陶芸の技法 モカウェアー (Mocha ware) 白化粧土 応用技術


モカウェアーと言う陶芸の技術をご存じですか。 下の作品は陶芸仲間のYokkoさんが作ったブローチです。 モカの技術を使ってます。 と言ってもモカの液を筆で塗るだけなんですが、液を塗ると広がってしたのような文様を作りだします。

画像こちらの作品は、同じ技法を使った一輪挿しなんですが、モカの効果が少し薄いようです。 でも、モカを優先するのか、あくまでも一輪挿しを主役に置くかで、その評価も分かれるところではないでしょうか。

 

Mocha Wareの技法をYouTubeにまとめておりますので、見て下さい。

モカウェアーとは

18世紀後半頃に始まった陶芸の技法です。 Mochaの語源は、その当時アラビア諸国から輸入されていたMocha Stoneと言う石の文様に、この技法の文様が似ていたからだそうです。 Mochaって聞いたことありますよね。 そうです。 コーヒーでよく聞くモカなんです。 イエメンのモカ港から、石もコーヒーもイギリスなどに輸入されてました。

Moss Agateと言う石なんですが、日本語ではめのうと言う水晶なんです。

楽天市場で販売されている、1200円位のめのうのスライスです。そういえば、文様が似ていますね。興味がある方は、いろいろな色のメノウの石が販売されてますので、ネットで調べて見て下さい。
Mocha Wareは、だれがこの技術を開発したのかは不詳だそうですが、モカウェアーは、イギリス、フランス、アメリカで18世紀ころから普及したようです。その理由は最も安価に装飾された陶器であったからです。職人さんが、一品一品手書きをするよりも、スリップウェアー(白化粧土を施したウェアー)にモカ液を垂らしだけですから、コストは安いですよね。

Mocha Wareの文様とそのメカニズム

英語で言えば、dendriticですが、この聞きなれない単語は、樹枝と言う意味で、木の枝の事です。文様が落葉樹の葉っぱが落ちた時のような形状になることから、そのように呼ばれているのでしょう。

何故、樹枝の文様になる
それは、やはり科学反応です。 ニコチンに反応するのかと思っていたのですが、少し違っていて、アルカリ性のスリップ(化粧土 海外では Slip Wareと言います)に酸性の色を塗ることで、その反応が起きるとのことです。
となると。。。これは、私の推測ですが、白化粧土がアルカリで、Mocha Teaが酸性と言うことなんですかね。?

モカ液の作り方:

モカ液の作り方は、いろいろあるようです。
➀ タバコの葉の煮汁
1~2本ほどの紙巻タバコから、たばこの葉を取り出し、この葉を50~100ccほどの少量の熱湯に浸すか、水を入れて沸騰させます。 後は、煮汁を冷まして、フィルターに通して液のみを取り出します。
注意:タバコの煮汁は危険で、有害です。 誤飲したり、子供の手の届かないところに保管するか、使用後すぐに廃棄しましょう。
➁ お茶液
お茶を煮て濃くします。 冷却後、フィルターを通します。
➂ タンパン
黄瀬戸と使うタンパンが手元にあれば、タンパンでもできます。

モカウェアーの作り方

➀作品を作ります。 例えば、ブローチなど
➁モカ液を作ります。 ➀か➁であれば、濃く溶いた呉須の液に、モカ液を入れて、良く擦ります。➂のタンパンであれば、濃いタンパンの液を準備します。タンパンは陶芸用に、合成されたものがネットで販売されてます。 タンパン自体が焼成で発色しますので、呉須はいりません。
➂粘土が乾き始める前にに、白の化粧土に浸し掛けをします。白化粧土につけるか、柄杓で掛けてやります。 筆では塗りません。
➃ ➁で作ったモカ液を、直ぐに、筆先で塗ります。 そうするとモカ液が自然に広がって行きます。 ポイントはすぐにモカ液を塗ることです。

上の一輪挿しなどのように、削りまで一晩おいた作品は、化粧土の水分が粘土に吸われてしまいますので、しばらくすると、dendritic(樹枝)の現象が出なくなります。


手ろくろで作る ”抹茶茶碗”


抹茶茶碗の作品が5点出来上がってきました。 2点は手ろくろ、後の3点が電動轆轤で作ったものです。

いずれの作品も、まずまずの出来かなと思います。 天目と飴釉の作品が手ろくろ、残りが電動ろくろです。

どちらかと言えば、手ろくろで作った作品の方が、ちょっと大振りでいい感じです。

抹茶茶碗本焼き2月27日追記

抹茶茶碗の作陶は、ビギナーのコースで必ず出てくるテーマです。 だからと言って易しいかと言うと、作ってみると以外に難しい作品です。 抹茶茶碗は、お茶会で使われるため、その作法に則ったルール見たいなものがあったり、又、手に持つ器ですので、もった感触が良くないと使えません。

抹茶茶碗の決まりごと

茶溜まりを付けたり、その周りは茶筅でお茶を摺るところで、茶筅摺りを付けたり。 そして、茶巾で口縁の内側は、茶巾で拭きますので、茶巾摺りをつけたりします。

山道と言って、口縁を弓などで切ってうねりをつけ(口辺のうねり)、その山道がつなぐ、岳があります。

抹茶茶碗抹茶茶わんの決まり事やキーポイント(私見を含む)

  • 重さ: 400g以下出来れば 350g 見た目は重たく、持つと軽い感じ.。
  • 掌(たなごころ) 両手で持って、おさまりが良いように。形状を歪めたり、削りをする。 出来れば、スケールで重さを確認しながら削る。
  • 正面を決める。 正面=姿や文様が最も映える位置
  • 呑み口=正面を時計の6時の位置とすると、3時の位置。 作者のサインは、飲み口の下付近の高台脇に書きます
  • 飲み口の形状は呑みやすいように端そり(はぞりとも言う)にして、外に僅かに倒します。
  • 山道を作り、少し、薄くとがらせ、呑みやすくする。 なめし皮を口辺を締める時、横方向に小さく揺らしながらならす。 これを口辺の揺らぎと言うそうです。
  • 岳と山道 五つの岳とそれをつなぐ山道を付ける。
  • 茶だまり、茶筅摺り、茶布擦りを作る。
  • 高台: 余り、形の大きなものは避ける。一重、輪、切り、割り、三日月、碁筍底などの中から、作品にあったものを選ぶ。 高台の直径は口縁の半分くらいの少し小さ目の方が、抹茶茶碗らしいですね。
  • 釉薬は、高台内や、サインが入ったところには掛けない。 どんな土が使われているのか、作者が分かるようにする事。 作品を愛でる茶道の決まり事のようです

抹茶茶碗の高台の種類

  • 一重高台、輪高台
  • 三日月高台、片薄高台
  • 切り高台、割り高台(一箇所をきる)
  • 四法高台(よほう)
  • 割り高台
  • 碁笥底(ごけぞこ)

抹茶茶碗の口作りの形

  • 端反り(はたぞり、又は、はぞり)
  • 姥口、抱え込み=内側にそる
  • 蛤口=端が細くなる
  • 玉縁=口が丸く少し、大きくなる
  • 樋口(とゆ口)縁の外が内より少し高くなり、エッジがシャープに
  • 直口(すぐくち)樋口を少し丸めたもの

プロの陶芸家の作品も沢山ありますね。 それだけ、抹茶茶碗作りは奥が深いと言う事でしょう。

手に持ったその感触は、掌(たなごころ)と言うそうですが、手にもった感覚を茶人は大事にしてきたそうです。 大事なのは形だけではなく、バランスが大事で。 見た目はどっしりしていても、持つと軽いと感じるもの。 そして、バランスが取れているもの。。。

茶碗ですから、どうしても、高台や高台周りの底、腰などに土の量が多くなりますので、持った時、下が極端に重たくなります。ですから、そこの部分を徹底的に薄くしてやる必要があります。

一つの目安として、トータルの重さを出来るだけ少なくすること。 800グラムの土で作るとして、乾燥したら、300グラム以下になるように、特に土が残りそうな部分を徹底的に削ってやる必要があります。

削り終えた時の重さより、乾燥すると、10~20%ほど軽くなります。これは粘土中の水分が乾燥で蒸発するためです。

Youtube動画

楽寿荘の陶芸教室の平成陶芸教室で、抹茶茶碗の面白い作り方をプロの陶芸家の方が教えてました。 その作り方がちょっと変っていて、自分もやって見ようと思って作った作品です。

筒上げをするところまでは同じなんですが、少し、乾かして、変形し難いくらいの乾きになったら、底を押し出します。 碁笥底を作る反対と思っていただいたら、イメージしやすいでしょう。 筒を逆さにひっくり返すと上にぽっこりと丸く底が突き出る形になります。

内側には、茶筅擦りと茶溜まりが出来ています。 これで、高台を作ります。 高台は荒々しく、真ん中がずれていても、掻きベラでざくざくと削って行きます。 高台は10mmで作ってますから、思い切って削れます。

削り跡など残ってもお構いなし。

そして、重さの調整の為の削り作業は、内部を、これも大きな丸の掻きベラで削って行きます。 この方法だと、外観の形状は変りません。 でも、その反面、せっかく、綺麗に仕上げた内側に削り跡が残るのは個人的には好きではありません。 でも、削りで形状が壊れるのも困ったものですが。。。

本来であれば、作陶で薄く、自分の形状をつくるべきかと思います。 でも、抹茶茶碗を作って誰しも経験するのが、重たい作品になることです。 どうしても肉厚になりますので、初心者的にはこれもありかと思います。

仕上げで茶筅摺りや、茶巾摺り、そして口当たりの口縁の仕上げを綺麗にしておけばいいのでしょう。

この作品は800グラム程度の土で、今の段階では360グラムになりました。


電動轆轤でつくる抹茶茶碗


今日は、今日は変なお天気ですね。 太陽の光が差したかと思えば、雨が降って来たりして。。

ゴルフの練習に行こうかどうか迷っている内に、もう午後の4時になってしまいました。 今日は朝から抹茶茶碗の削りとその後はYoutube動画の編集で、結構神経を使って、くたびれモードです。

開運 なんでも鑑定団

話は変りますが、 テレビ東京の看板番組『開運!なんでも鑑定団』に思わぬ大騒動が持ち上がったようですね。昨年12月20日の放送で、世界に3点しかないとされる中国の陶器「曜変天目茶碗」の“4点目”が見つかったとされたが、専門家から、どう見ても中国の商店街で売っているまがい物にしか見えなかったと異議を唱えられているとのことです。
油滴天目茶碗

 

藤田美術館 曜変油滴天目茶碗・・・・・・こんなもの作れたらいいな。。油滴のブルーが綺麗。。

 

鑑定品は色合いから見て、18世紀以降に作られたものだと言っているそうです。

日本だけでなく、本場・中国からも異論が出ている。 中国国家から日本でいう人間国宝(無形文化遺産伝承人)に認定された研究者から、“これは偽物だ。建陽市の骨董街で数百元(数千円)で売っている”

番組では、茶碗に2500万円の値がつけられ「国宝になっていたかもしれない大名品です!」と宣言されたそうです。

私も、この番組の大ファンなんですが、いくら専門家でも、鑑定ミスはあるのではないかと思いますね。 いくらその道に専門家でも、全ての情報を知っている訳はありませんから、多くのスタッフがありとあらゆる情報を調査してから、鑑定結果を発表しているのでしょうけど、100%その鑑定結果が正しいかは疑問です。 ですから、よく偽物と鑑定されたものでも、本物もあるのではないでしょうか?

そもそも、油滴天目って何なんだろう。 大西政太郎氏の著書”陶芸の伝統技法”によれば。。。。
油滴釉、禾目(のぎめ)釉、曜変釉も、いずれも、鉄釉の結晶釉で、窯変釉と言われているそうです。 油滴釉は黒い天目釉の表面に、銀又は、茶褐色の丸い結晶が析出したもので、これは釉薬の中から鉄分が遊離して、表面に油のように浮かんだもの。

曜変は、その結晶が少しぼやけたものので、油滴と同じ条件。

禾目釉は、黒天目に藁すじのような、茶褐色の洗浄門が一面に流れたもの
と書かれてます。

陶芸ショップに行けば、油滴釉と言うのを売ってますね。。人工的に配合したのもで、電気炉でも、曜変見たいになるものではないかと思います。 今回のものをあわせて抹茶茶碗を5点作りましたので、使ってみようかなと思いますが、その価値はあるかな。。2500円くらいで買ってもらえれば、元は取れるかもね。。

電動ろくろで、3点の抹茶茶碗を作りました。 前回の手轆轤の作品は内側の削りをしましたので、なんとなく好きになれません。

今、図書館から借りてきた『NHK衛星放送 やきもの探訪展98』と言う本を見てますが、この中に沢山のプロの作った抹茶茶碗が沢山で出来ますが、殆どの作品が、形はガタガタ、釉薬や垂れまくったり、縮れたりで、ほんまに、こんなものが、高額で売られているのでしょうか。。 昔の茶人が、茶器にわびさびを感じて愛でたというだけで、高額の価格が付くこと、不思議ですね。 個性的なら、私の作品も個性に溢れているのですが。。。でも百均の商品に近いかな?

Youtube動画 ”電動轆轤でつくる抹茶茶碗

時間がありましたら、Youtube見て下さい。 少し、長めの動画で申し訳ありません。 今の所は、良い作品だと思ってますが、いつも釉掛けで失敗しますので、今回は十分事前検討をしたいと思います。。。。


素焼丸皿 染付け練習 20点 Youtube動画 スライドショー


先週30点の素焼が上がって来ました。 2日ほどで、20点の平皿に絵付けをしました。

PIC_0370こんな作品も描いてみました。 相当に細かな中国古来の龍の作品(萬暦龍)で、描けるかどうか不安でしたが、結構最後の頃に描きましたので、細かな線も描けるようになって来ました。

PIC_0356この瓢箪の様なものでも、白抜きの部分や、反射光などを入れると、結構立体的に描けます。 一つのやり方ですが、デッサンなどで使う練り消しゴムを使うと白抜きや、滲み、濃淡の修正が出来ます。

 

 

Youtube動画をアップしました。 スライドショーで、20点の絵付けが見れます。 是非、見て絵付けの参考にして下さい。 アスペクトが違っていて、少々縦長になってますが、作品は全てまん丸か、4角です。。悪しからず。。


絵付け用 素焼、 たたらで作る、レース文様丸皿 Youtube動画


今日は天気予報が的中して、朝起きたら、周りは真っ白の雪化粧でした。明日はの朝は道の凍結などで交通事故にあわないように十分注意して下さい。
CIMG3754

絵付け用、素焼

陶芸教室に溜まっていた素焼の作品がこんなに上がりました。 小皿が20個、湯のみが 11個も。。。何と31個もあります。 早速、本日から絵付けをはじめ、お皿が8個絵付けが出来ました。 これだけやれば、絵付けの技術は確実にアップするでしょう。 今日の発見は、だみの濃さです。 今日は3段階の濃さを準備しました。
相当に薄くしても、だみは出来ます。 相当と言っても分からないと思いますが、水に、だみ用の呉須を、更に3倍くらい薄めた感じです。 これで、遠近など用にグラデーションが着きます。

CIMG3752

Youtube動画

外は時々雪模様で、部屋に閉じこもって、昨日の楽寿荘の陶芸教室での作陶風景を動画にして、アップしましたので見て下さい。
作品は迷った挙句、たたらでレース文様の大皿を作ることにしました。 以前にも数本のレース文様のお皿作りをアップしてますので、 必要もないかと思いましたが、赤粘土とレースマットを変えての作陶です。 この赤粘土に白の化粧土での作品で、面白い作品になると思います。