端午の節句用 兜を作ろう!|たたらで作る兜、簡単な作法で2時間程度の短時間で初心者でも超簡単|本焼き完了(追記)


日本の五節句

皆さんはご存じの事と思いますが、日本には、季節目の替わり目を表す五つの節があります。 内三つは私も知っているのですが、1の人日と5番目の重陽は知りませんでした。

人日(じんじつ)(正月7日)=7草の節句

上巳(じょうし)(3月3日)=桃の節句

端午(たんご)(5月5日)=菖蒲の節句

七夕(しちせき)(7月7日)=笹の節句

重陽(ちょうよう)(9月9日)=菊の節句

節句は季節の節目に、無病息災、豊作、子孫繁栄などを願い、お供え物をしたり、邪気を祓う行事で「節供(せっく)」ともいいます。節供、季節の変り目に神に供えた食物のことです。

中国から伝わりました。 中国の暦法と日本の風土や農耕を行う生活の風習が合わさり、宮中行事となったものが「節句」の始まりとされています。

馴染みの少ない重陽の節句は、宮中や寺院などでは、菊を鑑賞する行事があるそうです。

端午の節句

端午の節句、菖蒲の節句とも呼ばれる。 日本では端午の節句に男子の健やかな成長を祈願し各種の行事を行う風習があり、現在ではグレゴリオ暦(新暦)の5月5日に行われます。

国民の祝日の「こどもの日」になっていますが、 端午(たんご)の節句は 男の子の成長を願う節句。 本来、端午(たんご)とは月の始めの午(うま)の日を言うそうですが、現在は新暦5月5日を端午というように変わりました。

古代中国では、この日を薬採りの日としていて、薬草を摘んで野遊びをしました。 菖蒲は、煎じて飲んだりして昔から薬草として使われていたそうです。 男の子の節句とされるまでは、厄病を祓う節句で「菖蒲の節句」とも呼ばれています。

菖蒲⇒勝負=武士=男の子の節句になったと言う書き込みもあります。

日本兜のたたらつくり

今月の楽寿荘陶芸教室のテーマは、たたらつくりの兜でした。 お雛様作りもひと段落して、次は端午の節句の兜つくりです。
私は、以前に紐つくりで兜を作った事があります。 紐作りで、高台のない、少し丸味を帯びたどんぶりみたいなものを作っていくか、紐を巻いて行って、最後には上を閉じてやって風船の高台のないどんぶりを伏せた形を作って行きますが、この作法は結構難しい。
それに比べ、今回はたたら作りですから、技術的に遥かにに易しく、しかも、軽量に出来るメリットがあります。

動画で見る兜の作り方ーーYouTube | たたらで作る超簡単作品

1kg位の粘土を5mmのたたらに伸ばしたら、後は部品を切り抜き、どべで成型。 実質、500グラム程度で一個は作れます。
丸いベースボール大のゴムボール見たいなものがあればこれを台にします。

道具:たたら板、麺棒、どべ、針、印花(なくても良い)、竹串、手回し轆轤(作業台にします)

日本兜本焼き


作陶から始まって、丁度一か月ほどで本焼きが完了しました。 下絵付け、絵具で装飾をして、3号石灰透明釉を掛けて仕上げです。
下絵具は、古代は青い呉須や、弁柄と言って赤い絵の具しかなかったのですが、現代の陶芸では、科学的に配合された絵具が開発され、発色もよくなって来ました。

今回使ったものは液体の絵具で、この写真のような発色になります。
一寸ド派手な配色になり、武将の兜よりも、女性が被るような作品に仕上がりました。

こちらの作品も細かな部分では、少し異なりますが、大枠では同じ仕様の作品となります。

今年の子供の日は華やかな祝日になりそうです。


お雛様を作ろう 最終作品| 陶芸の定番”お雛様つくり”Only Oneの作品を作ってひな祭り


今年のひな祭りように作って来た作品の本焼きが出来て完了です。 たたらつくりで、3セットの形の違った作品を作って見ました。

着色で失敗をしたところもありますが、手作り感一杯の作品です。 破調の美から、少し破調が行き過ぎた。でも粘土遊びとしては面白い。

お雛様本焼き。いい加減な手抜きは取り返しがつかない。下絵付け(着色)の失敗?

待ちに待ったお雛様の本焼きが出来ました。 お雛祭りに間に合った。

何となく、気に入らない。 お雛様には申し訳ないけど。

 

こちらの立ち雛が、3作の中でベスト。 形が良いですね。
でも、適当に塗った下絵具が悪かった。 塗り方は悪いし、お内裏様の服の着色もう一つ。染付のように気を使って、配色すべきだった。

その日、陶芸教室に下絵具を持っていかなかったので、クラスメートさんのものを借りて塗ったんですが、余り使うと申し訳ないので、梅皿に残った絵具を使わさせてもらったんですけど。 これが、まずい結果になってしまった。 言い訳ですけど。 この辺りが、小心もののなせる業です。 自分で嫌になっちゃう。

 

この作品、もう少し、形状にこだわるべきかも知れません。
服の部分の丸みをもう少し考えることと、服はもう少し横幅を狭くした方が、バランスが取れそう。

 

着色は、アクリルを使ってタッチアップすることを検討したいと思います。 お雛様に似つかわしいもう少し華やかな直色が良いと思います。

 

漆を塗って金彩も面白いかも?

モンゴル風座りびなの新作です。 形も、着色も変えて見ました。 着色次第でここまで作品の雰囲気が変わります。 顔(頭部)は半磁土で作ってますので、より、白く仕上がりました。 顔は現代風に細面ての方がいいかなと思います。

素焼きと下絵付け

こんなお雛様が3対。それぞれの粘土の色の違いがクリアに出てます。

一部の部分に着色してから、3号石灰透明で仕上げたら、それなりにいい作品になりそうです。でもそれでは、少し面白くない。

作陶時はもう一つかなと思っていたんすが、悪くはないですね。

曲げる時のストレスで、軽くひびが入った部分がありますが、多分大丈夫でしょう。針で空けた目も可愛く仕上がりました。

お雛様ですので、少し華やかに。 液体の下絵付け用絵具で着色をして見ました。

モンゴル風の座り雛はこんな感じに。ますますもって、異情緒あふれる雰囲気になって来ました。

 

こちらは立ち雛。 作陶の時から気に入っていた作品です。

少しスリムですが華やかなお雛様になりました。

後は、下絵具の発色しだいですね、

こちらは違ったタイプの座り雛。 胴体の部分の空洞が気になります。

少しへこませて三角形にした方がいいかも。 これはこれなりに良いですけど。

3号石灰透明釉で仕上げてみたいと思います。

作陶のやり方

作陶のやり方、図面はこちらにブログ記事に記載してますので、参考にしてください。
図面は、参考にする程度にして、私の作品を見て好みに応じて、部品の大きさを変えて下さい。記事から、YouTubeへのリンスが貼ってありますので、合わせて見て頂ければ、よく分かると思います。

お雛様を作ろうYouTube3作はこちらへ