素焼き作品の釉掛け


今日も暑かったですね。 忙しい一日でした。 朝から陶芸教室に行って釉掛け、それが終わったら、ゴルフ場に行ってパットの練習。次がポケモンGoを使って見ました。帰ってから、ブログ記事を二つ。。

実は、それだけではなく、朝5時半に起きて、7時頃から、静かにギターの練習。 ギターを弾きながら、MLB観戦。 ダルビッシュが怪我から復帰、残念ながら負け、イチローは代打で三振、MLB 3000本安打まで、あと4本です。 これだけ偉大な選手はもうしばらくは出ないでしょう。
テレビを2画面にして、ダルビッシュとイチローの試合を同時に見てました。

ヤンキースの田中は6回勝利の権利を持って降板、後が打たれて勝敗つかず。 マリナーズの青木が、2、3塁打一本ずつ。。日本人選手が頑張ってますよ。

マリナーズの岩熊は今季は既に10勝です。 それにしてもマリンズのイチローの起用はおかしいですね。 代打ばかりなのに3割以上も打ち続けていて。守ってよし、打って良しの偉大なプレーヤーが、代打でしか出場させて貰えないとは。。。日本人だけではなく、アメリカ人達も違和感を感じているのではないでしょうか。。。。

他のチームに行ったらもっと活躍できるのに。。。日米通算では、ピートローズの47○○本をとっくに超えているのに。。。このピートローズは、現役では偉大なプレーヤーの一人なんですが、現役引退後監督になり、野球賭博に手を出して、球界を永久追放になってます。。そんな野球人失格者が、イチローの日米通算安打を認めないとほざいています。。。

それでは陶芸です。。。良い作品が出来つつありますよ。。(^^)

CIMG2485

今週は、7点の素焼きが完了してました。 と言うか他の趣味で忙しくて釉掛け待ちの作品が貯まっちゃいました。

 

 

 

CIMG2483釉薬が掛ける前に写真と撮ろうと思ったのに忘れました。(笑)左の壺と鉢は白と赤の練り込みで綺麗な文様が出てました。 透明石灰釉を掛けました。 出来上がりが楽しみです。

 

 

CIMG2484真中の小物の蓋物は、半磁土で作った器です。 変形もなく仕上がってました。
釉薬を何にするか悩んだんですが、青磁、天目、あけび、石灰透明の釉薬を掛けて見ました。 まん丸に品の良い出来です。 ちょっと心配があるのですが、蓋の部分は融着しないように蓋と本体の勘合部に撥水剤を塗って、釉薬が載らないようにしたのですが、蓋受けが広い作品もあり、融着しないか少し心配です。

右の四角のお皿は、赤と白の練り込みの作品です。 練り込みの文様と、櫛目が出る様に透明石灰釉を掛けました。少し、取っ手の部分が横に傾いてしまいましたが、これはこれで良しとしましょう。


南部生涯学習センター陶芸教室 テーマ作品 袋物 灯り


袋物仕上げ

今日は作陶2日目で先週からの『灯り』の仕上げです。
CIMG2445一週間前に作陶した割には粘土が軟らかくて作業がし難い事。高台を削り、結局はブドウの絵柄で、ポンスで穴あけの作業をしました。

化粧土が黒と白の三重掛け見たいになって、ブドウを線書きしたんですが、もう一つピンと来ません。

黒化粧土の上から、針で線書きをしたのですが、下地が赤ですので、赤と黒のコントラストとなり、絵柄がしっかりしません。 それにしても、土の柔らかい事。 ドライヤーで乾かして、ポンスで、ブドウの実や、枝、そして、大きな葉っぱを点描的にポンスで穴を開けました。

兎に角、何百の穴を開けたことか、この作業を2時間位やっているとくたくたです。

一応、ここまでは完成です。 写真ではブドウのイメージがまったく出てませんね。

最終の切り離し作業 失敗の巻き

昨年もこの作業の完成度が低く、余り満足してなかったのが、今回の再チャレンジの理由なんですが、又も、同じ失敗をするとは。

写真の作品を、下から14mmの位置でカットすることにしました。 7mmのたたら板2枚を重ねて。 3か所に半円のボスを作りました。

次に、たたら板を当てて、水平に14mmの位置でカットします。ナイフで、慎重に切れ込みを入れて。 ここまではほぼ順調です。

そして、外しの作業に入ったのですが、外れてくれません。 もう一度、ナイフを入れても。兎に角外すと、土が相当に柔らかくて底がかなり変形してます。 原因はカットが一部十分できていなかった事と、土が兎に角柔らかすぎました。

と言う事で、底は潰してしまいました。 上だけで、灯りと言う事になります。

以上大失敗の巻きでした。 

今日の反省点

  • 化粧土の選択は、ベースの粘土を良く考慮すること。 実は化粧土が白黒で、4重位になっていて、これを書き落としで層を出そうとしたのが失敗でした。実はその作業が間に合わなかった。
  • 次の失敗は、切り離しのカットの位置が低すぎた、少なくとも20mm以上のところにすべきでした。
  • 切り離しの作業は、粘土が半乾燥になり、手で持っても変形しない位の固さにならなければ、カットすべきではありません。
  • これ位の手間暇かかる作品は、もっと時間をおいて出来る環境でやるべきと考えてます。 まだまだ、陶芸は初級レベルのようです。
    “南部生涯学習センター陶芸教室 テーマ作品 袋物 灯り” の続きを読む


    透かし彫りの文様


    厳しい暑さが続いていますね。 と思ったら、今日は朝から大雨です。

    この暑さと、毎日変わる天候に体はもう夏バテ気味です。皆さんはいかがお過ごしですか?

    昨日は、同窓会のゴルフの為に、滋賀県の大津カントリークラブへ行ったんですが、家を出発する時から、結構雨が降っていました。 競技会中止の連絡を出発予定のギリギリの時間まで待ってたんですが結局は連絡がなく、車で1時間かけてゴルフコースへ。。気持半分は止めたい。。。

    ゴルフ場へ行くと、やはり皆時間通りに来てます。 そこで、スマホで天気予報を確認すると、午後から、3~5mmの雨との予報で、皆で話をして、やりたい人だけやるということになりましたので、私は喜んでキャンセル。。。

    でも、結局は午前中に雨が時々降っただけで、後は曇りだったようです。。。プレイを決行した人の為にもよかったと思います。 雨や、雷雨の中でやるゴルフは危険ですので。。現役時代は敢えてプレイをしたかも知れませんが、365日晴耕雨読の日々を過ごすわが身にとっては、必要ありません。
    IMG_0416サンタモニカの朝日 ゴルフをやるのはこんな天候の下でやりたいですね。 湿度は低くからりととして、白球が青い空へどこまでも飛んで、吸い込まれて行く様な。。。。

    と言う事で、帰りは時々降る雨の中を、307の道路をゆっくり、のんびりと運転して、帰宅です。 途中で、近くの城陽市に卵の直売をしている養鶏場による事にしました。 京都鶏卵協会(?)見たいな名前の養鶏場が二軒のお店を城陽市の2か所で経営してます。 “透かし彫りの文様” の続きを読む


    楽寿荘  陶芸教室 7月9日 練り込み(マーブル文様作品)


    マーブル(大理石文様)練り込み作品

    マーブル文様を出すには、化粧土の墨流しや、単に違った色の土を(通常 白と赤)を適当に混ぜて自然の文様を出す方法があります。

    今回は後者の粘土を混ぜる方法を選びました。 白、赤土を1kgづつ適当に混ぜました。 ひも状にして軽く、練ってやります。余り、しっかり練ると、均一に土が混じってしまって、文様が出ません。 作品全体に文様を出すには、土全体に白と赤が配合されている必要がありますので、土を、ちぎって、赤白を混ぜてやればいいでしょう。 ま~適当で良いです。

    土が2kgもありますので、作品を3つ作って見ました。

    練り込み花器

    CIMG2434最近の作品は変わった形のものが多くなってきました。
    一輪挿しのイメージで土、500g程度で筒上げをして、それに取っ手を付けて見ました。
    真っ直ぐであれば、当たり前すぎますので、少し胴を膨らまし、そして、両手げんこつで潰して見ました。 “楽寿荘  陶芸教室 7月9日 練り込み(マーブル文様作品)” の続きを読む


    枚方 七夕技芸展 平成28年7月1日~6日


    第26回 七夕技芸展

    6日(水)まで、枚方サンプラザ3号館5階市民ギャラリーで開催されてます。 今回初めて行きましたが、良い展示会でした。 出展種類27種類 出品者 85名だそうです。

    このような展示会に行く機会が増えて来ましたが、毎度ながら、沢山のジャンルで素晴らしい作品が沢山です。 いつも家内が言っているのですが、この様な日本のカルチャーを世界に発信できないものでしょうか?

    現代の知られていない現代の日本の文化ですね。

    行かれていない方は、水曜日までやってますので、是非行ってください。 私が良いなと感じたものをいくつかアップします。 “枚方 七夕技芸展 平成28年7月1日~6日” の続きを読む