れてあります。


これが、タンパンにピッタリで、櫛目の部分にタンパンが溜り良い文様を出してます。また、内側には、緑の”抜けタンパン”が綺麗に出ています。

今回使ったのは合成のタンパンではなく、最近は貴重になっている自然のタンパンです。 この黄瀬戸とタンパンの茶器は茶人に昔から珍重されていたとのことですが、淡泊な黄瀬戸の肌によく合います。


陶芸本焼き 醤油差し 化粧土重ね流し掛け


裏山の竹林から、沈む太陽の光が綺麗に見えてくる季節になって来ました。 昼間は鶯の鳴き声が聞こえて、周りの桜の木々には白い花があっと言う間に咲き始めました。 こんなに暖かい日々が続くと、すぐに桜の満開の日が競うです。
この季節で、厄介な杉の花粉の季節も終わつつあります。 今年の杉の花粉は言われているほど多くなかったですね。 でも、これで油断してはだめです。 今から、ひのきの花粉が飛ぶようになります。

今日の本焼きの紹介は出来立てほやほやの”醤油差し”のような作品です。 この作品、手回し轆轤で作った割には綺麗な仕上がりです。 注ぎ口はたたらで、扇型の平板を作って丸く成型したものですが、いい感じの仕上がりです。

この作品の最大の特徴は、三種の釉薬を重ね掛けして流したところにあります。 ピンク、緑、青ですが、青の上にピンク、そして、緑を厚めに重ねて溜め、上下に衝撃を加えて流したものです。 一種の墨流しですが、下地には化粧土を塗ってません。 そこで命名したのが、化粧土重ね流し。

この技法は、先日のイッピンで、萩の陶芸家がやっていたものをやって見ました。 面白い技法だと思います。 青の発色がよくありませんので、もう少し青の顔料を加えたいと思います。

全体に白か、黒の化粧土を塗り、その上に、他の色化粧土を流したら、面白い作品になると思います。

蓋は、後で電動轆轤で作った、削り出しのものです。 ここでのポイントは、蓋のつまみですね。 この形状が悪いと滑って、使いにくいものになります。 逆三角形みたいな形状がいいですね。