陶芸 ここが違うプロ絵付けの技 網目で鍛える染付


陶芸の楽しみで、是非やって見たい染付。 でも難しいと感じているあなた。絵心がないなんて言ってませんか。 でも、いい呉須と、道具があれば、後は練習でだれでもできるようになります。

道具と言っても、質の良い面相筆。言葉で、質を説明は難しいけど、陶芸の専門店の少し高めのものを選べば間違いないでしょう。

私がいつも買うのは京都の陶芸共同組合が販売している800円の面相筆。 プロの職人さんが使う道具です。

今日紹介する網目文様は”弘法さんも筆を選ぶ”で、骨書きが上手く描けないのは道具の性かも?

プロの網目絵付け

こちらは茶碗に現役の絵付け師が網目を染付したもの。 すごかないですか? 線の太さや網目の大きさが一定している。そして、網目の線の太さ、又、一本一本の線が生きていてのびやか。
職人さんは失敗作品だと言ってましたが、どこが失敗なんだろう。中央の放射線の線が3本ほど、少し濃くなっている部分かな?

職人さんの描き方

手回し轆轤と鉛筆を準備します。鉛筆は少し柔らかなものHB程度。 人によっては柔らかい鉛筆は油を含んでいるので、釉薬をはじくと言いますが、硬い鉛筆を使うと、硬い粉が残って、呉須で描くときの邪魔になります。
左の作品が描き始めですが、その前に、その外に描かれた鉛筆線が見えますか。轆轤線で描いたものと、縦に16分割した線が見えるでしょう。これが一つのポイント。
描き始めは、中央から、16分割に更に2本の線を入れて3等分。これで、48等分になりまね。


48等分になるとかなり細かくなりますので、12等分からスタートしても良いでしょう。それであれば、36等分。

最初の線は、直線、そして2段目は直線を閉じる感じで、三角形に。次は3段目。徐々に間隔が広がって行きます。この作品のように頂点から、直線で三角形の辺を描いて行ってもいいですが、間隔が広くなった5段目位からは少し丸味を付けても良いでしょう。

面相筆と言えども、連続で丸い線を描くのは非常に難しい技術です。特に筆の毛先が鋭角に曲がるものは特に熟練しないと難しい。

ですから、直線を繋ぐ形で描いて行きます。

網目の練習

上手くなるための秘訣。それは、沢山描いてみる事。描く度に何か新たな気付きがあります。兎に角描いてみる事。下の作品は、私の練習作品です。墨汁で紙の上で練習することも大事ですが、やはり、素焼きに描きたい。

少し、フラットなものが良いです。いきなり茶碗や湯呑は難しい。これは、蓋物の予備の蓋があったので、網の染付をやって見ました。

一番左が48分割。中央が36分割だったと思います。網目の線の太さや網目の大きさにバラツキがあります。 まだまだですね。(^^)

でも、そんなに簡単に上手くなったら面白くない。言い訳か。。この練習は、ごまかしも兼ねて、だみや、口縁部に他の文様を入れて絵付けの練習をしてます。中央のものは薄だみの練習。我ながら、濃さが均一で、筆跡がほとんど残ってません。

均一な染付のヒント 是非これだけは押さえておきたい。

昨日も、絵付師さんに指導を受けていたんですが、良い絵付けは、骨書きをしっかりすることがもっと大事だと言ってました。

骨書きが一定していれば、絵がしまってくる。だそうです。それに、少し、私の知識を加えれば、染付(骨書き)の成功の秘訣は以下の通りです。

  • いい呉須を使う。 ペースト状のものを使いましょう。私の窯元では呉須をボールミルにいれて一ヵ月連続で擦ってます。それほど、細かな質のいいものが必要です。
  • 骨書き用呉須 必ず、素焼き片で試し描きをします。下地が見えない事。下地が見えると白っぽくなります。そして、たっぷりと茶碗等に入れます。 高価なものですから、少し作りがちですが、これでは、筆に十分な呉須を含ませられないし、水分が蒸発して、濃く成ったり乾いてしまいます。
  • 筆のしごき方 たっぷりの呉須を筆でしっかりと下から攪拌します。そして、茶碗の縁で、しごいて余分な呉須を落とします。ここで大事な事。 しごきの回数ややり方を一定にします。そして、描く量も一定に。 例えば、網目であれば、線を10本描いたら、呉須を筆に付けるとか。 そうしないと、濃さに斑が出ます。
  • 筆の動かし方 筆の方向は、人によって好みが違います。上から下、左から右、右から左、左下から右上への斜め線など。自分の描きやすい書き方を見つけましょう。これに応じて作品を持つことです。 長い線を引くときは腕を動かし描きます。短い線であれば、指先でも描けますが、筆圧が変わらないように注意します。

練習作品の本焼き

こんな風に本焼きが上がりました。結構集中して描いたものですが、いい感じです。

この網目の技術がある程度マスターすれば、あなたの染付の技術が驚くような出来になるでしょう。
今回の本焼きでは、青海波のものも入れてますが、青海波の形が悪い事と、ダミの濃さが一定してません。これは、上に書いた注意点が自分自身で守られていないためですね。

即ち、青海波を幾つ描いたら、呉須を筆に付けると言うような事を決めずに描いているのが原因ですね。
青海波の形は円を半分描くようなものが描きやすいし、安定して見えます。

YouTube動画にも染付のヒントが沢山あります。時間があればアクセスしてください。


被せ型 蓋物と蓋の削り 色呉須絵付け 本焼き紹介


蓋物は作って楽しい作品。でも、難度的には少し難しいかも? 特に胴と蓋の部分の勘合が上手く行かないという事がないでしょうか。

被せて見たら、隙間が空いたり、水平に削れていなくてガタガタだったり、摘みが持ちにくかったりなど。

この記事では、蓋物の蓋の削り方の要点を紹介します。

蓋物作品 ギャラリー

今回は、こちらの作品です。蓋は上から被せるタイプにしてます。作品としては、一寸したキャンディーや菓子類を入れたりするタイプです。 そして、沢山の同じものを使うという事を想定して、少し、横方向には余裕を作ります。でも、数ミリずれたとしても、胴とのギャップが見えたらアウトです。

削りの道具 湿台

削りは、半乾燥でやります。通常の陶芸教室の輪カンナでの削りの硬さでは柔らか過ぎます。抑えても変形しない硬さが必要です。掻きベラでは削れない硬さです。ですから、鉄かんなや超硬カンナを使います。

  1. 削りは写真のような湿台を使いす。後は鉄カンナか、超硬カンナ
  2. 湿台は、蓋の下側の”気”の内側の直径にピッタリ合うものが理想です。少し、小さくても構いませんが、削りの作業中にずれる事があり、少し面倒です。
  3. 湿台は生で、作った後乾燥させただけです。素焼きですと、湿台そのものを削れないし、作品を傷める可能性もあります。
  4. 洗面器に水を半分程入れ、少し柔らかくして轆轤を回転させて、湿台を両手で持って、どべを出します。そして、ガーゼを敷いて、湿台を載せ、中心を出して固定します。
  5.  ガーゼなしでは湿台が取れなくなります。

気と縁の削り方

  • 湿台の上に載せ中心を出します。そして気を削ります。端から、1cm位の部分で、水挽の時に少し高めに作ってあります。余り高いと不格好ですから、好みの高さに。
  • 次は、気の外側を一皮削る感じで、仕上げます。その時、胴体との勘合具合を見ておきましょう。少し、左右に数ミリ動く位が適当です。
  • 次はつばを平坦に削ります。内側は削りません。この部分は、水挽のへらで形状も深さも出来上がっているはずです。
  • 削る時は、蓋の中心を指で押さえて固定することをお忘れなく

 

上部の削りと摘みの削り出し

  • 次は上部の削り。摘みの部分を残して削ります。この時、内部の形状をしっかり意識して削ります。縁の部分が削りの目安となりますので、しっかりと削り落とします。
  • 下の削りと比べて、作品が湿台にしっかり固定されてますので、比較的簡単ですが、摘みの部分を押さえて、ぶれないように固定しておきます。
  • 時々湿台から外して、厚みと重さを確認
  • 摘まみの削りで、カンナが引っ掛かると折れたり、穴が空いたりします。慎重に作業します。

最終の仕上げ

摘まみの削り出しが終わったら、胴に被せて勘合と重さの確認をします。最終は、ふわりとした感じが良いと思います。 少しでも重たいと感じたら、蓋の厚みを触感で確認して、均一に薄く削ります。 削りは基本は上部、重たいから削り過ぎて形が変わるのは避けたい。 最後の手段が内側の削りです。今度は内側の肉厚部分を、内側から削ります。 摘みの下は適当な厚みを残した方が穴を開ける心配がありません。
最終の判断は持って見て、軽いと感じたら、それ以上は削りません。
これで完了。 イッチン描きで、桜や紅葉の絵付けをしたり、飛びカンナの文様を付けたいのであれば、この削りの後でやります。

他の蓋物作品 桜の絵付け、色呉須での絵付け イッチン描き

こんな作品が出来ます。
是非、チャレンジしてください。


陶芸で作るネックレス|ちょっとお洒落なアクセサリーを石膏型で手作りします。 心のこもったプレゼントに!


石膏型でつくるネックレス

陶芸粘土でネックレスを作って見ました。

粘土で作ると重たくなり過ぎますので、中が空洞の粘土玉を作ります。 厚みは数ミリ。 この厚みの薄い粘土玉をつくるために、石膏で、玩具のビー玉を型取ってます。粘土をたたら板で延ばして作り、必要な大きさに切って形におし込んで作ります。 大きさは大中小の3種。

大きなものは、更に軽量にするために、ポンスやドリルの刃先で穴を開けて所謂”蜂の巣”の様にしました。こうすることで、軽量化と少し違った雰囲気の作品に仕上がります。

そして、その焼き上がりが、今回の作品で、ネックレスの作成は、陶芸仲間のYokkoさんにお願いしました。このようなアクセサリーを作るのは得意だそうです。

作品例

こちらのネックレスは、釉薬が左から、青磁、黒天目、乳白で仕上がってます。

全体に釉薬は流れを考慮して、薄く掛けてます。 その分少し発色が弱いですね。焼成用の針金に融着させないためです。

少し、見難いですが、中央の黒手目の玉には多数の穴が開いてます。

石膏型での、空洞珠の作り方

百円ショップのゴムボールこれを石膏で型取ります。

ビー玉でも良いですが、大きさが80%位に縮む事を想定して、大きさを選びます

 

こちらが石膏型。両方の型に、2mm位のたたら粘土を詰めて合わせてて空洞の丸にします。そして、型から外して、合わせ目の余分な土を切り取り、成型します。

少し乾燥して半乾きになったら、紐穴あけをします。この時ドリルを使った方が、粘土が外に出されます。 ポンスは中に入り易いのでドリルの方が簡単。

詳細はYouTubeに動画をご覧ください。YouTubeはこちらへ⇒石膏型でつくるネックレス。

本焼きのやり方

珠全体に釉薬が掛かってますので、普通のように、棚板においては焼成できません。 陶芸用焼成の特殊針金を使います。通常の針金は高温で溶けます。

本焼きの1300℃に耐える必要がありますので、タングステンやモリブデンなどの高温に耐える材料が必要です。

ヒーターなどのニクロム線で良いようですが、真っ直ぐ延ばすのが難しいですから、購入しましょう。
陶芸ショップで取り扱ってます。 私は”陶芸ショップ.COM”で購入しました。 送料込みで500円位です。

高温に耐えると言っても、焼成用のツク3本で支えるようにして焼成します。でないと高温で針金が曲がります。

釉薬はずぶ掛けをします。そうすると、中に釉薬が入りますので、針金を通すところの穴の釉薬が歯間ブラシを使って完全に取ります。そして最悪、釉薬が流れる事を考慮して、アルミナを針金に塗っておくことをお勧めします。

まとめ

粘土玉の作り方はあまり説明してません。 施工型の作り方から、型での玉造りまでYouTubeに動画を載せてますので、是非、アクセスして見て下さい。⇒石膏型でつくるネックレス。

石膏型のつくり方も覚える絶好の機会かも知れません。 あなたの陶芸の領域が又広がります。


人気のある陶芸技術記事 上位のTOP10 これらの技術をマスターすれば、陶芸の技術力が格段に向上すること間違いなし


アクセス数の多いブログ記事 TOP10 陶芸の技術力向上にやって見たい技法です。

大黒様を作ろう

七福神の一柱である大黒天を作って見ました。 七福神の中でも、恵比寿さんと並んで、もっとも人気がある神様です。

大黒天は豊作の神様、そして、恵比寿さんは大漁の神様。彫塑を言うやり方で、全ての個々の部品を空洞で作り、組み立て仕上げます。 続きはこちらで⇒ブログ記事

たたらでつくる14面体花器の制作

1たたら作りの14面体花器の製作ブログ記事を改訂しました。

記事を読んで是非チャレンジしてください。

ブログ記事はは⇒こちらをクリックしてください

紐作りで絶対失敗しないコツ

紐作りは陶芸の基本中の基本。長年陶芸をやっている人でも苦労をしている方は多いですね。芯が出ない。 ブヨブヨになるなど。 高台の円切りが出来ないなど。

でも、基本的なコツを覚えれば綺麗な作品が出来ます。 もう一度、基本を見直しましょう。詳細はこちらをクリックしてください。

花瓶の二体型成型法(瓢型)

2体型は二つろくろ法として古くから大きな壺などを作る時利用された技法で、上下を別々に作り貼り合わせて成型をする技法です。

この2体型であれば、電動でも手回しでもある程度簡単に背の高い作品や、口縁の大きな異形の作品が出来ます。詳細はこちらをクリックしてください

スリップウェアー

本焼き 矢羽文様

スリップウェアーは、イギリスで17世紀から、19世紀に多く焼かれた伝統的な焼きものです。 この技法はもともとは大聖堂や、修道院のタイルを作り技法だったらしいですが、16世紀の宗教改革でこの技術が日常雑器に使われるようになったんだとか。 スリップは化粧土の事で、化粧土を使った多種の技術があります。 こちらのブログ記事は化粧土を使った技法を説明しております。
詳細はこちらをクリックしてください。

抹茶茶碗を作ろう

抹茶茶碗

日本伝統の代表とも言えるお茶。 そして、陶芸を始めた人は、必ず作って見たい作品です。
手回しろくろでの作り方を詳細に説明しております。YouTubeでも動画を掲載しておりますので、アクセスしてください。 ブログにリンクが貼られてます。

詳細はこちらのブログへ。 アクセスはこちらへ

急須を作ろう

陶芸の中でも、もっとも難しい作品の一つです。 それは、多くの部品から急須が出来ており、個々の部品の作陶に微妙なコツがあります。

組み立ても、守るべきルールがありますので、こちらもおろそかにすると、使えない急須になります。

こちらのブルグへアクセスして挑戦して見て下さい。 アクセスはこちらへ

たたら皿高台の付け方

陶芸の定番のお皿。紐作りでの作陶も出来ますが、石膏型やプラスチック容器などの型成型も便利な技法です。 高台なしで問題はありませんが、裏面も施釉をしようとすると、後から高台を紐にして付けます。 これをつけ高台と言います。 簡単なようで、以外に難しい。 基本的な技術を押さえて、技術のアップを詳細はこちらのブログへ

下絵付けの技法

染付小皿

陶芸をやり始めると、絵付けをやって見たいと皆さん思いますね。 青い色で描いた絵付けは呉須と言う下絵具で書かれたもので、素焼きをして、そして呉須で絵付けをします。 これが難しくてギブアップされた方も多いと思います。 残念ながら、絵付けを知って教えてくれる先生も少なく、それだけ難しい技術です。 絵が苦手な方もやり方を覚えれば、描けるようになります。

絵付けの基本の詳細はこちらへ

飛びカンナ技法

だれでもやって見たい飛びカンナの技法。 飛びかんなと言う弾力性のあるカンナを高速で回転する轆轤で当て、この文様を出します。 従って、花瓶、お皿等の丸い作品への装飾に使います。 プロの職人さんは、カンナを壁掛け時計のばねや、材木も留めている鉄帯などを使って自作するそうです。 私は、弾力性のある鉄のへらや、金鋸の古い刃を加工して作ります。(ガステーブルで真っ赤になるまで熱して、ペンチを2個使い、曲げます。 危険ですので十分な防護が必要です。) 飛びカンナは、陶芸ショップで、1000円以下で売ってます。 ブログやYouTubeに参考になる動画をアップしてますので、参考にしてください。

ブログは、こちらからアクセスしてください

干支犬を作ろう

YouTube動画の中でも、アクセス数急増の動画です。2017年末にアップされてから数か月で、7700回のアクセスを突破しました。 干支の犬と言うこともあり、作った人が多かったのでしょう。 技術的には、内側が全て空洞ですので、少し難しいですが、これが作れれば、他への展開が簡単です。
こちらは、YouTubeへアクセスしてください。良ければチャンネル登録もお願いします。 新たな動画がアップされたら、自動的に通知されます。

YouTubeはこちらへ

二重竹籠つくり

是非あなたに挑戦してほしい作品です。 部屋に飾った活花が一層引き立ち、生活に潤いと豊かさを提供してくれる作品です。 外籠だけをつくり手持ちの花瓶などと合わせるだけです。

作り方はこちらのブログ記事で、そしてYouTubeで完璧

ブログはこちらからアクセスしてください。⇒2重竹かご花入の制作