たたらで作るマルチフェイス 花瓶 本焼き編


今日は久々にYouTubeに動画をアップしました。陶芸の動画は結構人気があって、すでに1650人以上のチャンネル登録者があります。 どちらかと言えば海外の方達が多いです。

多分陶芸人口が少ないのでしょうね。そして、海外への情報の発信は余りないのかな。。。YouTubeに沢山の陶芸を中心とした動画をアップして来たんですが、動画で紹介した作品の本焼きを紹介する場(方法)がありません。

そこで、YouTubeのフォーラムに問い合わせをしたら、回答が来た。 結論は公開されているビデオの改変は出来ないという事でした。 やっぱり、そして、それであれば、Part II見たいにして、作品を載せ、オリジナルの動画へのリンクをはったらどうですか?という回答でした。

なるほど、今まで、ギャラリーとして動画をアップしても全く反応がなかったのでその方法は余り効果ないかと思ってました。

しかし、Part IIとか、続編〇〇〇〇であれば、読者の興味は引くのではないかと思います。 そのテストが今回の”たたら作り 山小屋 Part II 本焼き編”です。 もう少し、解説を入れたらいいでしょうね。 皆さんのご意見をお願いします。 2分ほどの作なんですが、もう少しかなと思います。 アイデアあれば、教えて下さい。

ところで、オリジナルの動画にも、Part IIの案内があります。 これで、本焼きに興味がある人は、直接こちらの動画にアクセスできるようになります。

染付14面マルチ花瓶 本焼き

 

この作品ばかりは苦労しますね。 これで何作目だろう。最近でも、これで、5作目くらいかな。お陰で、作陶の方は間違いなく上手くなってます。

いろいろな小紋を書いてきたけど、その書き方が難しい。全面に呉須で描いて行くわけですから、夫々の小紋の描き方も難しいし、そして、基本的な骨書きの色の濃さや、直線描きも難しかった。

そして、もう一点の難しさ。 それは焼成。 全面の絵付けですから、どの面も傷をつけたくない。 見つけましたよ。やり方。コロンブスの卵みたいなもんですけど。

それは、首を下にして焼成する方法です。

首の上は釉薬が塗れません。ではどうする。 金の蒔絵の技法です。 焼成が終わったら、漆を塗り金粉を蒔きます。 これが上の写真です。

18面マルチ花瓶 本焼き

これは如何ですか? それにして、よくもこんな作品を考えたもんだと、自分自身で感心してます。

この作品全面、レース文様を付けてます。 やり方は皆さん分かりますよね。 たたらを作った時にレースを被せて、麺棒で圧着して、文様を転写させる。

蓋の三角形もたたらで、落下を防止する意味で、中にボスを付けてますが、取り扱いが難しいために、ふえき糊で軽く接着してます。 多分、この作品は花瓶としてでなく置物でしょうから、この方が良いと思います。 施釉は、青磁で仕上がってます。

真か右の写真のように逆さまには置かないでしょうが、これも可能です。

多面花瓶飾り

いろんな置き方で楽しむのが多面花瓶

一度作って見て下さい。 正四角形と正三角形の組み合わせだけです。 後は一つ一つを面取りして張り合わせて行く忍耐力があれば、だれでもできる作品です。

でももし小紋の染付をしたいのであれば、しっかり練習をしてやって下さい。

最初はレース文様か、黒天目などの一色の施釉で仕上げた方が良いかと思います。

YouTube動画


陶芸で作るネックレス|ちょっとお洒落なアクセサリーを石膏型で手作りします。 心のこもったプレゼントに!


石膏型でつくるネックレス

陶芸粘土でネックレスを作って見ました。

粘土で作ると重たくなり過ぎますので、中が空洞の粘土玉を作ります。 厚みは数ミリ。 この厚みの薄い粘土玉をつくるために、石膏で、玩具のビー玉を型取ってます。粘土をたたら板で延ばして作り、必要な大きさに切って形におし込んで作ります。 大きさは大中小の3種。

大きなものは、更に軽量にするために、ポンスやドリルの刃先で穴を開けて所謂”蜂の巣”の様にしました。こうすることで、軽量化と少し違った雰囲気の作品に仕上がります。

そして、その焼き上がりが、今回の作品で、ネックレスの作成は、陶芸仲間のYokkoさんにお願いしました。このようなアクセサリーを作るのは得意だそうです。

作品例

こちらのネックレスは、釉薬が左から、青磁、黒天目、乳白で仕上がってます。

全体に釉薬は流れを考慮して、薄く掛けてます。 その分少し発色が弱いですね。焼成用の針金に融着させないためです。

少し、見難いですが、中央の黒手目の玉には多数の穴が開いてます。

石膏型での、空洞珠の作り方

百円ショップのゴムボールこれを石膏で型取ります。

ビー玉でも良いですが、大きさが80%位に縮む事を想定して、大きさを選びます

 

こちらが石膏型。両方の型に、2mm位のたたら粘土を詰めて合わせてて空洞の丸にします。そして、型から外して、合わせ目の余分な土を切り取り、成型します。

少し乾燥して半乾きになったら、紐穴あけをします。この時ドリルを使った方が、粘土が外に出されます。 ポンスは中に入り易いのでドリルの方が簡単。

詳細はYouTubeに動画をご覧ください。YouTubeはこちらへ⇒石膏型でつくるネックレス。

本焼きのやり方

珠全体に釉薬が掛かってますので、普通のように、棚板においては焼成できません。 陶芸用焼成の特殊針金を使います。通常の針金は高温で溶けます。

本焼きの1300℃に耐える必要がありますので、タングステンやモリブデンなどの高温に耐える材料が必要です。

ヒーターなどのニクロム線で良いようですが、真っ直ぐ延ばすのが難しいですから、購入しましょう。
陶芸ショップで取り扱ってます。 私は”陶芸ショップ.COM”で購入しました。 送料込みで500円位です。

高温に耐えると言っても、焼成用のツク3本で支えるようにして焼成します。でないと高温で針金が曲がります。

釉薬はずぶ掛けをします。そうすると、中に釉薬が入りますので、針金を通すところの穴の釉薬が歯間ブラシを使って完全に取ります。そして最悪、釉薬が流れる事を考慮して、アルミナを針金に塗っておくことをお勧めします。

まとめ

粘土玉の作り方はあまり説明してません。 施工型の作り方から、型での玉造りまでYouTubeに動画を載せてますので、是非、アクセスして見て下さい。⇒石膏型でつくるネックレス。

石膏型のつくり方も覚える絶好の機会かも知れません。 あなたの陶芸の領域が又広がります。